まだやだ僕は眠らない

主にB'zとグルメ、旅行を題材にして自身の体験談を紹介する雑記ブログ。B'z全曲登場させるまで… I will survive. 終わらない 終わりじゃない Ah——!!!!!

bz_kimitonara
前曲の素晴らしい展開の興奮冷めやらぬ中、ここでまさかリリース未定の新曲「きみとなら」が登場!!!!! これが聴けるとは全く思ってなかった… サプライズの更に向こう側へ。イントロ聴いて鳥肌たったわ。爽やかで疾走感があって「恋愛感情を超えて」とかドラマぴったりのフレーズでいい曲!

百戦錬磨を超える言葉ってないんですかね? 一騎当千?? いや、数字は超えてるけどなんか違う。…だって、ツアー中に発表した新曲をツアー途中からいきなりセットリストに加えるとか、オーディエンスが歓喜するツボをがっちり押さえておられる。そしてそれをやってのける対応力の高さ。

なお、正規の音源は見当たらず。。現状は、ドラマ『べしゃり暮らし』をVODとかで購入するしか視聴する術はない。リリースされてないので、恒例の30秒視聴も無し。早くもういっかいちゃんと聴きたい!!!

→16・17・18曲目に続く
別の記事を検索する↓

こういうことってありませんか?
仮にあったとしたら、おかしくない??

有給休暇が取りづらいから、休みたい時は当日の朝いきなり「体調不良」になるしかない。俺の前の会社と今の会社は、そんな感じ。だからやたら「体調不良」で突然休む人が多い(笑) 

でも、突然休まれるとこっちが迷惑することもある。 計画的な有給取得に後ろ指刺して職場をそういう雰囲気にする人がそもそも悪いんだけど、「体調不良なら大丈夫」と思って年に何回も突然体調不良で休み取るも人もはや感覚がおかしい。

計画的に有給を予定して取る人の方が、それまでにやるべきことはちゃんと終わらせようとするし、周りの人もその人が休むことを想定して前もって依頼したりできるので、本来何倍も良いはず。それなのに「不慮の体調不良」が横行してしまうのは、つまるところ経営やマネジメントが悪いんでしょうな。

----- ✂ -----

ちなみに、1社目の時は俺も周囲も「不慮の体調不良」なんてほとんどなかった。仕事忙しすぎて、体調不良になってる場合じゃなかった(笑) 俺が高速道路で大事故起こした翌日も普通に出勤したし。そんな中でも突然体調不良で休む人は、だいたいマジで深刻な状況になっていて会社やめるかどうかの瀬戸際、ということが多かった。
別の記事を検索する↓

かねてよりちゃんとしたマーケターの人と一緒に仕事してみたいと思ったことがあり、今回晴れてマーケター的な立ち位置の人と仕事することになったのだが、

結局2時間俺がマウント取られ続けるだけの時間になってしまってめちゃ辛い。今となっては彼が「ちゃんとしたマーケター」なのかどうかも正直よく分からなくなったので、いったんここでは「マーケター的な人」ということで話を進めたい。

俺は自社製品の「今できること」やその訴求方法を教えつつ、それを最大限に生かしてハマるお客さんをもっと開拓・集客するためにマーケターへ相談しているつもりだったのだが、

当のマーケターはそもそも製品の価値(機能)が「今できること」しかないことを指摘、「あれはできないの?」「これはできないの??」「なんでできないの???」「なんでやらないの????」みたいなことばかりを聞いてきて、そんな追及が延々と2時続くそんな時間になってしまったのだ。地獄!w

で、なんかそれっぽい図が出てきて、今の弊社の製品が「プロダクトアウト」でしかなくて、今のトレンドは「コトづくり」なのに「マーケットイン」のコンセプトで全然商品開発できてないよとか、そんな大学の講義みたいな高説へと発展していったんだけどそもそも、

そんなこと分かっとるわい!

ていうのと、

それは今俺に言うことかね!?

ていうのが最終的な俺の所感だった。

----- ✂ -----

そういう自社製品の及ばなさに対する苦悩とかジレンマとかにひと通り苦しんだのち、それでも何とか他社に負けない部分で通用するコンセプトや運用方法を見出して、そこにお客さんの期待値を導くように俺は必死で営業してるんだよ。だから、それにハマるお客様がもっとうまいこと弊社の門前に集まってくるようにマーケターに手伝ってもらおうとしてるのに、「そもそもマーケットインじゃない製品がダメ」っていう発想は何なの?

ああそうだよ、うちの製品はバリバリのプロダクトアウトだよ。1人の天才エンジニアが唯我独尊で開発した、刺さる人には強烈に刺さる尖がった商品なんだよ。ただでさえ天才気質の気難しい人なのに「今のままじゃだめだからもっと機能つけて下さい」だと? そんなことやすやすと言えるか! 俺は今のままでだめなんて言ってない、ていうか何でそもそも商品開発の話になってるんだよ!!

(…と、心の中で思ったが、声を上げて反論したわけではない)


で、話は「なぜ商品開発が進まないのか?」みたいな方向に行っちゃって、更に「こうすればできるから」みたいなご高説を賜ることに。
  1. グチヤマさんがどういう商品を理想とするのか?
  2. グチヤマさんが今欲しい機能は何か?
  3. グチヤマさんが失注したお客さんが欲しかった機能は何か?
  4. グチヤマさんの要求が実現すれば、どれだけ売れるのか?
これを全部整理してまとめて、社長とエンジニアに提出しろと。え、なに? 俺の製品が位置する巨大マーケットを全部とりに行くの? 機能網羅すんの? そんなのウチの会社の体力じゃ無理なんだって! だからあえてコンセプトを絞って闘ってるんだよ!!
  1. グチヤマさんは別に今の製品のままでいい
  2. グチヤマさんは別に今の機能のままでいい
  3. グチヤマさんが失注したお客さんは、そもそも土俵が違う相手ばかり(むしろ俺が門前払いしてあげた)
  4. グチヤマさんはそもそも商品開発を要求していない
まぁ③については俺の営業や記録も結構乱暴で、失注原因について芳しいデータが集まってないのは申し訳ないけど、しかし結局のところ肉と魚どっちが好きかを論じてるみたいな場合が多いんだって! 同じ食べ物というカテゴリーではあるけど、肉は魚にはなれないし魚は肉にはなれんやん? 肉が食べたい人は肉を食うし、魚を食べたい人は魚を食う、それだけのこと。そしてウチは魚料理のお店。だから極力魚を食べたい人だけが集まるように、マーケティングしたいんだって!! 

…少し譲って、彼の主張は魚料理のバリエーションを増やそうという話だったとしよう。でも魚料理つっても和食の板前とフレンチのシェフは全然違うでしょ? 結局アナタが言ってることは、ウチの板前にフレンチ作って流行らせろっていう話になってるから。それよりもウチの和食を美味しく見せて効率よく集客することを考えようよ! そもそもアナタは未だにウチの和食を食べたことすらないやんか!

(…と、心の中で思ったが、声を上げて反論したわけではない)


…こんな感じで、新入社員に2時間マウントとられ続けた俺の気持ちが分かりますでしょうか…?爆

新入社員といっても俺よりだいぶ年上だからな。言ってることを無碍にはできん。しかしとりあえず言いたいのは、現状彼は「マーケター的な人」でしかない。だって彼は「いい製品開発ができれば売れる」っていうアタリマエの、彼の立場からすればすごくイージーなゲームの話に終始してるだけやん。彼がダメだと思う製品はそもそもマーケティングの施策すら論じるに値しないって、それがちゃんとしたマーケターと言えるのでしょうか?

あとズルいなと思ったのは、社員であるにも関わらず「これから自分がやる」というスタンスじゃなくて常に「グチヤマさんがそうしたらいい」とかコンサルみたいな論法で、何かにつけて俺の手を動かそうとすること。本当に第三者のコンサルの人ならわかるけどさ、入社したんだから自分の手を動かすことを考えてくれ。まぁ実際は自分でも何かやるでしょうが、そういうスタンスでマウントとる人って本当に人から尊敬されないなと、改めて実感した。俺は気をつけよ。

----- ✂ -----

さて、

これで俺が彼の意に沿う働きをしてヤマが動いたら、俺を動かした彼は社長の評価は上げることだろう。

彼「グチヤマさんが全然ダメなんで、マネジメントしてあげたらよくなりました」

もしくは彼が自ら動いてヤマが動いたら、それでも彼は社長の評価は上げることだろう。

彼「グチヤマさんがやらないんで、私がテコ入れしたらよくなりました」

どう転んでも見事な踏み台・オブ・グチヤマが、この日会社に誕生した――

俺という踏み台を思いっきり踏み込んで、
羽ばたけ!ミライ☆モンスター!!


先日のことと言い、

<関連記事>


ウチの社長は観念的なモンスター社員を集めるのが得意らしい。みんなで一緒に絵に餅書いて「ウマい!ウマい!」とはしゃいでるような(笑) そんな中、現実的でどんどん冷めていく屋台骨の天才エンジニアが、いよいよ来年には居なくなるんじゃないかと、俺は慄いている。
別の記事を検索する↓

裸足の女神
B'z
ロック



バラードVer.の「裸足の女神」が登場。アコースティックギターの演奏と歌のみ。前曲でつくったしっとりとした空気をそのまま引き継ぐ巧演と、ライブでしか聞けないアレンジの特別感とが相まって、めちゃくちゃ良かった。

…しかし人間とは欲張りなもので、2コーラス目までで演奏が終わりそうな雰囲気になった時「やっぱり裸足の女神は松ちゃんのドリル奏法も見てーな…」とか思ってしまう(笑) 

<関連記事(グチヤマ.comへ)>
B’z30周年エキシビジョンのオーディオガイドが最高だった件(DL配信願う)|【5】「裸足の女神」の演奏を彩るドリル 

drill guiter

<参考情報(外部リンク)>
https://www.casphy.com/bbs/bz/162626/
松本さんがたまに使うドリルについて
-あれって、何なんですかね?そこら辺で売ってるんですか?
-ホームセンターなどで売っている電気ドリルにピックを取りつけて演奏しているのです。ポール・ギルバートやエディー・ヴァンヘイレンが使ったことで有名です。松本さんは裸足の女神やZEROで使ってますね。いい音出します。

…そしたら! それはお見通しですよと言わんばかりに、間奏から他のバンドメンバーも加わって通常の「裸足の女神」の演奏へと展開!! そして恒例の、稲葉さんから松ちゃんへ手渡される演奏用のドリル!!!

ここの演出はすごく良かった… 結果通常版の「裸足の女神」も聴けて、2度美味しい。俺の中では過去最高の「裸足の女神」に。

やっぱりB'zは百戦錬磨。新しさを追い求めつつも古参ファンが喜ぶツボをちゃんと心得ていて、自分たちがやりたいようにやりながらお約束のニーズにも応える対応力がある。客の期待値のコントロールが凄く旨い(営業目線w)そして次の曲で、俺たちに更なる驚きと興奮をもたらしてくれた。

☞15曲目につづく

別の記事を検索する↓

埼玉ドライブ、続き

<前回投稿>


ベビーカー購入でうちの子が幸せになったところで、次は妻が主役で幸せになるプラン。

子育てにかかりっきりなので、外食に飢えている妻。とりわけ寿司については、「中野サンモール元祖寿司の変」が勃発して以来、安く手軽に美味しいお寿司を食べれる場所を失ってしまったショックが大きく、子供が生まれる前から長いこと寿司ロス状態に陥っている。そんな妻を癒すには、もうレンタカーを借りて「スシロー」に行くしかないと、前々から思っていたのだ。
元祖寿司 中野サンモール店
とん平『時代の終焉を見た…』
by 食べログ うしぺいミシュラン!

そしてこの度、ついに「スシロー」に行くことができた!

さすが「スシロー」、大人気である。夕方5~6時台でも、アプリでの事前予約は必須。俺たちは16時30分頃にアプリで「今から行く(受付)」という操作をして16時50分頃にお店に到着、そこから更に50分くらい駐車場で待って、ようやく席につくことができた。

この貴重な機会を最大限に活かそうと、俺は一眼カメラ・クオリティでスシローのお寿司をバシバシ写真におさめようと思った。

PA130470
さば

PA130471
こはだ

PA130473
甘えび軍艦

PA130474
びんとろ(150円)

PA130472
ああ… もう、ダメだ!
妻の注文するスピードにカメラが全然追いつかねえぇ!!笑

----- ✂ -----

まぐたく軍艦がたくあんの風味に全部持っていかれてたのと、チキングリルステーキ寿司のチキンがやたらぶよぶよで気持ち悪かったの以外は、全部文句なしにお値段以上の旨さ。海苔の風味もいい。コスパ最高! それに気持ちの問題だったのかもしれないが、大阪時代に通ってたスシローよりもネタの造形が美しく、味も断然美味しく感じたので、期待以上の満足感を得ることができた。

やっぱり私たちのいちばん好きな回転寿司チェーンは「スシロー」でした。中野に出店を強く希望!
別の記事を検索する↓

↑このページのトップヘ