まだやだ僕は眠らない

主にB'zとグルメ、旅行を題材にして自身の体験談を紹介する雑記ブログ。B'z全曲登場させるまで… I will survive. 終わらない 終わりじゃない Ah——!!!!!

「袋田の滝」からの帰り道、奥久慈(おくくじ)エリアでの寄り道は続く…

<関連記事>


今回は「なんだあれは―!?」と好奇心をそそられて急左折(危ない)をしてしまった、直感的な寄り道だった。

FamilyMart+JA常陸(ひたち)

IMG_20190209_164250
「FamilyMartってこんなことやってるんだ―!!」という知的好奇心である。東京都内に住んでるとなかなかお目にする機会はない。逆に「ファミマ!!」っていうスタイリッシュな店舗は時々見かけるけど
ファミマ!!
concept2_top_copy
「子ども食堂」もやるということだし、がんばっとるな~。


奥久慈産の野菜が安い!!

IMG_20190209_163847
何より語りたいのがこれ。

いつもは東京・中野のブロードウェイまで歩いて野菜買いに行ってるから、一度にお持ち帰りできる量は限られる… でもこの日はレンタカーがある!

更にここの野菜は東京都心よりも安いものばかり!ここで野菜をいっぱい買って少しでも得して、レンタカー代・ガソリン代・高速代の元をとろうという魂胆で(笑)

IMG_20190209_164819
というわけで、爆買いw
人参は1本だけかと思いきや…

IMG_20190209_164828
なっが———い!!!!!
余裕で4本分以上ありそう。奥久慈産ならではなのかな?

IMG_20190209_164301
「大和芋」なんて珍しい野菜も購入。とろろにして食べたら超ウマかった!

…ここも俺たち的には、今後「袋田の滝」に行く度にマストで寄って行きたいスポットだな!!

家族連れに有難い休憩スペース

お手洗いにも行きたかったところなので、ちょうどよかった。お手洗いへ向かうと…

IMG_20190209_163546
ファミレスかっていうくらい、イートインスペースが広い! そして綺麗!!

IMG_20190209_163557
しかし悲しいかな、観光のピークを過ぎた16時台には人っ子一人おらず… こんだけ気合入ってるんだから、いつも昼間は賑わってるといいな。

トイレもめちゃくちゃ綺麗で、入口からの奥行も深くて男女別に何部屋もある。赤ちゃんをお世話するスペースもあり、家族連れで「袋田の滝」観光に行く際には「FamilyMart+JA常陸(ひたち)」へのアクセスもチェックおくのは決して損ではないはずだ。
茨城県初!JA常陸とファミリーマートの一体型店舗「ファミリーマートJA常陸奥久慈店」オープン~茨城県産農畜産物の豊富な品揃えとイートインスペースを兼ね備えた地域のコミュニティの場を提供~

----- ✂ -----

さて、いよいよ東京からの日帰り旅も終わりです…

「ヨックモック(yokumoku)」の「ビエ オゥ ショコラオレ」24枚入り 1,296円(税込)

IMG_20190213_184824

妻曰く、

「ヨックモック」は贈り物の定番中の定番・基礎中の基礎!美味しくて量がたくさんなのに、値段は割安!!だいたいどこの百貨店の洋菓子コーナーでも見かけるほどの老舗ブランド。でもそれゆえに流行りものや珍しい物を好む人、アーリーアダプターな人への贈り物には向いてないかもしれないけど、会社退職する時の御礼なんかにはピッタリよ(笑)

とのことだった。

魂のこもった良いプレゼンだったので、それを思い出しながらブログに文字おこしで紹介することに(笑) あの時の妻の熱意をちゃんと書き記せているだろうか?

IMG_20190212_202724

さて、いざ実食。

IMG_20190212_214438
確かに美味しい!!

軽やかでサクっとした中のクッキーに、その食感を決して邪魔することはない薄いコーティングながらもその上質な甘さはしっかりと際立つミルクチョコレート…このバランスが絶妙。コンビニの似たようなお菓子とは確かに一線を画すクオリティだ

----- ✂ -----

妻の言う通り、俺の退職時の贈り物はこれで決まりやな!(えw

食べログ グルメブログランキング

「袋田の滝」観光を存分に満喫した俺たち。東京へと帰ります、もちろんフラフラと寄り道を楽しみながら。

最初に寄ってみたのは、袋田の滝への行きがけでも何となく気になっていた「ゆば壱」。ここで見つけてしまったのが…

IMG_20190209_161756
「おからは商品ではありません」

…な、なんだってー!

つまり、おからはサービス品。なんと 無料で1人2袋まで 持ち帰ることができるのだ。ありがとうございます!!

IMG_20190209_162015
こんな感じでザクザクおからを掘って、

IMG_20190209_162100
ドバドバとポリ袋に入れるのである。
楽しいぞ… おからを掘るなんて初めての経験w

試しに味見してみたんだけど、ほとんど無味でほんのり大豆の風味を感じる程度。雑味やえぐ味とかは全然ないが、これを美味しく食べるには家で調理が必要な模様。

----- ✂ -----

IMG_20190209_232709
で、妻が家でおからを煎っている様子。まずは水分を飛ばすものらしい。これで2袋分、超有難い!!

IMG_20190214_201638
そして完成品。美味しい!!
これで6分の1くらいで、冷凍保存もできるとのこと。

「ゆば壱」のおから無料お持ち帰りサービス、最高だよ…

----- ✂ -----

更に「ゆば壱」のすぐとなりには「こんにゃく関所」というのがあって、そこではさしみで食べる生とろこんにゃくや奥久慈伝統食材の凍みこんにゃくなどが買える。

IMG_20190209_161312
IMG_20190209_161501

こんにゃくの試食もあって嬉しい

IMG_20190209_161546

店舗情報

ゆば壱 (HPへリンク)
IMG_20190209_162300
(左隣りの建物がこんにゃく関所


いや~、これは今後も「袋田の滝」に行く度に寄ってしまうだろうな。この日おからは遠慮して1人分の2袋しか貰わなかったんだけど、次は2人分の4袋持ち帰りたいぞ。次はちゃんとお土産もたっぷり買うから!(←何も買ってないんかいww)
いやほんと、改めてちゃんと売上に貢献したいな~と思って調べたら、どうやら「ゆば壱」も「こんにゃく関所」も同じ会社が運営しているらしい。
袋田食品株式会社
茨城県久慈郡の味覚、こんにゃく・ゆば・甘味の製造、温泉・宿泊宿の運営。
袋田食品株式会社
こういう地場産業を手広く手厚くがんばってる企業好きなんだよね~ 就職したいw

「袋田の滝」は別名「四度の滝」。四季ごとに見に行かないと、風趣は極められないのだ(by 西行法師)なので、あと最低三回は絶対見に行くつもり。即ち、


2人×2袋×3回=おから12袋


やっほう!!
※次は絶対何か買いますし、温泉も行きたいと思います…

車を降りてから「袋田の滝」とその周辺の観光で約1時間半くらい歩き回ったところで、小腹が空いてきた。寒すぎて、昼食で行った土浦のマグロ刺身食べ放題がふるわなかったから(笑) とはいえ、夜はラーメン食べるのを楽しみにしていたので、ここでガッツリ定食ってわけにもいかない…

<関連記事>
こういう時に、サクっと少量・少額でご当地グルメが食べれるといいよね!そんな俺たちのニーズに応えてくれたのが、袋田の滝入口目前のお食事処「滝見屋」さんです!! 実は滝を見に行く前から目をつけてましたよ!!

IMG_20190209_153313


袋田の滝お食事処「滝見屋」

IMG_20190209_153104
これは「袋田の滝」ふもとの町並みでよく目にする光景。でも、俺も妻も一目見て「滝見屋」さんのがいちばん印象に残っていた。何をいくらで売ってるのかが分かりやすいし、何より売り子のお兄さんの威勢が良くて素敵。

そして俺たちのお目当てはけんちん汁。けんちんそばや定食メニューじゃなくて、けんちん汁単品を1杯300円で販売してくれるのが嬉しい! ここで、俺らの予想ではてっきり紙皿に入ったけんちん汁が出てきてその場で食べるもんだと思っていたんだけど… ?

単品でも頂けるけんちん汁

IMG_20190209_151832
けんちん汁単品だけでも店内に入れてくれた! しかもちゃんとしたお椀に盛られて予想以上のボリューム!! 甘口でしょうゆ仕立てのけんちん汁が冷えた身体に浸みわたる… 野菜の素朴な味わいがイイよね

更に、「寒かったでしょ~?温まっていって下さーい!」と、妻のそばにストーブを移してくれるお兄さんの神対応が光る!! こんなんしてくれたら、もっとお金落として行きたくなるんだよね(笑)

奥久慈名物しゃもテール

IMG_20190209_153313
というワケで店内でくつろいだのち、ちょっと気になっていたしゃもテールの炭火焼き串も食べ歩き用に購入することにした。「袋田の滝」一帯の奥久慈(おくくじ)ではしゃもが名産品らしい。
奥久慈しゃもには「育ちのよさは味に出る」という言葉がしっくりきます。奥久慈大子町の大自然の中、穀物や青菜などを与えられ、充分な運動をしつつ、悠々と育つのです。一方、奥久慈しゃもは、オスの場合、120日で2.6キログラム、メスにいたっては150日で2.1キログラム程度なのです。 地鶏と呼ばれるものは、全国に百種類以上いますが、ブロイラーとのかけ合わせがほとんど。しかも飼育期間も大抵80日以内で100日を超えるものは奥久慈しゃもや比内鶏など数えるほどしかいません。 もともと、しゃもは、気性が荒く、群れで飼うのは難しい種ですが、肉、卵ともに味が優れていることから、茨城県養鶏試験場が改良。奥久慈しゃもが誕生しました。肉質は低脂肪で歯ごたえ抜群。ブロイラーの水っぽい弾力のない肉と違い、締りがあり、深い味わいが特徴です。
※大子町観光協会HPより

味付けは塩かタレか選べる。どっちにするか迷っていたらまさかのハーフ&ハーフを提案してくれた。新しい!!笑

IMG_20190209_153557_1
しゃもテールってぼんじりとは違うのかな?鶏皮よりも肉厚だけど食感は似ている。表面はパリッと、内側はその食感を楽しむ感じの焼き上がりで、ジュワっとあふれ出る脂の味わいが旨い。塩・タレどっちもイケるので、ハーフ&ハーフ(上半分が塩で下半分がたれ)で食べるのが間違いない。このサービスは「滝見屋」だけかも!?

----- ✂ -----

「滝見屋」には芸能人もよくお忍びで来ているらしい!お兄さんは「自分が居る時は、オリンピックおじさんしか来たことない」らしいけどww

店舗情報(食べログへリンク)

IMG_20190209_151110
滝見屋

関連ランキング: | 袋田駅

食べログ グルメブログランキング

☞帰りの寄り道へ続く

hinotori_alone
これは味の素スタジアム千秋楽の時の写真のようだけど、俺が参戦した9/1福岡ドームの時も同じ演出があった。

B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!” のステージで披露された演出が、30周年のライブで再び蘇ったのだ!稲葉さんのピアノ演奏と、そのピアノの上に立つ松本さんのギター演奏。まさかこれを自分が生で拝める日が来るなんて


…とここで、すかさず隣の友人Dが突っ込みを入れる。

D「松本さん、あれはミュージシャン的にどうなん?笑」
※あれ=ピアノの上に立つこと

俺「・・・ほ、ほら。ロックミュージシャンって演奏しながらギターへし折ったりするやろぉ!?」

…という一幕がw

彼は本気で良し悪しを問うているわけではない。言いたかっただけ。過去にこういう演出があったことを知らない彼が俺と同じレベルで悦に浸るのは難しく、ただただ目の前の事象を素直に受け取って時には自身のセンスの赴くまま反射的に突っ込みいれたりしながらライブを楽しみたいだけなのだ。そういうのも♪アリっちゃアリ~(B'z『DIVE』より)

DIVE
B'z
ロック



――と言いながら、当時は俺自身が「おま、気分壊すようなこと言うなよ💢」とムッときたのが正直な話で、自戒も込めてこれを書いている(笑)

こういうのはお互いのセンスの応酬なのだ。感情的になってはいかん。「大丈夫、まっちゃん昔はあそこで更にタバコ吸ってたから!!」と、余裕たっぷりに切り返してた方がセンスよかったなぁ(悔)


<前回記事>

12曲目『ALONE』

ALONE
さて、本題。

友人驚き(笑)の演出が登場したのは、
B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
12曲目の『ALONE』

ALONE
B'z
ロック


ALONE 僕らはそれぞれの花を
抱いて生まれた 巡り逢うために
※歌詞引用:j-lyric.net

ALONE2
現地で稲葉さんばかりに見惚れていたら、いつの間にか松本さんが地上に降りていたことを思い出す(笑)「あれ、松本さんどうやって降りた!?」と。イリュージョン?笑 実は、グランドピアノの裏にちゃんと階段があったんだね。

ALONE3
トリル奏法(隣接した2つの音を交互に何度も弾き鳴らす)のシーン。器用だな~

----- ✂ -----

ピアノの上に置かれているのは水とハーブティかな?稲葉さんが適宜、片手で演奏続けながらも喉を潤すシーンが印象的だった。

俺は9/1の福岡ドーム現地で稲葉さんが声が出なくなってしまった瞬間を目撃してしまったから、そういう一挙一動がなおさら気になってしまう。

しかし、そんな心配をよそに、この次の曲で稲葉さんは最高のシャウトとパフォーマンスを披露してくれる。福岡ドームの時もそうだった――


あるいは、『グチヤマ.com』の感想まとめを見てみる↓


B’z DVD & Blu-ray「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」2019年3月13日リリース決定!!

うれしいぃぃぃ!!!!!
今作オリジナルの新たな編集でお届けする、31年目に踏み出した9月22日ツアーファイナル・味の素スタジアム公演の全曲に加え、30周年を迎えた9月21日までを追う、日替わり曲フル6曲を含むツアードキュメンタリー、そして「LOVE PHANTOM」の続篇として書き下ろされた、本ツアーを象徴する新曲「HINOTORI」を初CD化で収録。 30年にわたりB’zと共に歩んできたオーディエンスとの繋がりから生まれる一体感、また、ベスト選曲を次々と繰り出すステージングとその裏のストーリーを一体化させた、満を持して発売する映像作品です。
※B'z Official Website|NEWSより

↑このページのトップヘ