まだやだ僕は眠らない

主にB'zとグルメ、旅行を題材にして自身の体験談を紹介する雑記ブログ。B'z全曲登場させるまで… I will survive. 終わらない 終わりじゃない Ah——!!!!!

2019年2月9日(土)、東京から茨城へ日帰り旅行。今回は珍しく妻が行先をリクエストしてくれた。

そこは日本三名瀑のひとつ「袋田の滝」。しかもこの時期は氷瀑(滝が凍ってしまった光景)を拝めるかもしれないとのこと!

【冬だからこそ味わえる絶景】日本三名瀑「袋田の滝」の氷瀑とは?
冬の間に凍ってしまった袋田の滝では、他の季節で聞こえるような水の流れる音は聞こえません。澄みきった空気と静寂、そして美しい氷瀑。冬にしか味わえない袋田の滝を訪れてみてはいかがでしょうか?

…とはいえこの日、よりにもよって今季最強の寒波とバッティングしてしまった。関東全域で雪が降り、つくば辺りですでに積雪を目撃していたので、その更に北方に位置する「袋田の滝」までたどり着くことができるのか――? 

いくら行きたいとは言え、ノーマルタイヤで無理はできない。今回得た教訓は、今後この時期のレンタカーは無条件でスタッドレスタイヤ・オプションを付けた方がよさそうだと言うことである。


「袋田の滝」への道のり

東京・中野からノンストップで行けば2時間半くらい。高速道路は常磐自動車道の「那珂IC」までで、そこからは約40kmほど下道を走る。正直、この前に「土浦魚市場食堂」で震えながらマグロを食べていた頃には、もう半分は「袋田の滝」を見るのを諦めていたんだけど(笑)

しかし土浦エリアを通過すると、そこから先は意外にも雪がやんできて…

CIMG1258
CIMG1260
「袋田の滝」まで滞りなく到着!!

これは嬉しい誤算、行ってみてよかった。雪はふってなくても外はめっちゃ寒いので路面凍結には注意し続けなければならないが、この寒さなら「袋田の滝」もさぞ美しく凍りついているのでは…?


「袋田の滝」最寄の無料駐車場

CIMG1261

無料の駐車場で「袋田の滝」に一番近いのは、どうやらここっぽい。いつもはすぐに満車になると聞いていたが、この日の寒さで観光を断念した人も多かったのだろうか?空いていたのでスムーズに駐車することができた

「ここから滝まで歩くのが遠い」と言うコメントも目にしたが、入口のトンネルまで徒歩20分程度と俺たち的には別に許容範囲。むしろ最近は歩くのが旅の醍醐味くらいに思うようになってきたので、是非歩きたいw
※これより先の駐車場はだいたいどこも有料で500円くらいかかるようでした。


日本三名瀑「袋田の滝」

この滝は別名「四度の滝」とも呼ばれています。西行法師がこの滝をみて感嘆し「これは四季に一度ずつ来て見なければ新の風趣は極められない」といって季節の移るたびに訪れたと伝えられています。 (トンネル内の掲示より)
IMG_20190209_140418
入場料は大人一人300円
珍しいのがトンネルをくぐって滝まで行くこと。

IMG_20190209_140559
第1観瀑台はエレベーターにのらなくてもアクセスできるので、そこまでならペットも連れてOKだ。ワンちゃん連れてきている人が結構居た。

IMG_20190209_140620_1
時期によってはこのトンネル内でかなり見ごたえのあるイルミネーションを拝めるらしい。妻はそれを超楽しみにしていたようだが、残念ながら1月末で終了した模様… まぁそれはそれで、また次回行く理由ができたなw 
袋田の滝ライトアップ「2018大子来人 ~ダイゴライト~」【11月1日(木)〜2019年1月31日(木)】 | 大子町観光協会


第1観瀑台から見上げる景色

IMG_20190209_141455
こんな光景見たことない!
穏やかに凍りついた氷の部分と、白糸のように枝分かれして流れる水の部分と、両方を見ることができた。イイトコどり?滝の轟音や迫力よりも、氷と水のコントラストの美しさを楽しんだ。

これで滝の何割くらい凍っているのだろうか?これが水の流れが完全に止まるほど凍りつき、氷の層が幾重にも重なって竜の巣みたいになった光景を真の氷瀑と言うんだろうな。それもいつか見てみたい

IMG_20190209_143809
滝の一番下の方。
第1観瀑台では滝のふもとに近い位置で、見上げるようにその光景を眺めることができる。これは確かに、水が大量に滞りなく流れる季節の「袋田の滝」も見てみたい。それはどれほどの迫力なのか…


第2観瀑台から見下ろす景色

IMG_20190209_141826
エレベーターを使って第2観瀑台へ。そこから「袋田の滝」の最上段を望むことができるらしい。そういえば、この規模の滝を上から眺めることができるのって日本でも有数なんじゃなかろうか?


IMG_20190209_142319
これが第2観瀑台からの絶景。
第1観瀑台から見上げた景色とイメージをつなぎ合わせて、4段構成と言われる「袋田の滝」の全貌が見えてくる。なんて粋な魅せ方をする観光地なんだと感動…

IMG_20190209_143033 (1)
こういうインスタ映え狙う的な写真も撮ってみたり(笑) しかしこの場合、カメラワーク的にフォーカスを当てるべきなのは雪だるまの方なのか? よーわからんから誰か教えて欲しい(スマホで撮ってます)


吊橋で震えながら眺める景色

エレベーターを降りて、名残惜しいのでもう一度第1観瀑台へ。そしてそこから、帰り道には吊橋コースを選べることを認識する。

IMG_20190209_144217

「THE 吊橋 オブ 吊橋」とでも言うべき徳島・祖谷の「かずら橋」をすでに経験してきた俺たちである

IMG_20190209_144623
今さらこんな近代的な吊橋にビビるこたーない…

IMG_20190209_144635
えええェー。。
多人数って目安どれくらいよ?笑
後ろに中国人の団体客が控えてるんやけど。噂の「暴れ小熊」かもしれない荒ぶる子供たちもいっぱいいるんだけど…怖

彼らとバッティングする前にそそくさと渡りきることに。



意外とかなり揺れる

やっぱ吊橋ってスリルあるわ—— 
震えながらそれでもがんばって、撮影した吊橋からの景色がコチラ

IMG_20190209_144656
たぶん、滝の一番下の4段目が綺麗に見えるのがこの吊橋からの景色。
さらに雪が舞ったこの日は、滝とは反対側にも素敵な光景が広がっていた。

IMG_20190209_144732
「シュークリームみたい」とウチの妻(笑) 岩肌の苔の上に雪が絶妙に降り積もって、それが何とも美味しそうな光景に… 大雪だったらこうはならなかったはず(というか「袋田の滝」までアクセスできなかったはず笑)

IMG_20190209_144937
というわけで、怖くても「袋田の滝」からの帰り道には吊橋を渡るのがオススメ。想像以上の揺れで、途中で腰引けて動けなくなる人も居たけどww

----- ✂ -----

さて、そろそろ小腹が空いてきた。

2019年2月9日(土)
せっかくの3連休スタートなので、レンタカー借りて日帰りで茨城県に行くことに。
“史上最強の寒波”到来!東京の3連休は「雪に始まり雪に終わる」かも!?
マジかよ… そして当日、まさかの雪(笑)
ニッポンレンタカーの人からも「決して無理はしないで下さい」と言われて、肝に銘じて出発するのであった。。

そして東京中野から出発して約1時間。途中つくば辺りで高速道路から見えた田んぼへの積雪光景に怯えながらも、なんとか最初の目的地「土浦魚市場食堂」に到着したのだった。


「土浦魚市場食堂」土曜日だけのマグロ食べ放題!!

IMG_20190210_221224
無事到着! 
しかし、外は見ての通り雪で目茶苦茶寒い。

IMG_20190209_111300
これが噂の「マグロ食べ放題」。こんな場所があるとは! 
なにしろ東京にきてマグロの魅力を知った俺たちである。だいぶテンションは高め。

IMG_20190209_104136
店内は魚市場と隣接しており、吹き抜けのため外とおんなじくらい寒い。テーブルにはストーブがいくつかあるものの、外気による気温低下が圧倒的に勝っている感じだ。

なので、冬に行く時はご注意下さい。


マグロ食べ放題 1,050円(税込)

IMG_20190209_104554
食べ放題なのはマグロだけじゃない。ご飯とあら汁もおかわりし放題である。
それに最初はマグロのほかにブリとイカの刺身、寿司3貫まで付いていた。

更にサラダや煮物のサイドメニュー↓も自由にとることができる。これで1,050円(税込)って、破格のコストパフォーマンスじゃなかろうか?


IMG_20190210_221548
IMG_20190209_104740
IMG_20190209_104738

この日はとにかく寒かったんだけど、
それを凌駕するほどに俺たちの期待値が暖まったところでいざ実食である!!

まずはあら汁。うめぇ~~!
アッツアツの旨い出汁が、冷えた身体に浸み渡る。

そして次は煮物を…


煮物、冷たッ!!!

ここは完全に、期待を裏切られる形になってしまった(笑)
食べ放題のサービスと、料理の温度管理が完全にトレード・オフ状態。まあこれは驚異のコスパなんだからしょうがないと納得はできる。それに味はイイのだ。


肝心のマグロの刺身もちゃんと美味しい。それが食べ放題って、やっぱりすげぇ。東京の回転寿司「元祖寿司」に一皿ニ貫95円の「サービストロ」っていうメニューがあるんだけど、ここのトロの味わいと似ている。
※注:俺たちは「元祖寿司」がめっちゃ好きだし、ここの「サービストロ」食べてからマグロをよく食べるようになったんで、この評価は誉めているつもりです

「マグロの食べ放題」には専用の窓口があって、そこにおかわりをお願いしに行く。ご飯とあら汁も同様である。

IMG_20190209_105819
IMG_20190209_110548
この日はブリの刺身も食べ放題だった

IMG_20190209_105836
記念すべき1回目のお替り。
この時は「後3杯くらい行ったんねん!」ていう気持ちやったんやけどな…


自分の胃袋が期待外れ。そこに合わせて最強寒波が襲いかかる…

心は「食べ放題」をめっちゃ求めてるのに、最近はそんな自分の心意気に胃袋が全然ついていかない…この日もそんな悲しい現実を目の当たりにしてしまう(泣) たった一回のマグロお替りを食べている途中で「もう無理かも」って思ってしまったw

更にそこに、吹き抜けの最強寒波が襲いかかる。残していたサイドメニューの寿司3貫が「凍ったのかな?w」って思うくらい冷たくなっていた。もうね、食べるだけで体力奪われる感じ。しかしそこでグズグズしていると、マグロの刺身の方もどんどん凍てついてゆく…
 
この日の「土浦魚市場食堂」で食べるのに時間をかけることは、料理を冬の外気にさらして冷やすのと同義だったのだ。これが完全に誤算


もっといっぱい食べたい!
でも、胃袋が付いていかない…

いや、せっかくだからここは無理してでも食べたい!
でも、寒い中で冷たいもの食べるのが超キツい…


こんな感じで、完全にデッドロック状態である。
唯一アッツアツのあら汁を3杯お替りして堪えようとしたけど、結局マグロの刺身はお替り1回だけでギブアップ。お腹はそこそこ満たされたけどせっかくのマグロ食べ放題を無駄にしてしまった感があり、不完全燃焼感が否めなかった…

----- ✂ -----

というわけで、冬に「土浦魚市場食堂」に行く際はご注意下さい。すごく寒い中で刺身を食べまくろうとするのは大変な行為でした。

もう少し暖かくなったらリベンジしたい気持ちも多少あるのだけど、もはや俺は「食べ放題」というコンテンツ自体をあきらめなきゃいけない年頃なのかもしれん(哀)

店舗情報(食べログリンクとGoogle地図)

IMG_20190209_113743

食べログ グルメブログランキング

----- ✂ -----

そして俺たちは、茨城県内の次の目的地へ出発する。

☞続く

IMG_20190207_212257
ドーーン!!!
インパクトがあるので早速写真から紹介する「とら焼き宗歓(そうかん)」。ピンク色の餡は「紅餡」で、中にはところどころに白いんげん豆がちりばめられている。全体的に甘さは控えめ、だからこそ白いんげん豆のほんのりとして自然な甘味も感じることができる。

IMG_20190207_212210
生地はしっとりふわふわ、こちらも甘さは控えめだ。袋のデザインも面白い。ピンク×黄色なんて、なかなか見ない組み合わせじゃない? これをお土産でもらったら印象に残るはず


IMG_20190208_230530
そう思って会社へのお土産で購入したのだが
1個だけ…  辛抱堪らず試しに自分たちで食べてみたところ、想像していた以上に美味しかったのだ。


そしてやっぱり今回突発的に佐賀へ帰省することになった事情を鑑みるに、有休をもらったとは言え会社にお土産を買って帰るのは不適切ではなかろうかという結論に思い至り、全部自分たちで食べることにした(決して、美味しかったから人に渡すのが惜しくなってしまったワケではないww)

毎日食べても飽きのこない美味しさ。実際、毎日妻と半分こしながら食べている(笑)

----- ✂ -----

「とら焼き宗歓」を購入したのは、
佐賀県唐津市にある「村岡総本舗」

IMG_20190125_175537

唐津市街地(唐津駅周辺)を観光で訪れたなら、是非立ち寄っておきたいお店。小城羊羹などクオリティの高い銘菓が豊富で、かつ色んな商品の試食を存分に楽しむことができる!素敵!!

IMG_20190125_175853

通販もできるみたいです↓

----- ✂ -----

ちなみに下記とは別のお店なので、聖地巡礼者はご注意を。
さが錦×ゾンビランドサガ 村岡屋コラボ商品人気 嬉しい悲鳴!工場フル稼働
これは「村岡屋」。
(イオン唐津店に店舗がある模様)

俺が今回紹介したのは、
「村岡総本舗」の「とら焼き」でした!!

食べログ グルメブログランキング

「ライ王のテラス」から「象のテラス」へと繋がっている。2つ合わせて約300m。テラスを上がったり降りたりしながら写真撮影を楽しんだ。リサーチ不足だったため最初は象を歩かせる路で象のテラスなのかなと思っていたが、どうやら違うようだ(笑) また、テラスから東側に見える連なって建てられた謎の塔「プラサット・スゥル・プラット」も壮観。


象のテラス

象のテラス 3つの頭を持つ象
いったんテラスから降りて正面から撮影。この写真ではちょっと分かりにくいと思うが、3つの頭を持つゾウの鼻が中央の柱となっている。それと外壁のゾウのレリーフにも注目

象のレリーフ2
このへんが「象のテラス」の名前の由来だろう。

象のテラスレリーフ
外壁にもテラス内部にも、見ごたえのある彫刻がたくさん。後で『地球の歩き方』を読み返すと、見逃したものがいっぱい! つくづく心残りが多い…苦笑)
【創建者】ジャヤヴァルマン七世、ジャヤヴァルマン八世改修
【創建年代】12世紀末(13世紀後半改修)
王宮前にある王族たちが閲兵を行ったテラスで、中央の階段には、ハスの花をつむ鼻を柱に模したゾウが3頭、砂岩に刻まれている。・・・「象のテラス」では、ゾウに乗ったゾウ使いたちの躍動感のある姿が見られる。実際にゾウを使った狩りはクメール時代に行われていたようだ。また、ライオンとガルーダが一体化した聖獣のガジャシンハがテラスを支えているが、その表情もそれぞれ異なっている。
テラスの内部に隠された名彫刻
テラス北側の内部には小部屋状の空間があり、保存状態のいい彫刻が見られる。5つの頭をもつ馬、ゾウの鼻で遊ぶ子供、王の馬などの象がある。

象のテラスの「王のテラス」

王のテラス 勝利の門へ続く道
象のテラスの真ん中は「王のテラス」と呼ばれているらしい。階段を上ってみる。

王のテラス
真ん中の奥の方に塔門が見えるのが分かるだろうか? 

王のテラス側から見た門
ここをくぐると王宮で、赤く輝く「ピミアナカス」を拝むことができたはずだ。
王宮の塔門前のテラスは、真正面に勝利の門から続く道が延び、王のテラスと呼ばれている。当時、戦いから戻り凱旋する将兵が王に謁見した場所であり、近隣各国の王を出迎えた場所でもあった。

象のテラスから眺める謎の塔「プラサット・スゥル・プラット」

プラサット・スゥル・プラット
【創建者】ジャヤヴァルマン七世
【創建年代】12世紀末
「綱渡りの塔」という名で呼ばれており、王宮前広場に集まった観客のために塔の間に綱を張って綱渡りを見せたという話があるが、真偽は不明。12の塔がラテライト(土の一種)を主要材料として造られており、王にささげられた宝物などを収納する儀式に用いられたと見られる。
※『地球の歩き方2017~18 アンコール・ワットとカンボジア』より
俺の写真では(小さくて見にくいけど)、5つの塔が連なって写っている。実際目にすると壮観!
所々に生えてる木々もめっちゃデカい。この日、ちょうど下の広場に居た時にスコールに見舞われたのだが、この写真に写ってるデカい木のどれかで雨宿りができた。


象のテラス 終点

象のテラスを歩く
さすがに本物の象は歩いていないはず…w
でも、象も歩けそうなくらい広々としていて開放感がある。

象のテラスからバプーオンへ
「象のテラス」終点は、「バプーオン」の入口へとつながる。この時の光景がなぜか、俺の中ではとても印象に残っている。

ジャヤヴァルマン七世によってあえて、「象のテラス」が前時代の遺跡である「バプーオン」(創建者:ウダヤーディティヤヴァルマン二世)と一体化するように造られたらしい。

----- ✂ -----

「象のテラス」からは色んな景色が見える。時の為政者の心情さえも、覗きこむことができた。

前回のB’z記事の流れから、
改めてご紹介したいB’zのこの曲



B'z『一心不乱』

一心不乱
B'z
ロック

さえない気分で ひろげた
傘の骨は 折れまくり Rainy day
一心不乱に 何かしてみたい
誰でも そう 悩みもだえる
想像してる 暗い未来のヴィジョンは
思い出の 寄せ集めなのに
※『一心不乱』歌詞引用:j-lyric.net

一歩でも半歩でも、
踏み出したい(現状を変えたい)人

一心不乱3

なんで人は踏み出せないのか?
想像してる 暗い未来のヴィジョンは
思い出の 寄せ集めなのに
つまりこういうこと。

B'zには他の曲にも似たようなフレーズある。『ここから』という曲。シングル曲『SUPER LOVE SONG』の2ndビートで『一心不乱』とリリース時期も近いから、稲葉さんもそういう時期だったのかもね…
記憶をたよりに生きてる生物
期待も怖れも記憶の産物
※『ここから』歌詞引用:j-lyric.net
記憶が象る「怖れ」の部分がデカくて、どうしても何かを始めて失敗する自分の姿をイメージしてしまう。

一心不乱4

でも、そんなウジウジした気持ちをいつまでも抱えて悩みもだえててもしょうがないから、とりあえずそんなんどうでもよくなるくらい何かやってみようぜ!っていう感じなのが『一心不乱』という曲だと思う。まあ現実はそれがなかなか難しいんだけどね(苦笑)
一心不乱に 汗をかきまくれ
不安を全部 忘れるほどに
最善つくせ 限界はそこじゃない
才能だとか 運だとかは二の次
ケチな弁明なら 捨てちまえ
※『一心不乱』歌詞引用:j-lyric.net

…怖れるなかれ。

一心不乱5

この曲のモチーフは、
あの松本さんだぞ!!
っていうメッセージ性も感じたり。

壁にたてかけたギターの弦を
はりかえて 思いっきり かき鳴らせ
一心不乱に その腕を磨け
何の役にも 立たなくてもいい
※『一心不乱』歌詞引用:j-lyric.net
結果、松本さんはめちゃくちゃ役に立っとるけれども(笑)

ここは気の持ちようの話なんだと思う。打算的なことばかりを考えていたら、いつまで経っても一心不乱にはできないから。そういうのを超えて「一心不乱にやり切った」という経験は、その人の血肉となって後の人生の礎になるはずだ。

めちゃくちゃ辛い仕事だった俺の前の会社で、逃げずにやり切った同期の友達が「前の会社で働いた7年間で、無駄なことは何ひとつなかった」と言い切ったみたいに――

合わせて読んで欲しい関連記事:「踏み出さなきゃ始まらない」ということ。そしてB'zのあの曲、何やったっけ?

----- ✂ -----

『一心不乱』は2007年リリースのアルバム『ACTION』に収録されていて、まさしくACTIONというテーマを色濃く反映する1曲。この頃を境にB’zの音楽は、人の成長や挑戦を鼓舞したりストイックな精神性を讃えるような色合いが強くなったように思う。…これはあくまで俺の考えね。応援歌の極みのような『Ultra Soul』は、その前からあったワケだし(笑)

でも『ACTION』以前は、やっぱり王道の惚れた腫れたや男女関係の不和を歌う曲たちの方が圧倒的に強いような気がするのよ。10年~15年もそれを中心にやり続ければさすがにもう出し切って行き詰って、そして自らも変わらなきゃというB'zの強い意志がアルバム『ACTION』に込められているというストーリーを妄想するのが、俺は好きなんだよね(笑)

一心不乱6

そしてライブでは、B'z LIVE-GYM 2008 -ACTION- の4曲目に登場。ちょいちょい貼り付けている画像は、もちろんそのキャプチャーです。

一心不乱1
この曲で終始、松本さんがじゃんじゃかとギターをかき鳴らしている感じが凄く好き。

一心不乱2
それと冒頭、稲葉さんのフィンガースナップにも注目!

↑このページのトップヘ