まだやだ僕は眠らない

I will survive. B'z全曲登場させるまで… 終わらない 終わりじゃない(B'zとグルメ、旅行記事がメインのブログです)

車を降りてから「袋田の滝」とその周辺の観光で約1時間半くらい歩き回ったところで、小腹が空いてきた。寒すぎて、昼食で行った土浦のマグロ刺身食べ放題がふるわなかったから(笑) とはいえ、夜はラーメン食べるのを楽しみにしていたので、ここでガッツリ定食ってわけにもいかない…

<関連記事>
こういう時に、サクっと少量・少額でご当地グルメが食べれるといいよね!そんな俺たちのニーズに応えてくれたのが、袋田の滝入口目前のお食事処「滝見屋」さんです!! 実は滝を見に行く前から目をつけてましたよ!!

IMG_20190209_153313


袋田の滝お食事処「滝見屋」

IMG_20190209_153104
これは「袋田の滝」ふもとの町並みでよく目にする光景。でも、俺も妻も一目見て「滝見屋」さんのがいちばん印象に残っていた。何をいくらで売ってるのかが分かりやすいし、何より売り子のお兄さんの威勢が良くて素敵。

そして俺たちのお目当てはけんちん汁。けんちんそばや定食メニューじゃなくて、けんちん汁単品を1杯300円で販売してくれるのが嬉しい! ここで、俺らの予想ではてっきり紙皿に入ったけんちん汁が出てきてその場で食べるもんだと思っていたんだけど… ?

単品でも頂けるけんちん汁

IMG_20190209_151832
けんちん汁単品だけでも店内に入れてくれた! しかもちゃんとしたお椀に盛られて予想以上のボリューム!! 甘口でしょうゆ仕立てのけんちん汁が冷えた身体に浸みわたる… 野菜の素朴な味わいがイイよね

更に、「寒かったでしょ~?温まっていって下さーい!」と、妻のそばにストーブを移してくれるお兄さんの神対応が光る!! こんなんしてくれたら、もっとお金落として行きたくなるんだよね(笑)

奥久慈名物しゃもテール

IMG_20190209_153313
というワケで店内でくつろいだのち、ちょっと気になっていたしゃもテールの炭火焼き串も食べ歩き用に購入することにした。「袋田の滝」一帯の奥久慈(おくくじ)ではしゃもが名産品らしい。
奥久慈しゃもには「育ちのよさは味に出る」という言葉がしっくりきます。奥久慈大子町の大自然の中、穀物や青菜などを与えられ、充分な運動をしつつ、悠々と育つのです。一方、奥久慈しゃもは、オスの場合、120日で2.6キログラム、メスにいたっては150日で2.1キログラム程度なのです。 地鶏と呼ばれるものは、全国に百種類以上いますが、ブロイラーとのかけ合わせがほとんど。しかも飼育期間も大抵80日以内で100日を超えるものは奥久慈しゃもや比内鶏など数えるほどしかいません。 もともと、しゃもは、気性が荒く、群れで飼うのは難しい種ですが、肉、卵ともに味が優れていることから、茨城県養鶏試験場が改良。奥久慈しゃもが誕生しました。肉質は低脂肪で歯ごたえ抜群。ブロイラーの水っぽい弾力のない肉と違い、締りがあり、深い味わいが特徴です。
※大子町観光協会HPより

味付けは塩かタレか選べる。どっちにするか迷っていたらまさかのハーフ&ハーフを提案してくれた。新しい!!笑

IMG_20190209_153557_1
しゃもテールってぼんじりとは違うのかな?鶏皮よりも肉厚だけど食感は似ている。表面はパリッと、内側はその食感を楽しむ感じの焼き上がりで、ジュワっとあふれ出る脂の味わいが旨い。塩・タレどっちもイケるので、ハーフ&ハーフ(上半分が塩で下半分がたれ)で食べるのが間違いない。このサービスは「滝見屋」だけかも!?

----- ✂ -----

「滝見屋」には芸能人もよくお忍びで来ているらしい!お兄さんは「自分が居る時は、オリンピックおじさんしか来たことない」らしいけどww

店舗情報(食べログへリンク)

IMG_20190209_151110
滝見屋

関連ランキング: | 袋田駅

食べログ グルメブログランキング

☞帰りの寄り道へ続く

hinotori_alone
これは味の素スタジアム千秋楽の時の写真のようだけど、俺が参戦した9/1福岡ドームの時も同じ演出があった。

B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!” のステージで披露された演出が、30周年のライブで再び蘇ったのだ!稲葉さんのピアノ演奏と、そのピアノの上に立つ松本さんのギター演奏。まさかこれを自分が生で拝める日が来るなんて


…とここで、すかさず隣の友人Dが突っ込みを入れる。

D「松本さん、あれはミュージシャン的にどうなん?笑」
※あれ=ピアノの上に立つこと

俺「・・・ほ、ほら。ロックミュージシャンって演奏しながらギターへし折ったりするやろぉ!?」

…という一幕がw

彼は本気で良し悪しを問うているわけではない。言いたかっただけ。過去にこういう演出があったことを知らない彼が俺と同じレベルで悦に浸るのは難しく、ただただ目の前の事象を素直に受け取って時には自身のセンスの赴くまま反射的に突っ込みいれたりしながらライブを楽しみたいだけなのだ。そういうのも ♪アリっちゃアリ~(B’z『DIVE』より)


と言いながら、当時は俺自身が「おま、気分壊すようなこと言うなよ💢」とムッときたのが正直な話で、自戒も込めてこれを書いている(笑)

こういうのはお互いのセンスの応酬なのだ。感情的になってはいかん。「大丈夫、まっちゃん昔はあそこで更にタバコ吸ってたから!!」と、余裕たっぷりに切り返してた方がセンスよかったなぁ~(悔)



12曲目『ALONE』

ALONE
さて、本題。

友人驚き(笑)の演出が登場したのは、
B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
12曲目の『ALONE』

ALONE
B'z
ロック


ALONE 僕らはそれぞれの花を
抱いて生まれた 巡り逢うために
※歌詞引用:j-lyric.net

ALONE2
現地で稲葉さんばかりに見惚れていたら、いつの間にか松本さんが地上に降りていたことを思い出す(笑)「あれ、松本さんどうやって降りた!?」と。イリュージョン?笑 実は、グランドピアノの裏にちゃんと階段があったんだね。

ALONE3
トリル奏法(隣接した2つの音を交互に何度も弾き鳴らす)のシーン。ピアノの上に置かれているのは水とハーブティかな?稲葉さんが適宜、片手で演奏続けながらも喉を潤すシーンが印象的だった。

俺は9/1の福岡ドーム現地で、稲葉さんが喉を潰す瞬間を見てしまっているから、そういう一挙一動がなおさら気になってしまう。

しかし、そんな心配をよそに、この次の曲で稲葉さんは最高のシャウトとパフォーマンスを披露してくれる。福岡ドームの時もそうだった――

☞Love Phantom Opus2 HINOTORI に続く

B’z DVD & Blu-ray「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」2019年3月13日リリース決定!!

うれしいぃぃぃ!!!!!
今作オリジナルの新たな編集でお届けする、31年目に踏み出した9月22日ツアーファイナル・味の素スタジアム公演の全曲に加え、30周年を迎えた9月21日までを追う、日替わり曲フル6曲を含むツアードキュメンタリー、そして「LOVE PHANTOM」の続篇として書き下ろされた、本ツアーを象徴する新曲「HINOTORI」を初CD化で収録。 30年にわたりB’zと共に歩んできたオーディエンスとの繋がりから生まれる一体感、また、ベスト選曲を次々と繰り出すステージングとその裏のストーリーを一体化させた、満を持して発売する映像作品です。
※B'z Official Website|NEWSより

2019年2月9日(土)、東京から茨城へ日帰り旅行。今回は珍しく妻が行先をリクエストしてくれた。

そこは日本三名瀑のひとつ「袋田の滝」。しかもこの時期は氷瀑(滝が凍ってしまった光景)を拝めるかもしれないとのこと!

【冬だからこそ味わえる絶景】日本三名瀑「袋田の滝」の氷瀑とは?
冬の間に凍ってしまった袋田の滝では、他の季節で聞こえるような水の流れる音は聞こえません。澄みきった空気と静寂、そして美しい氷瀑。冬にしか味わえない袋田の滝を訪れてみてはいかがでしょうか?

…とはいえこの日、よりにもよって今季最強の寒波とバッティングしてしまった。関東全域で雪が降り、つくば辺りですでに積雪を目撃していたので、その更に北方に位置する「袋田の滝」までたどり着くことができるのか――? 

いくら行きたいとは言え、ノーマルタイヤで無理はできない。今回得た教訓は、今後この時期のレンタカーは無条件でスタッドレスタイヤ・オプションを付けた方がよさそうだと言うことである。


「袋田の滝」への道のり

東京・中野からノンストップで行けば2時間半くらい。高速道路は常磐自動車道の「那珂IC」までで、そこからは約40kmほど下道を走る。正直、この前に「土浦魚市場食堂」で震えながらマグロを食べていた頃には、もう半分は「袋田の滝」を見るのを諦めていたんだけど(笑)

しかし土浦エリアを通過すると、そこから先は意外にも雪がやんできて…

CIMG1258
CIMG1260
「袋田の滝」まで滞りなく到着!!

これは嬉しい誤算、行ってみてよかった。雪はふってなくても外はめっちゃ寒いので路面凍結には注意し続けなければならないが、この寒さなら「袋田の滝」もさぞ美しく凍りついているのでは…?


「袋田の滝」最寄の無料駐車場

CIMG1261

無料の駐車場で「袋田の滝」に一番近いのは、どうやらここっぽい。いつもはすぐに満車になると聞いていたが、この日の寒さで観光を断念した人も多かったのだろうか?空いていたのでスムーズに駐車することができた

「ここから滝まで歩くのが遠い」と言うコメントも目にしたが、入口のトンネルまで徒歩20分程度と俺たち的には別に許容範囲。むしろ最近は歩くのが旅の醍醐味くらいに思うようになってきたので、是非歩きたいw
※これより先の駐車場はだいたいどこも有料で500円くらいかかるようでした。


日本三名瀑「袋田の滝」

この滝は別名「四度の滝」とも呼ばれています。西行法師がこの滝をみて感嘆し「これは四季に一度ずつ来て見なければ新の風趣は極められない」といって季節の移るたびに訪れたと伝えられています。 (トンネル内の掲示より)
IMG_20190209_140418
入場料は大人一人300円
珍しいのがトンネルをくぐって滝まで行くこと。

IMG_20190209_140559
第1観瀑台はエレベーターにのらなくてもアクセスできるので、そこまでならペットも連れてOKだ。ワンちゃん連れてきている人が結構居た。

IMG_20190209_140620_1
時期によってはこのトンネル内でかなり見ごたえのあるイルミネーションを拝めるらしい。妻はそれを超楽しみにしていたようだが、残念ながら1月末で終了した模様… まぁそれはそれで、また次回行く理由ができたなw 
袋田の滝ライトアップ「2018大子来人 ~ダイゴライト~」【11月1日(木)〜2019年1月31日(木)】 | 大子町観光協会


第1観瀑台から見上げる景色

IMG_20190209_141455
こんな光景見たことない!
穏やかに凍りついた氷の部分と、白糸のように枝分かれして流れる水の部分と、両方を見ることができた。イイトコどり?滝の轟音や迫力よりも、氷と水のコントラストの美しさを楽しんだ。

これで滝の何割くらい凍っているのだろうか?これが水の流れが完全に止まるほど凍りつき、氷の層が幾重にも重なって竜の巣みたいになった光景を真の氷瀑と言うんだろうな。それもいつか見てみたい

IMG_20190209_143809
滝の一番下の方。
第1観瀑台では滝のふもとに近い位置で、見上げるようにその光景を眺めることができる。これは確かに、水が大量に滞りなく流れる季節の「袋田の滝」も見てみたい。それはどれほどの迫力なのか…


第2観瀑台から見下ろす景色

IMG_20190209_141826
エレベーターを使って第2観瀑台へ。そこから「袋田の滝」の最上段を望むことができるらしい。そういえば、この規模の滝を上から眺めることができるのって日本でも有数なんじゃなかろうか?


IMG_20190209_142319
これが第2観瀑台からの絶景。
第1観瀑台から見上げた景色とイメージをつなぎ合わせて、4段構成と言われる「袋田の滝」の全貌が見えてくる。なんて粋な魅せ方をする観光地なんだと感動…

IMG_20190209_143033 (1)
こういうインスタ映え狙う的な写真も撮ってみたり(笑) しかしこの場合、カメラワーク的にフォーカスを当てるべきなのは雪だるまの方なのか? よーわからんから誰か教えて欲しい(スマホで撮ってます)


吊橋で震えながら眺める景色

エレベーターを降りて、名残惜しいのでもう一度第1観瀑台へ。そしてそこから、帰り道には吊橋コースを選べることを認識する。

IMG_20190209_144217

「THE 吊橋 オブ 吊橋」とでも言うべき徳島・祖谷の「かずら橋」をすでに経験してきた俺たちである

IMG_20190209_144623
今さらこんな近代的な吊橋にビビるこたーない…

IMG_20190209_144635
えええェー。。
多人数って目安どれくらいよ?笑
後ろに中国人の団体客が控えてるんやけど。噂の「暴れ小熊」かもしれない荒ぶる子供たちもいっぱいいるんだけど…怖

彼らとバッティングする前にそそくさと渡りきることに。



意外とかなり揺れる

やっぱ吊橋ってスリルあるわ—— 
震えながらそれでもがんばって、撮影した吊橋からの景色がコチラ

IMG_20190209_144656
たぶん、滝の一番下の4段目が綺麗に見えるのがこの吊橋からの景色。
さらに雪が舞ったこの日は、滝とは反対側にも素敵な光景が広がっていた。

IMG_20190209_144732
「シュークリームみたい」とウチの妻(笑) 岩肌の苔の上に雪が絶妙に降り積もって、それが何とも美味しそうな光景に… 大雪だったらこうはならなかったはず(というか「袋田の滝」までアクセスできなかったはず笑)

IMG_20190209_144937
というわけで、怖くても「袋田の滝」からの帰り道には吊橋を渡るのがオススメ。想像以上の揺れで、途中で腰引けて動けなくなる人も居たけどww

----- ✂ -----

さて、そろそろ小腹が空いてきた。

2019年2月9日(土)
せっかくの3連休スタートなので、レンタカー借りて日帰りで茨城県に行くことに。
“史上最強の寒波”到来!東京の3連休は「雪に始まり雪に終わる」かも!?
マジかよ… そして当日、まさかの雪(笑)
ニッポンレンタカーの人からも「決して無理はしないで下さい」と言われて、肝に銘じて出発するのであった。。

そして東京中野から出発して約1時間。途中つくば辺りで高速道路から見えた田んぼへの積雪光景に怯えながらも、なんとか最初の目的地「土浦魚市場食堂」に到着したのだった。


「土浦魚市場食堂」土曜日だけのマグロ食べ放題!!

IMG_20190210_221224
無事到着! 
しかし、外は見ての通り雪で目茶苦茶寒い。

IMG_20190209_111300
これが噂の「マグロ食べ放題」。こんな場所があるとは! 
なにしろ東京にきてマグロの魅力を知った俺たちである。だいぶテンションは高め。

IMG_20190209_104136
店内は魚市場と隣接しており、吹き抜けのため外とおんなじくらい寒い。テーブルにはストーブがいくつかあるものの、外気による気温低下が圧倒的に勝っている感じだ。

なので、冬に行く時はご注意下さい。


マグロ食べ放題 1,050円(税込)

IMG_20190209_104554
食べ放題なのはマグロだけじゃない。ご飯とあら汁もおかわりし放題である。
それに最初はマグロのほかにブリとイカの刺身、寿司3貫まで付いていた。

更にサラダや煮物のサイドメニュー↓も自由にとることができる。これで1,050円(税込)って、破格のコストパフォーマンスじゃなかろうか?


IMG_20190210_221548
IMG_20190209_104740
IMG_20190209_104738

この日はとにかく寒かったんだけど、
それを凌駕するほどに俺たちの期待値が暖まったところでいざ実食である!!

まずはあら汁。うめぇ~~!
アッツアツの旨い出汁が、冷えた身体に浸み渡る。

そして次は煮物を…


煮物、冷たッ!!!

ここは完全に、期待を裏切られる形になってしまった(笑)
食べ放題のサービスと、料理の温度管理が完全にトレード・オフ状態。まあこれは驚異のコスパなんだからしょうがないと納得はできる。それに味はイイのだ。


肝心のマグロの刺身もちゃんと美味しい。それが食べ放題って、やっぱりすげぇ。東京の回転寿司「元祖寿司」に一皿ニ貫95円の「サービストロ」っていうメニューがあるんだけど、ここのトロの味わいと似ている。
※注:俺たちは「元祖寿司」がめっちゃ好きだし、ここの「サービストロ」食べてからマグロをよく食べるようになったんで、この評価は誉めているつもりです

「マグロの食べ放題」には専用の窓口があって、そこにおかわりをお願いしに行く。ご飯とあら汁も同様である。

IMG_20190209_105819
IMG_20190209_110548
この日はブリの刺身も食べ放題だった

IMG_20190209_105836
記念すべき1回目のお替り。
この時は「後3杯くらい行ったんねん!」ていう気持ちやったんやけどな…


自分の胃袋が期待外れ。そこに合わせて最強寒波が襲いかかる…

心は「食べ放題」をめっちゃ求めてるのに、最近はそんな自分の心意気に胃袋が全然ついていかない…この日もそんな悲しい現実を目の当たりにしてしまう(泣) たった一回のマグロお替りを食べている途中で「もう無理かも」って思ってしまったw

更にそこに、吹き抜けの最強寒波が襲いかかる。残していたサイドメニューの寿司3貫が「凍ったのかな?w」って思うくらい冷たくなっていた。もうね、食べるだけで体力奪われる感じ。しかしそこでグズグズしていると、マグロの刺身の方もどんどん凍てついてゆく…
 
この日の「土浦魚市場食堂」で食べるのに時間をかけることは、料理を冬の外気にさらして冷やすのと同義だったのだ。これが完全に誤算


もっといっぱい食べたい!
でも、胃袋が付いていかない…

いや、せっかくだからここは無理してでも食べたい!
でも、寒い中で冷たいもの食べるのが超キツい…


こんな感じで、完全にデッドロック状態である。
唯一アッツアツのあら汁を3杯お替りして堪えようとしたけど、結局マグロの刺身はお替り1回だけでギブアップ。お腹はそこそこ満たされたけどせっかくのマグロ食べ放題を無駄にしてしまった感があり、不完全燃焼感が否めなかった…

----- ✂ -----

というわけで、冬に「土浦魚市場食堂」に行く際はご注意下さい。すごく寒い中で刺身を食べまくろうとするのは大変な行為でした。

もう少し暖かくなったらリベンジしたい気持ちも多少あるのだけど、もはや俺は「食べ放題」というコンテンツ自体をあきらめなきゃいけない年頃なのかもしれん(哀)

店舗情報(食べログリンクとGoogle地図)

IMG_20190209_113743

食べログ グルメブログランキング

----- ✂ -----

そして俺たちは、茨城県内の次の目的地へ出発する。

☞続く

IMG_20190207_212257
ドーーン!!!
インパクトがあるので早速写真から紹介する「とら焼き宗歓(そうかん)」。ピンク色の餡は「紅餡」で、中にはところどころに白いんげん豆がちりばめられている。全体的に甘さは控えめ、だからこそ白いんげん豆のほんのりとして自然な甘味も感じることができる。

IMG_20190207_212210
生地はしっとりふわふわ、こちらも甘さは控えめだ。袋のデザインも面白い。ピンク×黄色なんて、なかなか見ない組み合わせじゃない? これをお土産でもらったら印象に残るはず


IMG_20190208_230530
そう思って会社へのお土産で購入したのだが
1個だけ…  辛抱堪らず試しに自分たちで食べてみたところ、想像していた以上に美味しかったのだ。


そしてやっぱり今回突発的に佐賀へ帰省することになった事情を鑑みるに、有休をもらったとは言え会社にお土産を買って帰るのは不適切ではなかろうかという結論に思い至り、全部自分たちで食べることにした(決して、美味しかったから人に渡すのが惜しくなってしまったワケではないww)

毎日食べても飽きのこない美味しさ。実際、毎日妻と半分こしながら食べている(笑)

----- ✂ -----

「とら焼き宗歓」を購入したのは、
佐賀県唐津市にある「村岡総本舗」

IMG_20190125_175537

唐津市街地(唐津駅周辺)を観光で訪れたなら、是非立ち寄っておきたいお店。小城羊羹などクオリティの高い銘菓が豊富で、かつ色んな商品の試食を存分に楽しむことができる!素敵!!

IMG_20190125_175853

通販もできるみたいです↓

----- ✂ -----

ちなみに下記とは別のお店なので、聖地巡礼者はご注意を。
さが錦×ゾンビランドサガ 村岡屋コラボ商品人気 嬉しい悲鳴!工場フル稼働
これは「村岡屋」。
(イオン唐津店に店舗がある模様)

俺が今回紹介したのは、
「村岡総本舗」の「とら焼き」でした!!

食べログ グルメブログランキング

↑このページのトップヘ