まだやだ僕は眠らない

主にB'zとグルメ、旅行を題材にして自身の体験談を紹介する雑記ブログ。B'z全曲登場させるまで… I will survive. 終わらない 終わりじゃない Ah——!!!!!

妻と一緒にちょっと早めのメリー・クリスマス。「室町 美はま」大満足のディナーだった。6,000円のおまかせコースで全11品、美味しいものを少しずつ頂けるスタイルで、どの料理も本当に美味しい。味わい深くてお酒にも合う和食の数々は、誰を連れて行っても喜んでもらえそう。機会があれば、接待でも是非使ってみたい。


「室町 美はま」多数の種類を少しずつお召し上がり頂くおまかせコース 全11品 6,000円(税別)

他に8,000円のコース・10,000円のコースがある。6,000円のコースは「あまり多くの量を召し上がれない方、女性の方、ご年配の方々にお勧めです。」とのことだが、本当に美味しい料理はちょっとずつでもお腹いっぱいになるから不思議。一方で、「本当に美味しい料理はいくらでも食べれる」という性質もあるので(笑)、次回は8,000円か10,000円のコースを是非頂いてみたい。季節で料理が変わるのも次のお楽しみである。

【先 付】牛蒡豆腐

IMG_20181222_180604

牛蒡=ごぼう。この1皿目で「このお店は間違いない」と確信させてくれた。ごぼうの強い風味に始まり、クリームチーズのようななめらかな味わい。いくらもアクセントで大活躍!


【八 寸】冬白菜と炙り鶏の浸し、梅人参、黒豆・海老松葉、菜花、公魚甘露煮、数の子西京漬け、慈姑煎餅、丸十オレンジ煮

IMG_20181222_181436

一足早いメリー・クリスマスを通り越し、もはやおせち料理を先取りしている気分(笑) これがデパートに売ってあったら、めっちゃ売れるんじゃあ…? 見た目だけじゃなくて、味わいも一色単(←分かりやすいのであえて誤用)ではなくて色とりどり。素材の風味を前面に押し出した料理、優しく出汁をなじませた料理、キレのある味付けで仕上げられた料理… 

※ちなみに 公魚=わかさぎ / 慈姑=くわい


【刺 身】其の一 真はた

IMG_20181222_182904

心地いい食感と、繊細でほんのり甘い味わい。薬味は大分県産のかぼす胡椒とのこと。柚子胡椒よりもすっきりしていて野暮ったくない。醤油自体にも、濃厚な魚介類のコクがある(魚醤というヤツ?)


【刺 身】其の二 寒鰤

IMG_20181222_183407

薬味はワサビに変更。それに伴って醤油もちゃんと代えてくれる(中身はたぶん同じ)。ワサビが大根おろしみたいにサッパリしていてそんなに辛くないので、寒鰤の刺身の味わいを主体で楽しめる。脂がのってトロける美味しさ!

IMG_20181222_183506


【凌 ぎ】せいこ蟹飯蒸し

IMG_20181222_183837

実はTBSの「人生最高のレストラン」でピエール滝がこの一品を紹介しているのを見て、「美はま」に行きたくなったんだよね。蟹の味わいがこの一皿に詰まっていた。


【焼 物】鰆の味噌柚庵焼き

IMG_20181222_184450

味付けも火入れも、すごくいい塩梅で仕上げられていて感動。造りたてでほんのり温かいのも最高で、皮ぎしの油がジュウシィ!! ちなみにピンク色の巻貝みたいな添え物は、チョロギ(シソ科)と言うらしい。


【箸休め】あん肝と聖護院大根ポン酢ジュレ

IMG_20181222_185205

出汁がしみしみの大根… これだけでも絶対美味しいのに、その上に濃厚なあん肝がオン。しかもこれ、写真じゃ分かりにくいが【あん肝⇒大根⇒あん肝⇒大根】の二段重ねである!! 


【揚 物】鱈パン粉揚げ、雲子ソース

IMG_20181222_185908

雲子とは、鱈(タラ)の白子のことらしい。つまり親子丼的な一品で、その相性の良さは言わずもがな!


【酒 肴】穴子の昆布巻き

IMG_20181222_190405

しっかり煮汁の味がしみたキレのある昆布の味わいに、穴子の旨味が負けなていない。口の中で素晴らしく調和する一品。


【煮 物】ふもと赤鶏の鶏丸小鍋仕立て

IMG_20181222_191347

出汁はもちろん美味しくて一滴たりとも残せない。特筆すべきは赤鶏! ふわっふわで、赤鶏の良質な旨味が舌の上でとろけていく。


【食 事】丸雑炊

IMG_20181222_192916

なんと、すっぽんの雑炊! はじめまして!! 意外にもクセの無い味わいだけど、旨味が強くてこれは美味。もっとすっぽん料理を食べてみたくなった。


【甘 味】チョコレートムース

IMG_20181222_194031

専門外の洋菓子なのに、これも美味しい! 一品目の牛蒡豆腐を造る要領かな?笑 端正で上質な甘さが、〆にぴったりだった。


IMG_20181222_193229

温かい黒豆茶のサービスも嬉しい。ごちそうさまでした。


店舗情報(食べログへリンク)

IMG_20181222_180024

室町 美はま
夜総合点★★★★ 4.2

関連ランキング:懐石・会席料理 / 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

食べログ グルメブログランキング

PRAY_MAGIC_I will pray for you

定期的に「B'zのあの曲、何やったっけ?」と悩む事がある。「このシチュエーションにぴったりなB'zの曲(フレーズ)があるはずなんだけど…」という場合と「あのフレーズは何の曲やったかな…」という場合とがあって、今回は後者の方だった。B'zの曲で「一歩前に進める」っていうフレーズがあるのは、何やったっけ?



ずっと考えていて、ようやく思い出した!
『PRAY』だ!!

PRAY
B'z
ロック


この喜びと感動を あの人に
その悲しみと痛みを このボクに
分け与えられる日が やってくるだろうか
そこで初めて 一歩前に進める
歌詞引用:j-lyric.net
これこれ! この部分はいつ聴いてもふるえる。B'zに興味持ち始めた人の後押しするなら、是非オススメしたい曲だ。2009年リリースのアルバム『MAGIC』に収録、ライブでは2010年のツアー "Ain't No Magic" に登場した。

PRAY_MAGIC_一歩前に進める

妻にはもう何十回と語った話だが、この時連れていったB'zライブ初参戦の友人が生で『PRAY』を聴いて「あァ、泣きそう」と呟いたことがとても印象に残っている。今も昔も、そんなガラじゃないヤツなのだ。俺の方はその言葉を聞いて、胸がふるえたよね。友人をB'zのLIVE-GYMの世界に導いた、俺冥利に尽きる出来事。

PRAY_MAGIC_目力

久しぶりに "Ain't No Magic" のDVDで『PRAY』のライブ・パフォーマンスを鑑賞している。最初からすごい目力の険しい顔して歌ってるのに、2番の歌い終わりのところで、ふっ…と、優しい顔になる稲葉さんに萌えてキュン死にしそう。

PRAY_MAGIC_2番終り

めずらしくウチの奥様が洋服を欲しがっていたので、早速購入した。GUのスウェットプルパーカー、¥1,490+税。高コスパな妻である。メンズが良いらしく、せっかくなので俺も色違いを購入。ホワイトが妻でネイビーが俺。
gu1

軽い気持ちで袖を通したが、なかなかどうして傑作である。Mサイズがジャストフィットでむやみにダボつかず、そして特に着用時首回りのフードの立体感がいい感じ。安物とは思えない。俺はトゥモローランドのン万円するパーカーを所望していたが、これですっかり満足してしまった(浮いたン万円で何買おうかなw)

69_314529_mb
※画像:GU 公式サイトより



せっかくなんで、流行り? のジャケットやコートの下にパーカーを合わせてフードを襟から出すコーディネイトを試してみた。こういうやつ(画像はZARAのやつ)↓ 

0706446800_1_1_1
※画像:ZARA公式サイトより



(BGM)

僕に似合う服なんかありゃしないのよ~

ギリギリchop
B'z
ロック




…結果、なんかイマイチだった。みんながみんな似合うスタイルではないらしい。あと気付いたのは、綿とか麻素材のカジュアル寄りなテーラードジャケットとの組み合わせは、シマリがなくてだらしないシルエットになるのでオススメできないということ。

俺の持ってるジャケットとコートを総動員して試したんだけど、結局どれもしっくりこない… 妻が「アナタはパーカー1枚で着るのがいちばん似合うよ」となぐさめてくれた。でも、冬にコレ1枚はさすがにキツいぞ。。。



で、どうなったかと言うと、冬の間は妻が着ることに(笑) 彼女にとってはワンサイズ大きくても、ルーズな着こなしがサマになっている。喜んでいた。ちゃんと俺のところに返って来るのだろうか?w

元々、「エックスサーバー&ワードプレス」という王道でブログを書いていた俺。しかし、ちょっとそのブログとは毛色が異なるような、というか単なる日記的な文章も書いてみたくなり、はっきりと区別するためにライブドアブログを活用してみることにした。そして、ワードプレスの方で使用している独自ドメイン(guchiyama.com)に対してサブドメインを追加し、そちらをライブドアブログの方で使用するという形にしてみたいと思った。心機一転… しかしそれが結構厄介で。エンジニアでもなんでもない販売職ひとすじの俺がトライするには、ちとレベルが高い作業だったのである。


なぜ難しいのか? まず「ワードプレス(エックスサーバー)に独自ドメインを設定する方法」については、非常に多くのブロガー達がこぞって懇切丁寧にその手順を記事にまとめて公開している。「我こそは分かりやすく!」と検索流入を競い合っているようで、内容はほとんどみんな同じなのだが本当にご苦労なことだ。

とはいえ俺もワードプレスブログの立上げ当初は、どなたかの解説記事に大変お世話になりました。これらは、ワードプレス単独でブログを運営する場合においては、確かに役に立つ。しかしここで問題となるのが、ネット上に氾濫している「ワードプレス(エックスサーバー)の独自ドメイン設定方法」だと、その後の「ライブドアブログに独自ドメイン(サブドメイン)を設定する方法」とは相容れなくなってしまうということだった。


非常に厄介な、ブロガー達による類似記事の乱立問題

エックスサーバーで独自ドメインを使用するためには、ドメインのネームサーバーをエックスサーバー指定のものに変更していただく必要があります。
※出典:エックスサーバーマニュアル|ネームサーバー設定

グーグル検索結果に五月雨で表示されてくるブロガー達のどの記事を読んでも、上記引用の「ネームサーバー設定をやれば大丈夫!」みたいなノリである。標準的な方法なのでそれは仕方がないのだが... しかし、この方法をとってしまうと、独自ドメインはエックスサーバー(ワードプレス)での使用に限定されてしまう。この状態でライブドアブログに独自ドメイン(サブドメイン)を設定してみても、待てど暮らせどその設定は反映されない。その上厄介なのが、ネット検索でこの事実について触れている記事が全然見つからないことである。

つまり、ワードプレスで使用中の独自ドメインを、サブドメインを使ってライブドアブログやはてなブログでも使用(併用)する方法が解説された記事も全然見つからないのだ。色んなキーワードで検索試したけど、タイトルは違えどだいたい以下の3パターンのブロガー記事ばかりが検索上位に…

  1. ワードプレス(エックスサーバー)で独自ドメイン設定 
  2. ライブドアブログで独自ドメイン設定 
  3. ライブドアブログからワードプレスへ引っ越し(あるいはその逆)

まじ邪魔!! 

繰り返しになるけど、1の記事はワードプレスの単独運用を想定して書かれているから、今回のケースでは役に立たない。そもそも、俺みたいなことをしたがる奴が少数派なのだろうが…

しかし、多くのブロガーにとって「ブログで独自ドメインを使用する」というのはブログ界に新規参入しようとする人々のアクセスを集める格好のネタであり、それ関連のノウハウを語る類似記事が無駄に大量生産されている現況はいただけない。結局彼らは専門家ではなくて、人に「教えたい」よりも「稼ぎたい」みたいな思惑が先行する輩が多いから、その内容は限定的な二次情報、三次情報…に過ぎない(しかもみんなやたらと断定的)。それを全員で一斉発射!ネット検索ページに数うちゃ当たる的でハタ迷惑な弾幕を張るのである。その結果俺は、クリックしては外れ、クリックしては外れ… と、まともにネット検索で調べものしたいユーザーが損をしているのだ。これはブロガービジネス界隈の隆盛がもたらした構造的な欠陥だと思う。「ブロガーが次世代の出版社」とか言って煽った奴誰や!! ※高知の山奥の某プロブロガーインフルエンサー(笑)


…さて、話が逸れたけど、この独自ドメイン(サブドメイン)設定の問題を解決し、このたび晴れてライブドアブログデビューができました。当ライブドアブログは「diary.guchiyama.com」。元々のドメイン「guchiyama.com」を使用しているワードプレスブログもちゃんと生きています。問題解決方法については、そっちの方で記事にして解説しようと思う↓

このブログ『まだやだ僕は眠らない』は、本当に気楽に日記を書くような使い方をしたい。「今日は○○を食べました!(゚Д゚)ウマー!! (おわり)」みたいな!

↑このページのトップヘ