まだやだ僕は眠らない

主にB'zとグルメ、旅行を題材にして自身の体験談を紹介する雑記ブログ。B'z全曲登場させるまで… I will survive. 終わらない 終わりじゃない Ah——!!!!!

「五個のリンゴを持った子供が三人います。リンゴは全部でいくつでしょうか」という算数の問題があったとする。これに対し、もし自分の子供が「3×5=15」と解答して×をつけられたとしたら、あなたはどう思われるだろうか。
学校に目茶苦茶抗議するやろうねw 「納得のいく回答を得るまで帰らん」というモンスター・スタイルで。ていうか俺も、問題読みながら頭ん中で「3×5」を想像したし。

掛け算の式の順序は「掛けられる数」×「掛ける数」の順となっていなくてはならない。このため「5×3=15」と書かないと正解にならない――という指導が、実際に行われている。
国語の読解力的な? でも多分「3×5=15」と解答した子供は、3×5も5×3も問いに対する答えが同じだということをちゃんと分かってやっててるはずなんだよね。その上で、その子にとって合理的な(やりやすかった)計算式を結果的に記述してしまっただけで。それをあえて×にして、そんなしょうもないところで挫折を味あわせるってどうなの? むしろ、柔軟な思考や応用力を褒めてもいいくらいじゃないかな?? ×をつける教育上のメリットがあまり理解できない。

教えられた通りに答えないと×にされるという恐怖は、子どもたちを委縮させ、柔軟な発想を縛ることにつながる。上司に対する忖度力養成を目指すならこうした教育法もよいだろうが、イノベーションを生み出す人材の育成には、最も不向きな方法であるに違いない。
忖度力養成ww それは、確かに(笑) 合理性を無視してまで自分の考えや方法に固執し、かつそれを人に押し付けてこようとする人は過去にたくさん居た。ウチの妻が職場でいちばん嫌がっていたタイプ。俺の場合は適当に忖度して、その人の好ましいように動いてご機嫌とるのが得意なんだけど(笑) なんとなく「この人はこれを否定するとめっちゃ怒るんだろうな」ということを察することができる。これが学校教育の賜物だったのか!

×をつけた教師が、「私自身には教育的意図や信念は特に無いんですけれども、お子さんの忖度力養成のために×をつけました。私のこの行動もまた、お上を忖度した結果に過ぎません。」くらいの清々しく正直な説明をしてくれたら、とりあえずその場は納得して帰ってもいいかな(笑) そんな学校には通わせたくないのが本音だけれど。

※引用:文藝春秋2019年1月号『数学の科学』(佐藤健太郎) より
別の記事を検索する↓

クリスマス当日、まさかの二夜連続でコンビニのフライドチキンが我が家の食卓を飾る(笑) そもそもこういう時節じゃないと買うことないしな。次買うのは…また1年後?w

前回は「ローソン VS ファミマ」で食べ比べをしたが、そこから『続・コンビニ編』とくれば今回エントリーするチキンはアレしかあるまい。


IMG_20181225_200149
セブンイレブン「新・ななチキ(骨付き)」税込298円 期間限定特価税込278円。…1本あたりの金額はぶっちぎりでNo.1(笑) 

IMG_20181225_200434
サイズは他のコンビニチキンよりも大振り。化粧箱もそうだが、チキンの持ち手のところにもクリスマス仕様の装飾が施されており、高級感においても一線を画す。だから高いのか? まぁ問題は味だよ。※以下は主観的な評価です。


セブンイレブン 新・ななチキ(骨付き)

暫定トップはローソン 黄金チキン(骨つき)である。果たして…? 

(BGM)はもちろん、B'zがセブンイレブンのために書き下ろしたこの歌。

♪I'm a champ, I am a champ~
♪ぶっちぎ~る ぶっちぎ~る~

CHAMP
B'z
ロック



面目躍如となるか。
勝者、、、

bz7

セブンイレブン 新・ななチキ(骨付き) !!

決してB'zで贔屓しているワケじゃなくて、味に関して言えば間違いなくNo.1。どのコンビニよりもカリっとした衣にジューシーなお肉、味付けも申し分なし。ただ、ローソン 黄金チキンが税込190円でセブンイレブン 新・ななチキとは100円も差があるので、価格も考慮すると甲乙つけ難し…

味で言えばセブンイレブン、コスパで言えばローソン、どっちも勝ちって言ってお茶を濁そうか(苦笑。

関連記事

別の記事を検索する↓

クリスマス・イブ、我が家の食卓を飾るのは主にコンビニのフライドチキン。せっかくなのでローソンとファミリーマート、どっちのフライドチキンが美味しいか食べ比べてみた。※以下は主観的な評価です。

IMG_20181224_192303
ローソンからは「黄金チキン」190円がエントリー。
※参考:黄金チキン・からあげクン|2018クリスマス|ローソン

IMG_20181224_192316
ファミリーマートからは「プレミアムチキン」198円 期間限定特別価格183円がエントリー。
※参考:ファミクリ!2018 チキン|キャンペーン|ファミリーマート

そしてラウンドガール的な位置づけで試合に華を添えるのは妻のお手製サラダ(笑) 「期せずしてクリスマスカラーになってしまったw」とのことで、食卓を鮮やかに彩る。

IMG_20181224_193241

さて、コンビニチキンをそれぞれ開封して並べてみる。ちなみに皿も妻の手造りだ! 右がローソンの「黄金チキン」、左がファミリマの「プレミアムチキン」

IMG_20181224_193210
…しまった、階級が違う!!笑 
骨つき肉と骨なし肉を比べるのは、我ながらどうかと思う。。この時点で情報としてはあまり役に立たず無効試合の様相を呈してきたのだが、それでも「どっちがウマかったのか」はハッキリ述べておこうと思う。


ローソン 黄金チキン(骨つき)
VS ファミマ プレミアムチキン(骨なし)

(BGM)
♪I'm a champ, I am a champ~
♪ぶっちぎ~る ぶっちぎ~る~

CHAMP
B'z
ロック




勝者、、、

PRAY_MAGIC

ローソン 黄金チキン(骨つき) !!

ぶっちぎりでこっちの方がウマかった。カリっとジューシーで味付けも親しみ深い。一方ファミマ プレミアムチキンは、お店のフライヤーの問題かもしれないがカリっとしておらずジューシーさもやや不足気味。これらについては(骨なし)であることに起因している可能性も否めないが、それ以前の問題として何よりハーブの味付けが微妙… 高い確率で(骨あり)も同じ味付けだろうから、それならもう個人的にはファミマの「プレミアムチキン」シリーズはノーセンキューかな。

つづき↓
別の記事を検索する↓

2018年、特に印象深かった体験と言えば、B'zの30周年ライブ B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- に、2回も参戦できたことである。1回目は8/5の日産スタジアム、B'zが30年間積み重ねてきたものを惜しげもなく見せてくれる圧巻で最高のライブだった。2回目は9/1の福岡ドーム、この日のライブは「事件」だった。
1曲目『ultra soul』から稲葉さんの調子がおかしい。2曲目『BLOWIN'』でそれはより顕著に、3曲目『ミエナイチカラ』ではサビの高音が全く出なくなった。痛々しいかすれ声に会場がザワつく。そしてライブは一時中断… この後再開するのは、絶対に無理だと思った。正直、この日はもう諦めて欲しいとさえ思ってしまった。しかしそれでも、B'zはこの日ライブを続ける決断をした。


5曲目 Wonderful Opportunity

こんな状況だったからこそ、ライブ再開後の『Wonderful Opportunity』がとても心に響いたのだ。この日自らを「プロ失格」と言いながらそれでも「今日の私の姿を見て行って欲しい」と語った、稲葉さんの心境をそのまま表すかのような歌詞が胸に突き刺さる。

wonderful oppotunity2
Wonderful Opportunity
B'z
ロック

逃がさないで 逃げないで
胸の痛みと手をつないで 明日を迎えよう
イヤな問題 大損害 避けて通る人生なら論外
生きてるからしょうがない
シンパイナイ モンダイナイ ナイ ナイ ザッツライフ
歌詞引用:j-lyric.net

「諦めて欲しい」なんて思った自分に猛省である(苦笑) そういう人達じゃないからこそ、こういう歌を熱く演奏できるんだった。この日確かに「プロ意識」という点では稲葉さん自らが言うように「失格」だったのかもしれないけど、その後見せてくれた「プロ根性」はいつものハイ・クオリティなステージ以上にオーディエンスの心を震わすものがあり、8/5の日産スタジアムとはメッセージ性が異なる別次元のショウとして成立していた。やっぱりB'zのライブはすごい!

wonderful oppotunity3

それと、『Wonderful Opportunity』のパフォーマンスの見どころと言えば「♪シンパイナイ モンダイナイ ナイ ナイ ザッツライフ イッツオーライ~」のところの振り付け。

wonderful oppotunity
ステージでは過去のライブ映像とシンクロ。大学生の時、左右どっちの映像も学校のPCからYoutubeでめっちゃ見て振り付け練習したわ~ww 難易度はやや高めで、『恋心』の振り付け程メジャーではない。そんな俺の青春時代の成果を、ついに10年後の30周年ライブで披露する機会が!! 稲葉さんへのエールも込めて、俺は必至に踊った。…9/1の福岡ドームへ一緒に行ってくれた友人(ライトなB'zファンw)が、そんな俺を見てポカーン…笑

☞6曲目『光芒』へ続く

あるいは、【B'z30周年ライブ「HINOTORI」を語りたい】全記事をまとめた『グチヤマ.com』の記事からご覧下さい↓


『Wonderful Opportunity』が登場する過去ライブ

別の記事を検索する↓

PRAY_MAGIC1
いなば違い!

IMG_20181221_235215_1
クオリティ高すぎ、コスパ良すぎ!!


続きは「グチヤマ.com」へ

別の記事を検索する↓

↑このページのトップヘ