まだやだ僕は眠らない

主にB'zとグルメ、旅行を題材にして自身の体験談を紹介する雑記ブログ。B'z全曲登場させるまで… I will survive. 終わらない 終わりじゃない Ah——!!!!!

本日は新宿スタジオのAISHAさん-vol.1に参加。先々月くらいから数えると、いちばん行っているプログラムかもしれない。要因は単純に俺の行きたい時間帯にマッチすることが多かったというだけのことなのだが、その甲斐あって今や得意なプログラムになりつつある。

次に来る動作が先読みできるようになったので、予想される負荷に対して覚悟が十分にできていたり、パンチのコンビネーションで迷うこともなく、後はいかに自分で自分を追い込むかみたいなシチュエーションが生まれる。「b-monster」ではじめてそういう実感を抱かせてくれたプログラムかもしれない。

調子にのってAISHAさんが次の動作をコールする前からフライングで動き出していたり、シャドーパートではステージ上のAISHAさんの方じゃなくて壁の鏡の方を向いてパンチを打ったり、ちょっと上級者っぽく振舞っている時期なんかもありました(笑)

A1ggbl1q
Be strong!!
ALL EDM!!!
私と一緒に非日常的な空間で思いっきり楽しくストイックにworkoutして自分の理想のbodyを目指していきましょう!!
きついけど頑張った分だけ笑顔になれるはず!!!
まぁそんな俺の得意意識は抜きにしても、全体的に「粘り」と「キレ」のバランスがとれたよい良プログラムだと思う。最初から最後までパワーを途切れさせずに完走しやすいのだ。

トレーニング開始前にステージ上でAISAHさんがこのプログラムの特徴的な部分について説明してくれるのだが、俺もそれに倣って紹介しつつ所見を述べたい。

筋トレパートでは、「バービージャンプ」という動作からジャンプを抜いた「オンリーバービー」の時間が2回くらいある。これが結構長めでキツい。負荷を高めるために、素早く深く跳ねるよう身体の「キレ」も重要なはず

【参考】


シャドーパートでは、他の人のプログラムにはない(少なくとも俺はAISHAさん以外ではまだ体験したことがない)「ラッシュ」パートがある。「グローブつけてない分素早いパンチが打てるはずです」みたいな説明を聞いたような気がするが、グローブつけてサンドバックを殴った時に得られる反動を利用できない分、パンチの引きの動作が遅れて(あるいは不十分で)気持ちのいいラッシュにするのが難しい。より体幹を意識せねばならない。ここは今後も課題である

サンドバックパートは概ね単純な動きだが、後半長めのコンビネーションで

スリップ(左)・フック(左)・スリップ(右)・アッパー(右)・ジャンプ・ジャンプ・ジャブ・クロス・スリップ(左)・スリップ(右)・スリップ(左)・スリップ(右)・スリップ(左)・スリップ(右)・クロス

という時間がある。慣れると体幹への負荷を常に意識しながら力を込めてキレのあるパンチを打てるようになるので楽しい。楽し過ぎて、他のパフォーマーのフリーパート(自由時間)でもこのコンビネーションを多用していた時期もありました(笑)

----- ✂ -----

AISHAさんのvol.1についてはまだまだ語りたいことがあるのだが、今日はこの辺で… また次行った時に。

(追憶)通い始めた頃は、2日連続で「b-monster」に行くなんて考えられなかった!

----- ✂ -----

さて、2日連続となる5/1のb-monsterは新宿スタジオ-TASUKUさんのvol.1。偶然俺が行きたい時間帯と合うことが多く、結構な回数を重ねているプログラムである。

TASUKUsan
fantastic
あなたに感動を! 皆さんを違う世界にいるような感覚にする事を約束します。 そんな感覚、味わってみたくないですか?
文字通り、TASUKUさんが「ファァンタァスティ~~~ック!!!!!」と叫んで煽ってくれる。サンシャイン池崎を彷彿とさせる雄叫びだ!

しかしこのTASUKUさんのvol.1、本当にキツい
いつも開始前にTASUKUさんが「JOANAさんやSAORIさんをはじめ、新宿スタジオみんなで考えてくれた」と紹介してくれるのだが、みんなで考えた結果みんなの「この動きの後にコレ来たらヤバくない!?」みたいな趣向が全て採用されてしまい、45分間ノンストップで最初から最後まで本当にキツい仕上がりのまさしくモンスターなプログラムが生まれてしまったんじゃなかろうか(笑)

特に最初の筋トレ10分間。ヤバイのが続くため負荷があまり分散されず、うまく回復ができない。その後のシャドーボクシングやサンドバックパートにもそのエッセンスがあり、終始ヘロヘロ。それでもなんとかスピードにはついていこうとするのだが、パンチに力がうまく込めきれずややフラストレーションがたまる。

そして特筆すべきは、水を飲む時間が1回しかない。自分のペースで適宜水分補給が必要となるが(もちろんTASUKUさんも開始前にそれを勧めてくれるのだが)、上述したヤバめの構成ゆえにアイドリングタイムが見出しにくいのだ。

だからはじめて体験した時は、

「二度と行かん!!!」

と、ややキレたw

しかし、冒頭述べた通り、俺の行きたい時間にはいつもTASUKUさんのvol.1が待ち構えていたので、俺は挑戦し続けることを選んだ… その後、

「こん馬鹿たれが~!!!!怒」
「こんなん無理だよ~!!!笑」
「こなくそ~~!!喜々」

といい感じで感情が変遷し、今ではTASUKUさんのvol.1にがんばってついていこうとすることに快楽を見出しているので、結果オーライであるww

本日感じたのは、1つの動作を続ける時間も結構長めだということ。こちらとしてはそろそろ次の動作へ移るための4カウントをはじめて欲しい頃合いにこそ、TASUKUさんの「One More Time!!!」コールが鳴り響く。長い時間同じ個所へ集まる負荷に耐えきる粘り強さが必要だ。更にその後には「この動きの後にコレ来たらヤバくない!?」的なヤツが来るので、連続して負荷が集まる箇所の筋肉はもうガクガク… からの、そのパートでも再びの「One More Time!!!」コールである。本当にキツいぞ。One Water Time プリーズ

(追憶)3ヶ月前くらいから新宿の「b-monster」に通い始めたわけだが、最初の頃はまったく動きについていけなかったことを思い出す。パフォーマーの方々が一から十まで動きを教えてくれるわけではなく、始めの方は聞こえてくる「指示」に対してやるべき「動き」が全然分からないからお隣や右ナナメ前の人の動きを真似するほかないということもその要因ではあるが、それ以上に単純な身体のキレ=スピードの問題であった。

例えばパフォーマーが「ジャブクロスジャブクロス!」と指示すれば計4発のパンチを繰り出さなければならないところを、当初は「ジャブクロスジャb」の2.5発くらいしか出せなかったのだ。身体のキレが全然足りない。片方の手でパンチを出せば、その反動に身体が負けて次のパンチがついていかない自分。リズムもめちゃくちゃで、音楽に全然合ってない自分。ここに更にフックやアッパーを交えたコンビネーションが加わると、混乱と疲労も相まってめっちゃヘロヘロになってる自分… すげぇダサくて恥ずかしかった。

しかしだからこそ、その後も精力的に2日1回のペースで通い続けることができたのかもしれない。周りを見渡せばちゃんと出来ている人はたくさんいるのだ。自分が出来ないワケがないと、燃えた。そして今明らかに出来ないことが出来るようになったら、それだけで人間としてまず1つ上等になれる!と思っていた。まずは鈍っている身体のキレを取り戻すこと、それが第一の目標になった。

----- ✂ -----

2日に1回のペースで3ヶ月も通えば、だいぶ身体はキレるようになる。ひとつひとつの動き単位で見れば、ちゃんとトレースできている(と思う)。どうやら俺は、人間として1つ上等になれたみたいだ(笑)

しかしまだまだ課題は多い。ひとつひとつの動きはトレースできてるようでも、45分間ノンストップであらゆる動きに途切れなくついていけるかというとまだまだ「体力」が足りない。更にスピードだけじゃなくて、可能な限りちゃんと「力」を込めることや正しい「姿勢」を維持することも意識すると、すぐにへばってしまって「粘り強さ」が足りないことを思い知らされる。まぁ即ち「俺、まだまだ上等になれるわ~」と、モチベーションを保ち続けている今日この頃である。


そんな中で、最近体験して本日2回目のトライとなったのが新宿スタジオ-LUNYさんのvol.1
Beee your self
"限界などない!自分らしく生きよう! 必ず達成感があります!! 最後の最後まで笑顔になれる45分間を一緒に楽しみましょう!! Your efforts will not betray you."(b-monster HPの予約ページより引用)
全体を通してスピードよりも、まさしく「粘り強さ」が求められるようなプログラムだと思う。ひとつひとつの動作の時間が長めで、力や姿勢を意識しやすかった。今の俺にはぴったりだ。

印象に残っているのは、
最初の10分間の筋トレパート後半で、

フルプランク-プランクリフト

フルプランク-ヒップツイスト
フルプランク-プランクジャック

と、フルプランクの姿勢が長く続く時間。そこが辛くて粘れなかった。
ここ1番でのプランク系の動きは、特に最近の課題である。姿勢は美しくしている自信があるのだが、いかんせん持続力が… 途中で耐えられなくなって膝をついてしまう。


その後のボクシングパートでも、ダッキングやロールイン・ロールバックのディフェンスの動きがひんぱんに出てくる気がする。ディフェンス=粘り強さ!しんどくてもちゃんと足を使って駆動しないと、後で腰が痛くなるので要注意である(初回のLUNYさん-vol.1で経験済み)


スピードだけを考慮すればそれほど難しくはないが、その分「力」や「姿勢」を意識して自分を追い込めるのが「粘り強い」系のプログラムのメリットだと感じている。今回のLUNYさん-vol.1では俺が粘れなかった部分があったので、次はそこを超えてまた1つ人間として上等になろうと思っている。

実は3ヶ月くらい前から「b-monster」というジムに通っている。暗闇フィットネスかつボクササイズ。45分間ノンストップでパフォーマーの指示(煽り)に従いながら音楽に合わせて身体を動かすのだ。かなりきつい。45分間で比較するなら、中学時代の部活よりきつい。それをだいたい2日に1回のペースで通い続けているので、我ながら今後自分の身体がどうなるのか楽しみではある。

現在の成果の程は? と言いますと、ぶっちゃけ体重は全然減っていない。毎回あれだけしんどい思いして大量の汗をかいているので、自分でもあまりの変化の無さに驚きである(笑) しかしこれは当然と言えば当然の結果で、理由は明白。ハードなトレーニングを生活に取り入れた結果日々のご飯の量も増えてしまい、そちらも中学時代並みに食うようになってしまったからである。むしろそれで体重はキープできているのは健康的だと割り切っている。そして体脂肪率は1%だけ減った

体重の方は変化が無い一方で、フィットネスの動きについてはだいぶ成長している実感があってはかなりキレを増してきている。最初は全然ついていけなくて自らストップばかりしていたんだけど、それがだんだんパフォーマーが良しというまで持続できるようになり、またひとつひとつの動作の負荷を自ら高めていけるようになってきた。その実感が面白いので、2日に1回コンスタントに通い続けることができているというワケだ。

----- ✂ -----

さてそんな中で、時々ふとした気づきや面白いことがあったりするのでそれを『今日のb-monster』と題打って書いてみたいと思った次第。

今回行ったのは、新宿スタジオ-RoKiさんのvol.1というプログラム

RoKi
b-mon's High
RoKiの世界へようこそ。 楽して変われる程、人生は甘くない。 このページを見たあなたは既に一歩踏み出してます。 正直キツイです。でも、すんごく楽しいです。 さぁ一緒に行きましょう!あの壁の向こうへ。(b-monster HPのレッスン予約ページより引用)
前にこれ読んで「すげぇきつそうだな」と予約を見送ったことがある(笑) でも基本的には時間帯を最優先してレッスンを選んでいるので、遂に先週初めてRoKiさんのプログラムを体験することになった――

すげぇ良かった。今の俺にとっては非常にバランスの良い構成で、特に前半10分間の筋トレパートは「もうちょっと頑張らないとノンストップは無理!!」っていうラインの強度なのですごくやりがいがあるのだ。それとサンドバックパートでは、なんでかはよく分からんが他のプログラム以上にパンチに力をこめることができた。

----- ✂ -----

そんなRoKiさんのレッスンだが、更に特筆すべきなのがトレーニング後。床にべったり寝ころがって全身をリラックス、ゆっくり息を整える時間があるのだが、そこでRoKiさんがラジオのMCみたいに語り出すのだ。めっちゃいい感じの声で。

それで前回は、確かRoKiさんが本を読んで「これは!」と思った言葉を紹介してくれたのだがそれが、


勝ちたいと思うな、負けないと思え


だった。「勝ちたい」よりも「負けない」と思う方がパワーが出るらしい

この時俺ははじめてのRoKiさんのレッスンだったので、こんな面白い時間があるとは知らず完全に意表を突かれてしまって話の前後関係をちゃんと聞いてなかったのだが、このフレーズだけはちゃんと心に残しておいた…

----- ✂ -----

そして今回、またこの時間を味わいたくてGW最初の休日にあえてRoKiさんのレッスンを選択。より味わい深いものにするために「負けない!!!(自分に)」と思いながらサンドバックをぶっ壊すくらいの意気込みでパンチを繰り出した。

そして待望のトレーニング後、前回と同じように床にべったり寝ころがって全身をリラックス、深呼吸しながら疲労した身体を整えて行く。そしてRoKiさんのラジオMCみたいな語りが始まる。前回と同じ、めっちゃいい感じの声で。

この日のRoKiさんの言葉は、






ストレッチは1つの動作に20秒以上かけて行いましょう


だった!こういうパターンもあるんですね!!ww
でも確かに大事なので、ちゃんと実践しようと思います!

2019年、桜の季節の「六義園」に1年越しのリベンジ再訪である。

<関連記事>
今度こそは昼間、青空の下で満開の大しだれ桜を見てみたい!! そう思いつつ迎えた3月23日(土)、結論から言うと最高のシチュエーションだった。

そしてこの日は、よくネットの広告で見かける「Rentio(レンティオ)」でカメラをレンタル。同月の宮古島旅行では、「DMMいろいろレンタル」にてキャノンのミラーレス一眼カメラ(型落ち・エントリー機)を借りたので、比較のため今回は富士フィルムのミラーレス一眼カメラ(最新機種・エントリー機)を借りることにした。

<関連記事>
<今回撮影に使用したカメラ>

製品外観は富士フィルムの方が好きかなー


六義園 見頃の大しだれ桜!!



これが見たかった!昨年のリベンジ達成。空の青も素晴らしかったので、富士フィルム製カメラの専売特許である「フィルムシミュレーション>Velvia(ベルビア)」を使って撮影してみた。
フィルムシミュレーションとは?
フィルムを長年作ってきた当社ならではの、豊かな色再現性と階調表現をフィルム取り替える感覚で設定できる機能です。
・Velvia(ベルビア)/ビビッド
鮮やかな発色とメリハリのある階調。青空をより青く・夕焼けをより赤く、また、花の色を鮮やかに再現するなど、高彩度の表現に最適です。
(富士フィルムHPより)

しかし当然ながら桜の下にはたくさんの人が集まっていて、しかもあまり桜に近づきすぎると容赦なくパトロールの人たちが「桜には絶対触れないで下さい!」と声をかけに来てフレームに入って来るので、

DSCF0800
満足のいく構図で写真を撮るのは結構難しかった。三脚も仕様禁止。
…「六義園」圧巻の大しだれ桜の全体像については自身の目で見てこその景色かもしれないなと、早くもカメラマン脱落宣言(笑) ギリギリまで寄ってみて、如何にうまく撮れるかどうか。。





第2のしだれ桜は?

六義園第二のしだれ桜5
(↑昨年のスマホ写真)
昨年目にした景色が「桜」じゃなくて「光」だったことに面喰ったことを思い出す、第2のしだれ桜(笑) こちらも青空の下、見頃を迎えていた。


非常に背の高いしだれ桜で、その高さを構図で出せると面白かったかもしれないなと振り返る。それと、意外にも桜の花の付き方が寂しい?ので、主題が空のブルーに食われてしまったかも。。結局「光」には弱い第2のしだれ桜w




その他、見どころを求めて園内散歩


田舎の家の襖をイメージして撮影してたんだけど、左下のライトが写り込んでるのがちょっと…w


アーチ状の石組は「蓬莱島」と言うらしい。
更にこの写真の中に龍が伏せているように見えると言われる「臥龍石(がりょうせき)」があるのだが、どれだか分かりますでしょうか?w 望遠レンズが欲しい…


こんな出会いや、


こんな出会いもありました


庭園内の水面のリフレクションを撮るのも「六義園」の楽しみのひとつかも

IMG_20190324_150734
(↑これはスマホ撮影)
ここを上ると高い位置から庭園を眺めることができる。その写真はあまり良い画が取れなかったので割愛。


この「渡月橋」と言われるスポットの画が、「六義園」内では一番好きだったかな。光の当たり方が絶妙で、重厚感や質感、水面のリフレクションが最高。


こんなん撮れて「和製ウユニ湖や!!」とはしゃいでいたことを思い出す。水面に写り込む像を実際に目で見ている以上に鮮明に演出できるので、こういうところがカメラって面白いな~と思う。これは「見に行かないと見れない」じゃなくて、「撮りに行かないと見れない」よ!! 

----- ✂ -----

というわけで個人的に「六義園」での最高の一枚は、桜よりもさっきの「和製ウユニ湖」だったわけですけれども(笑)、帰り際にもう1度最初の大しだれ桜を撮影


逆光だけど、桜の色の写り方が結構好きな一枚

六義園付近で食事

恒例の、花より団子?笑

今回の行楽はグルメ的にも大満足の内容だった。次に駒込に行く機会があれば、是非また再訪したいと思う2店↓↓

※テーブルフォトは機動力重視で基本スマホ撮影

野田焼売店 駒込本店

野田焼売
団子じゃなくて焼売を(笑)
『マツコの知らない世界』に登場したお店らしい。「六義園」に入る前のランチで利用。焼売は人気店ならではの完成度の高さ!! いくらでもツマめそうです。それと、夫婦でそれぞれ種類の違う担担麺を食べました↓


Cafe&Deli COOK

Cafe&Deli COOK
花見が終わった後のスイーツ休憩。スイーツプレート650円とセットのコーヒー200円を注文して、選べるケークは「きび糖とくるみのケーク」をチョイス。ケークのずっしりしっとりとした生地が俺たち的には新機軸で、素材を活かした甘味がちょうどいい。妻は別のケークをチョイスしていて、そっちも美味しかった!

cook 外観
雰囲気のある外観。店内もオシャレで、カメラ女子が好きそうな感じ。ケークの種類も豊富で通いつめたくなるお店!!

関連ランキング:駒込駅巣鴨駅千石駅

うし江『美味しい手作りケークと癒しの空間』
by 食べログ うしぺいミシュラン!
食べログ グルメブログランキング

↑このページのトップヘ