まだやだ僕は眠らない

I will survive. B'z全曲登場させるまで… 終わらない 終わりじゃない(B'zとグルメ、旅行記事がメインのブログです)

カンボジアに行く前、俺は「アンコール・トムに行きたい!」と言っていて、一方妻は「バイヨンに行きたい!」と言っていたんだけど、どうやら同じ場所だったようだ(笑) 『地球の歩き方』により「アンコール・トム」が都で「バイヨン」がその内部にある寺院だということは分かったんだけど…問題は、足を踏み入れたその場所がすでに寺院なのかどうなのか??

IMG_20170727_074635
そして、この辺りから俺は「バイヨン」と呼ぶことにした。この写真じゃ有名な「四面仏」が分かりにくいけど、実際目にするとすごい迫力だった。穏やかなほほ笑みがマジェスティック!!


バイヨン寺院

IMG_20170727_090103
【創建年代:12世紀末】
アンコール・トムの中心にあるバイヨンは、メール山(須弥山)を象徴化している。メール山は古代インドの宇宙観によると神々のすむ聖域で、また神が降臨する場所でもあった。この宇宙観を正確に具現化することが王の重要な使命であった。東海南北に延びる幹線道路は、メール山から世界に向かう道を象徴し、城壁はヒラヤマの霊峰、城壁を取り巻く環濠は大海を表したものである。この宇宙観は解釈の仕方によって微妙に変化する。大乗仏教に深く帰依したジャヤヴァルマン七世が、アンコール・ワットで表現された宇宙観と異なっているのは当然のことである。
※『地球の歩き方2017~18 アンコール・ワットとカンボジア』より


バイヨンの回廊

BlogPaint
「午前中に団体客が多い(by 地球の歩き方)」とのことだったが、さすがにオープン直後の朝早い時間帯はまだまだガラガラでゆっくり回廊の観光や写真撮影ができた。アンコール・ワットにご来光を見に行けば、その日1日の時間がかなり有効に使えるのでオススメ!(例えご来光が見れなくてもw)

「バイヨン」の回廊の柱や壁面のレリーフやデバター像は必見

IMG_20170727_073318
アンコールトム
バイヨンの回廊は一大絵巻
東西約160m、南北約140mの第一回廊の壁面は、12世紀のチャンパ軍との戦争を中心に、兵士たちの戦闘の様子はそれを支えた人々の生活模様が多数描かれている。漁、狩り、炊事、闘鶏、将棋に相撲、出産の場面まで飛び出す。人物や動物の表情はいきいきと輝き、石の表面からは、体温や匂いまでも伝わってくるようだ。第二回廊はヒンドゥー教の神々の世界や、当時の宮廷内の様子が描かれている。


バイヨンの中心部へ向かう

なお、この時中心部に向かう寺院内の道のりで、この旅はじめての「ガイド詐欺」に遭遇(笑) 「日本人デスカ?」とか気さくに挨拶してきてそれに反応すると勝手についてきて、そのまま寺院内の名所の説明をしたり撮影スポットに連れて行ってシャッターを押したりしてくれる。そしてこっちが何も知らずに「いい人だねー」とか言いながら恩を感じだした頃に金をせびってくるという恐ろしい手口。現地の人との交流を素直に喜んでいたのに… ちなみにその現地人が撮影してくれた写真がコチラ↓

BlogPaint
確かに観光客が好きそうなスポットやけども!笑 
しかも「ガイド料」なんてストレートな金のせびり方をせずに、「自分は恵まれない子供たちのための募金を集めてて、こういう活動をしている」みたいなことをそれっぽい資料や署名を見せてアピールしてくる。で、要求額が一口100ドル~。24時間テレビでもそんな高額な募金する人なかなかおらんぞ!! こういうのは100%詐欺だと思っていいらしく、要注意。俺がお金を支払ったのかどうかについては、ノーコメントで…笑

そしていよいよ、中心部の塔の外へ… 寺院内に射しこむ柔らかな陽光と共に観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)のほほ笑みがお出迎えしてくれるのが、神秘的で印象に残っている

BlogPaint

観世音菩薩の四面塔

BlogPaint
カンボジアで最も出会いたかった光景のひとつ。旅のきっかけになった奇跡に出逢える 世界の聖地でも確かこの観世音菩薩が登場していたはず。実際にこんなに近づいて見ることができるとは思ってなかったな…(感動)

IMG_20170727_082235
テラスのどの位置から見るのが一番いいかを探すのが楽しい。これ以上のスポットも絶対あるはず! 写真家はさぞ腕が鳴ることだろう。

CIMG1050
顔が大きく欠けてしまっているものもある。「バイヨン」の遺跡もいずれは風化して見れなくなってしまいそう… 気軽に訪れることができる今のうちに、行くことができて本当に良かった――

----- ✂ -----

そしてこの頃にはもう、かなり多くの観光客が「バイヨン寺院」に足を踏み入れていた。ふと、朝一番に俺たちがウロウロしていた場所を上から眺めてみる

IMG_20170727_092151
「バイヨン」の遺跡が青に染まる…
午前中のある時間帯からは、この人達が色んな場所で様々なポージング(←面白くて参考になるw)の記念撮影を楽しんでいるのが必ず写真に写り込むようになり、それがかなり目立つ。なぜユニフォームをそこまで青くした?笑

☞続く

カンボジアのアンコール遺跡群観光2日目。かなり早い時間帯に「アンコール・トム」へ到着した。なぜならこの日、アンコールワットのご来光を見にきていたから。5時半くらいからスタンバっていたが一向に陽が昇る気配はなく、いつの間にか普通に空が明るくなっていたことを思い出す。でもそのおかげで、「アンコール・トム」にはこの日一番乗りくらいに到着したのだった。...まだゲージが開いていなかった(笑)

IMG_20170727_070948


都城 アンコール・トム

アンコール・ワットの造営から遅れて半世紀後、クメールの覇者と呼ばれるジャヤヴァルマン七世によって、一辺約3kmの城壁で囲まれた王都が造られた。その王都はアンコール・トムと呼ばれ、その中心に位置するのがバイヨン寺院である。
※『地球の歩き方2017~18 アンコール・ワットとカンボジア』より
『地球の歩き方』を読み返してみても、未だに「アンコール・トム」と「バイヨン寺院」の境目がよく分からん。どの辺りからを「バイヨン寺院」と言うべきなのか?苦笑
なので、ここでは「アンコール・トム」と言って差し支えなさそうな引きの写真だけをご紹介したい。

IMG_20170727_093724
アンコール・トムもリフレクションの名所らしい。ただ、この撮影スポットを見つけるのが意外と難しく、なぜならそこが水たまりにしか見えなかったから(笑) 「まさか…   これで!?」と思ったよ。朝、雨が降ったから偶然水が貯まったんじゃないかっていう規模感だったような気がする。いや、本当にここで合ってたのかなぁ?ww


アンコール・トムは動物王国

城外をウロウロしていたら、色んな動物と出くわしたことを思い出す。

IMG_20170727_100310
IMG_20170727_095851
まぁこれは飼い象だし、お金払えば乗れるんだから別に珍しくはないでしょうが…


IMG_20170727_095307
まずアヒルが謎の大量発生。めっちゃグワグワ鳴いて俺を威嚇してくる


IMG_20170727_095247
そしてそのアヒルの一団に一匹野良犬がジョインww カンボジアの野良犬って絶対に近づきたくないほど汚くて、絶対なんか病気持ってそうなんだけど、とりあえずこの犬は自ら進んで水に入ってるんで「狂犬病ではなさそうだ」とひと安心したことを思い出す。


CIMG1074
極めつけが猿の一家登場である。朝のある時間を過ぎてから、次々に巨木の中から猿が次から次に地上に降ってきて超びびった!


IMG_20170727_095055_1
「アンコール・トム」と野生の猿をフレームにおさめた渾身の一枚。これでもだいぶ限界まで近づいて接写したと思う。猿のパーソナルスペースを犯すと、あいつらマジで襲いかかってくるから。何回か牙をむき出しにして威嚇されて、めっちゃ怖かった―― 体は小さくても、野生ならではの殺気が凄まじくて全く勝てる気がしない

☞続く

ちょっと俺には出川哲郎さん的なところがあって、言葉をなんとなく自分の気に入った語感でテキトーに発音してしまうし記憶してしまう。それでもし間違ったまま覚えてしまったならば、厄介なことに自分の覚えた語感こそが正しいと脳に強く刻み込まれてしまうので、それ以後は何回正しい文字を見ても何回人から聞いても一向に訂正されない。やっぱり頭の中ではいつも自分の好きな語感の方を選んでいて、ふとそれを文字にしたり発音したりするとやっぱり間違った言葉を使ってしまう。

「シェリムアップ」(カンボジアの都市名)が最近の好例だ。

シェリムアップ

正しくは「シェムリアップ」である。これまで何回妻に指摘を受けたことか… なのでタイトルが正しいのは、『地球の歩き方』をちゃんと見ながら書いたからだ。しかし、そのあと安心して『地球の歩き方』を手放し、本文を書き出した瞬間にまさかの「シェリムアップ」である。だいぶ重症だった(※上記記事はもう「シェムリアップ」にちゃんと修正しました。)

今回も記事を見た妻から指摘されて驚愕した。なんせ『地球の歩き方』を見ながら書いた自分に自信があったから、実は妻こそが「シェムリアップ」を「シェリムアップ」と勘違いしていてこれまで俺を「シェリムアップ」にいざなっていたんじゃないかなと疑ったが、本当に俺が間違っていた。

・・・

この調子では、きっとまた何か間違うんだろう。

俺は、そうしてきた。

「から揚げとアボカドが食べたい🤤」と妻からLINEが届き、この日のディナーはその両方が食べれそうな「メキシコ料理」専門のレストランへ初トライすることにした。中野「サルサカバナ」へ。雰囲気のいいお店で、こういう所に友達を連れてきてしたり顔で「ケッサディ~~アッ!」とか注文できる人物になるのもなかなか乙なものである。教養としてのメキシコ料理を楽しもうではないか。アミーゴッ!!


中野「サルサカバナ」

結果、俺ん中でメキシコ料理とは「お酒を楽しむ味と雰囲気」であると定義した。好きな人はたまらんお店やろーな~。「サルサカバナ」が20年続いているのも納得である。俺はお酒一杯だけで済ませるんだけど、海外ビールやメキシコっぽいカクテルも多くて面白そう。

IMG_20190118_200100
これは海外ビールで確か650円。そのままラッパ飲みするもんらしい。


シュリンプのコーンフリット 480円

IMG_20190118_201135
メキシコ料理と言えばトウモロコシ(らしい)。トウモロコシ粉で揚げたものと思われる。そして「フライ」ではなく「フリット」の特徴で、外はカリッとしていて中はふわっと。更に海老がぷりっとして水々しかったのがポイント高い。この日の本丸のつもりで食べた鶏のから揚げより美味しかったかも(笑)


チキンの南墨揚げ ハバネロブレンド 680円

IMG_20190118_202505
南墨=…なんて読んだらいいのかな?w 衣はしっとりとしている。ハバネロソースが直撃すると結構辛い。もちろんお店によるが、日本の居酒屋のから揚げの方が俺は好きかな(笑)


海鮮メキシコの冷製トスターダ 580円

IMG_20190118_203030
冷製のシーフードとアボカドをパリパリに上げたトルティーヤと一緒に。※メニューより
でました!メキシコ料理と言えば「トルティ~~ヤッ」!! 「サルサカバナ」では、料理によって小麦のフラワートルティーヤとトウモロコシ粉が香るコーントルティーヤを使い分けている模様。これはどっちだったのかな? 肝心なところで集中してない...苦笑) 

シーフードはタコとサーモン、アボカドはペースト状。そしてサラダの中には少しだけパクチー的な香草も含まれている。俺たちは平気だけど、苦手な人は意表を突かれると思うので要注意だ。


ビーフパストラミのチーズ挟み焼き ワカモレとサワークリーム添え 880円

IMG_20190118_213957
燻製ビーフとたっぷりチーズをもちもちのトルティーヤでサンド。サワークリームと、ワカモレを添えてお持ちいたします。※メニューより
これが冒頭言ってた「ケッサディ~~アッ!」である。Wiki『メキシコ料理』によるとケッサディア(ケッサディーヤ)は、
焼く前のマサを薄く延ばしたものにチーズを挟んでからコマルで焼いた料理。
とあり、更にマサについては、
石灰水処理したトウモロコシの穀粒から作られるパン生地であり、メキシコ、中央アメリカや南アメリカの伝統的な家庭料理に使用される。
とあるが、「サルサカバナ」のケッサディアには、もちもちのフラワートルティーヤを使用しているらしい。

それとメニュー名についてもうひとつ、「ワカモレ」とは?
アボカドのペースト
俺はこの日初めて「ワカモレ」を知った。最初は「ワカモノ」と読み間違えて妻に笑われ、次に「ワレモノ」と言い間違えて更に妻に笑われたのを思い出す。こういう出川哲郎的なところが俺にはある…

味についてはサワークリームのアクセントが新鮮で印象的! だけど類似の料理と比較すると、俺はピザの方が好きかなw ジャンル違いで比べるもんじゃないので大変恐縮ではあるが、正直な感想です。そしてこれ食べてお腹いっぱいになって、お会計――

----- ✂ -----

食後談。「メキシコ料理と言えばトウモロコシ」と調べていたにも関わらず、実はトウモロコシが使われていたのは最初のコーンフリットだけだったかもしれないという衝撃の事実(笑)

そして何より、メキシコ料理代表の「タコス」を一切食べてないぞ!!!
タコス=肉や野菜など様々な具をトルティーヤに挟んだ料理 サルサ・ロハ、サルサ・ベルデなどトウガラシベースのサルサやワカモレを付けて食べる。 本場メキシコでは軟らかいトウモロコシのトルティーヤを使った料理である。パリっと揚げたタコシェルを使ったタコスはテクス・メクス式。
 ※Wik「メキシコ料理」より

自分の知識や体験で欠落しているところが分かると、何とかそれを埋めたくなるのが人間の心理だよね。また「サルサカバナ」に再訪する理由ができたかも。次のテーマは明らかである


店舗情報(食べログへリンク)

IMG_20190118_194648

関連ランキング:メキシコ料理 | 中野駅新井薬師前駅

食べログ グルメブログランキング

Q.TODAYという、サイトを開くと日替わりで様々な「~とは?」を問いかけてくるコンテンツがある。Twitterで回答するのがその趣旨のようだが、俺はTwitterは見るだけの人。しかし営業たるもの、言葉の定義をいろいろ明確にしておくことは大事かなーと思って、なるべく毎朝見るようにして自問自答している今日この頃。

そしてある日、こんな問いかけがあった――


#QTODAY
#あなたにとって自由とはなんですか



試しにTwitterを見てみると、たくさんの人がいい感じの回答を呟いていた。素直に「いいなぁ」と思う。俺にはそういうセンスがない。だからこういう時には、俺にはB’zしかない。

・・・

選んだレールの上にしかないもの
それこそが自由

 by 『Freedom Train』
freedom train

うん、しっくりくるな。俺の自由観もこの『Freedom Train』でいい。なお、これを自分のTwitterでハッシュタグ(#QTODAY)つけてつぶやく勇気は俺にはない。それもまた自由(笑)

B'z『Freedom Train』

Freedom Train
B'z
ロック

引き返さない 急に止まれない
We're on the Freedom Train 心決めたら
吹き飛んでゆく 涙も声も
We're on the Freedom Train ただ一度きり
※歌詞引用:j-lyric.net
電車にその「レール」っていう、本来「自由」とは相反する意味合いで使われることの多いワードにあえて自由を乗っけるところが、皮肉がきいてて大変俺好み。そしてとてもB'zらしいメッセージ性。無秩序や何ものにも囚われないような状態をよしとせず、レールの上で潔く走って(他からの強制・拘束・影響を選びながらも)勝ち得るもの
=それこそが自由

freedom train 簡単にうろたえる
すべて思いどおりになるのが自由
そんな誤解してるから
簡単にうろたえる
----- ✂ -----

2009年リリースのアルバム『MAGIC』の最後の曲として収録。確かにラストを飾るのにふさわしい感じ。ライブでは2010年のツアー  "Ain't No Magic" に登場。両サイドにせり上がってきた「電車」のステージと、ゲーム『電車でGO!』みたいな(やったことないけどw)車両の先頭でレールの上を疾走しているようなスクリーンの映像が印象的だった。

FreedomTrain2
FreedomTrain3

そしてパフォーマンスの見どころは、何といっても稲葉さんが車掌さんよろしく拡声器を使って叫ぶ『Freedom Train』の「歌詞にない歌詞」の部分である。

freedom train メガホン
みなさん! 何かにつけて自由自由って言いますけど 別に自由はタダで手に入るモノでも楽なモノでもありませんよ! 自由への道は時として長く、寂しく、そして険しいのです!
「歌詞に無い歌詞」のこの部分、アルバムで聴くと色んな音が重なるので、稲葉さんが何て言ってるのかをちゃんと把握するのは難しい。まさしく、見えない(見たくない)「自由」の姿がそこに隠れている(隠されている)ような。

↑このページのトップヘ