まだやだ僕は眠らない

主にB'zとグルメ、旅行を題材にして自身の体験談を紹介する雑記ブログ。B'z全曲登場させるまで… I will survive. 終わらない 終わりじゃない Ah——!!!!!

俺は沖縄そばに目が無い。出汁の効いたすっきり味のスープと独特な食感の麺が、かまぼこや煮込んだ豚肉の旨味を上手に受け止めてくれるあの一体感がめっちゃ好きだ。紅しょうがを入れるのもいい。しばらくはそのままの味わいを楽しんだのち、コーレグースで味変するのも毎度のお楽しみである。

そんなわけで沖縄に来たからには、沖縄そばを食さねばならない。宮古島発祥の沖縄そばを「宮古そば」と言うらしく、その代表格の老舗人気店が「古謝(こじゃ)そば屋」さんらしい。是非そこに行ってみたい!


宮古そば「古謝そば屋」

IMG_9029
行ってみると、さすがの人気で順番待ちの先客が4~5組ほど。麺類なので回転は早いだろうと予想し、待つことにした。20分くらいで入店できたのかな。カメラいじってたらあっという間だった。

IMG_9023
店前の妻で人物撮影の練習したり。

<撮影に使用したカメラ(レンタル品)>

さて、メニュー↓

IMG_20190316_131002
そばセットがお得なので捨てがたいのだが、この前に訪問した「雪塩製塩所」ですでに別腹が満たされていたことと、このあとのパーティ出席のことも考慮して、泣く泣く単品のそば一杯で我慢 することにした…



宮古そば 530円/ソーキそば 730円

IMG_9027
(カメラのホワイトバランスが「曇天」モードのままだったので写真が赤い…)
宮古そば(みやこそば)は、沖縄県の宮古島発祥の沖縄そばである。麺は細く縮れのない平麺で、スープがあっさりしているのが特徴である。他地域と同様に、油処理した茹で置きの麺が用いられる。
具材は沖縄本島のそばと同様に、三枚肉(あるいは赤身の真肉)とかまぼこが標準である。かまぼこは宮古島特有の薄く波打った形状のものが使用される。 伝統的な盛り付けでは具材を麺の下に隠し、刻みネギだけの「かけそば」のように見せるのが特徴である。肉とかまぼこは麺の間に挟まれる場合と、丼の底に敷かれる場合があり、丼の中心部に麺をうず高く盛り上げることも多い。
(Wikipediaより)
後から知ったことだが、「古謝そば屋」さんでは上述の“伝統的な盛り付け”を踏襲されてないのだ。もしかしたら「せっかく本場に来たのに!」とガッカリする人もいるのかもしれないな… でも俺たちはそんなことはつゆ知らず、むしろ「これこれ!」と言わんばかりに久々の沖縄そばに心躍らせていた。

ちなみに上の「宮古そば」は妻の注文で、俺は「ソーキそば」を注文した

IMG_9026
旨い!!!!
いわゆる沖縄そばを構成する色んな要素とその掛け合わせに破綻がなくて完成度高く、バランスのとれた端正な味わい。全体的には出汁の効いたあっさり味で、そこにしっかり味の柔らかい豚肉が抜群のアクセントに!

IMG_9024
コーレグースも質がよさそうなヤーツで、もちろんそばとの相性は抜群だ!

----- ✂ -----

「ウマー! ウマー!」ばかりでは芸がないのでw、
あえて言うなら麺が割と普通だったのかな。比較して恐縮ですが、昔那覇で食べた「大東そば」の麺が感動的だったもんで… 同じ「沖縄そば」ジャンルでも、麺の造り方は地域によって違いがあるようで興味深し。

…とは言いつつも、「古謝そば屋」さんの「宮古そば」もまた食べに行きたい逸品。冒頭述べたような、俺が大好きな沖縄そばの味わいをしっかり堪能できた。地元の島民からも根強い人気があるというのも頷ける。安心して美味しい宮古そばを頂ける場所でしょう!

☞東洋一美しいビーチへ続く

店舗詳細(食べログへ)

関連ランキング:沖縄そば
食べログ グルメブログランキング

池間大橋を疾走して脱・池間島!

<関連記事>

池間大橋を渡り切ってすぐのところに、昔那覇の国際通りで食べた雪塩ソフトクリームの総本山的なスポットがあると妻から聞いて「そりゃ行くでしょ!!」と寄り道することに。「雪塩製塩所」である。

IMG_20190316_113237-min

主に雪塩ソフトクリームを食べにいくつもりだったが、総本山だけあって想像以上に雪塩お菓子のラインナップが充実していて驚き。しかもなんと、それらの試食コーナーも充実!そうそう、その惜しみない姿勢がとても大事だ思います!!

IMG_20190316_114043-min
いろいろ試食させて頂きイイ感じのお土産も買えて、売店でコーヒーも買えて大満足。お目当ての「雪塩ソフトクリーム」も妻と半分こしながら食べれて大満足。詳細は別ブログ『グチヤマ.com』にてご賞味あれ↓

<関連記事>

----- ✂ -----

さて、お昼時だけど「雪塩製塩所」に立ち寄ってお菓子を食べて結構お腹いっぱいに。…でも、ご飯は別腹だよね?

☞沖縄そば(宮古島の有名店)へ続く

本日は新宿スタジオのAISHAさん-vol.1に参加。先々月くらいから数えると、いちばん行っているプログラムかもしれない。要因は単純に俺の行きたい時間帯にマッチすることが多かったというだけのことなのだが、その甲斐あって今や得意なプログラムになりつつある。

次に来る動作が先読みできるようになったので、予想される負荷に対して覚悟が十分にできていたり、パンチのコンビネーションで迷うこともなく、後はいかに自分で自分を追い込むかみたいなシチュエーションが生まれる。「b-monster」ではじめてそういう実感を抱かせてくれたプログラムかもしれない。

調子にのってAISHAさんが次の動作をコールする前からフライングで動き出していたり、シャドーパートではステージ上のAISHAさんの方じゃなくて壁の鏡の方を向いてパンチを打ったり、ちょっと上級者っぽく振舞っている時期なんかもありました(笑)

A1ggbl1q
Be strong!!
ALL EDM!!!
私と一緒に非日常的な空間で思いっきり楽しくストイックにworkoutして自分の理想のbodyを目指していきましょう!!
きついけど頑張った分だけ笑顔になれるはず!!!
まぁそんな俺の得意意識は抜きにしても、全体的に「粘り」と「キレ」のバランスがとれたよい良プログラムだと思う。最初から最後までパワーを途切れさせずに完走しやすいのだ。

トレーニング開始前にステージ上でAISAHさんがこのプログラムの特徴的な部分について説明してくれるのだが、俺もそれに倣って紹介しつつ所見を述べたい。

筋トレパートでは、「バービージャンプ」という動作からジャンプを抜いた「オンリーバービー」の時間が2回くらいある。これが結構長めでキツい。負荷を高めるために、素早く深く跳ねるよう身体の「キレ」も重要なはず

【参考】


シャドーパートでは、他の人のプログラムにはない(少なくとも俺はAISHAさん以外ではまだ体験したことがない)「ラッシュ」パートがある。「グローブつけてない分素早いパンチが打てるはずです」みたいな説明を聞いたような気がするが、グローブつけてサンドバックを殴った時に得られる反動を利用できない分、パンチの引きの動作が遅れて(あるいは不十分で)気持ちのいいラッシュにするのが難しい。より体幹を意識せねばならない。ここは今後も課題である

サンドバックパートは概ね単純な動きだが、後半長めのコンビネーションで

スリップ(左)・フック(左)・スリップ(右)・アッパー(右)・ジャンプ・ジャンプ・ジャブ・クロス・スリップ(左)・スリップ(右)・スリップ(左)・スリップ(右)・スリップ(左)・スリップ(右)・クロス

という時間がある。慣れると体幹への負荷を常に意識しながら力を込めてキレのあるパンチを打てるようになるので楽しい。楽し過ぎて、他のパフォーマーのフリーパート(自由時間)でもこのコンビネーションを多用していた時期もありました(笑)

----- ✂ -----

AISHAさんのvol.1についてはまだまだ語りたいことがあるのだが、今日はこの辺で… また次行った時に。

(追憶)通い始めた頃は、2日連続で「b-monster」に行くなんて考えられなかった!

----- ✂ -----

さて、2日連続となる5/1のb-monsterは新宿スタジオ-TASUKUさんのvol.1。偶然俺が行きたい時間帯と合うことが多く、結構な回数を重ねているプログラムである。

TASUKUsan
fantastic
あなたに感動を! 皆さんを違う世界にいるような感覚にする事を約束します。 そんな感覚、味わってみたくないですか?
文字通り、TASUKUさんが「ファァンタァスティ~~~ック!!!!!」と叫んで煽ってくれる。サンシャイン池崎を彷彿とさせる雄叫びだ!

しかしこのTASUKUさんのvol.1、本当にキツい
いつも開始前にTASUKUさんが「JOANAさんやSAORIさんをはじめ、新宿スタジオみんなで考えてくれた」と紹介してくれるのだが、みんなで考えた結果みんなの「この動きの後にコレ来たらヤバくない!?」みたいな趣向が全て採用されてしまい、45分間ノンストップで最初から最後まで本当にキツい仕上がりのまさしくモンスターなプログラムが生まれてしまったんじゃなかろうか(笑)

特に最初の筋トレ10分間。ヤバイのが続くため負荷があまり分散されず、うまく回復ができない。その後のシャドーボクシングやサンドバックパートにもそのエッセンスがあり、終始ヘロヘロ。それでもなんとかスピードにはついていこうとするのだが、パンチに力がうまく込めきれずややフラストレーションがたまる。

そして特筆すべきは、水を飲む時間が1回しかない。自分のペースで適宜水分補給が必要となるが(もちろんTASUKUさんも開始前にそれを勧めてくれるのだが)、上述したヤバめの構成ゆえにアイドリングタイムが見出しにくいのだ。

だからはじめて体験した時は、

「二度と行かん!!!」

と、ややキレたw

しかし、冒頭述べた通り、俺の行きたい時間にはいつもTASUKUさんのvol.1が待ち構えていたので、俺は挑戦し続けることを選んだ… その後、

「こん馬鹿たれが~!!!!怒」
「こんなん無理だよ~!!!笑」
「こなくそ~~!!喜々」

といい感じで感情が変遷し、今ではTASUKUさんのvol.1にがんばってついていこうとすることに快楽を見出しているので、結果オーライであるww

本日感じたのは、1つの動作を続ける時間も結構長めだということ。こちらとしてはそろそろ次の動作へ移るための4カウントをはじめて欲しい頃合いにこそ、TASUKUさんの「One More Time!!!」コールが鳴り響く。長い時間同じ個所へ集まる負荷に耐えきる粘り強さが必要だ。更にその後には「この動きの後にコレ来たらヤバくない!?」的なヤツが来るので、連続して負荷が集まる箇所の筋肉はもうガクガク… からの、そのパートでも再びの「One More Time!!!」コールである。本当にキツいぞ。One Water Time プリーズ

(追憶)3ヶ月前くらいから新宿の「b-monster」に通い始めたわけだが、最初の頃はまったく動きについていけなかったことを思い出す。パフォーマーの方々が一から十まで動きを教えてくれるわけではなく、始めの方は聞こえてくる「指示」に対してやるべき「動き」が全然分からないからお隣や右ナナメ前の人の動きを真似するほかないということもその要因ではあるが、それ以上に単純な身体のキレ=スピードの問題であった。

例えばパフォーマーが「ジャブクロスジャブクロス!」と指示すれば計4発のパンチを繰り出さなければならないところを、当初は「ジャブクロスジャb」の2.5発くらいしか出せなかったのだ。身体のキレが全然足りない。片方の手でパンチを出せば、その反動に身体が負けて次のパンチがついていかない自分。リズムもめちゃくちゃで、音楽に全然合ってない自分。ここに更にフックやアッパーを交えたコンビネーションが加わると、混乱と疲労も相まってめっちゃヘロヘロになってる自分… すげぇダサくて恥ずかしかった。

しかしだからこそ、その後も精力的に2日1回のペースで通い続けることができたのかもしれない。周りを見渡せばちゃんと出来ている人はたくさんいるのだ。自分が出来ないワケがないと、燃えた。そして今明らかに出来ないことが出来るようになったら、それだけで人間としてまず1つ上等になれる!と思っていた。まずは鈍っている身体のキレを取り戻すこと、それが第一の目標になった。

----- ✂ -----

2日に1回のペースで3ヶ月も通えば、だいぶ身体はキレるようになる。ひとつひとつの動き単位で見れば、ちゃんとトレースできている(と思う)。どうやら俺は、人間として1つ上等になれたみたいだ(笑)

しかしまだまだ課題は多い。ひとつひとつの動きはトレースできてるようでも、45分間ノンストップであらゆる動きに途切れなくついていけるかというとまだまだ「体力」が足りない。更にスピードだけじゃなくて、可能な限りちゃんと「力」を込めることや正しい「姿勢」を維持することも意識すると、すぐにへばってしまって「粘り強さ」が足りないことを思い知らされる。まぁ即ち「俺、まだまだ上等になれるわ~」と、モチベーションを保ち続けている今日この頃である。


そんな中で、最近体験して本日2回目のトライとなったのが新宿スタジオ-LUNYさんのvol.1
Beee your self
"限界などない!自分らしく生きよう! 必ず達成感があります!! 最後の最後まで笑顔になれる45分間を一緒に楽しみましょう!! Your efforts will not betray you."(b-monster HPの予約ページより引用)
全体を通してスピードよりも、まさしく「粘り強さ」が求められるようなプログラムだと思う。ひとつひとつの動作の時間が長めで、力や姿勢を意識しやすかった。今の俺にはぴったりだ。

印象に残っているのは、
最初の10分間の筋トレパート後半で、

フルプランク-プランクリフト

フルプランク-ヒップツイスト
フルプランク-プランクジャック

と、フルプランクの姿勢が長く続く時間。そこが辛くて粘れなかった。
ここ1番でのプランク系の動きは、特に最近の課題である。姿勢は美しくしている自信があるのだが、いかんせん持続力が… 途中で耐えられなくなって膝をついてしまう。


その後のボクシングパートでも、ダッキングやロールイン・ロールバックのディフェンスの動きがひんぱんに出てくる気がする。ディフェンス=粘り強さ!しんどくてもちゃんと足を使って駆動しないと、後で腰が痛くなるので要注意である(初回のLUNYさん-vol.1で経験済み)


スピードだけを考慮すればそれほど難しくはないが、その分「力」や「姿勢」を意識して自分を追い込めるのが「粘り強い」系のプログラムのメリットだと感じている。今回のLUNYさん-vol.1では俺が粘れなかった部分があったので、次はそこを超えてまた1つ人間として上等になろうと思っている。

↑このページのトップヘ