まだやだ僕は眠らない

I will survive. B'z全曲登場させるまで… 終わらない 終わりじゃない(B'zとグルメ、旅行記事がメインのブログです)

中野駅から10分くらい歩いたところに今回オススメする「トリコカレー」がある。ベースは親しみやすい家庭的な欧風カレーだが、旨味がギューッと濃縮されたカレールゥは家のカレーとは明らかに一線を画している。一定数はいるであろう「家のカレーがいちばんウマい!」と言い張る層にもしっかりと響く美味しさだと思う。

中野「トリコカレー」

お値段はまぁまぁする方だが、全品にサラダがついてくるのとご飯の大盛りが可能。というか「男性普通盛り」で米350gなので、「普通」の基準がちょっとおかしい(笑) 知らずに大盛りを注文すると、店員さんから「相当多いですけど大丈夫ですか?」と確認が入る。うん、350g以上は無理かなww お米を食べ残すと500円罰金なので要注意。
※「女性普通盛り」は200g、「女性大盛り」で350gとのこと

そして、ご飯を「玄米」にすることも可能だ。食べすぎの罪悪感をこれでまぎらすこともできる(笑)

ピピカレー 1,200円(税込)

IMG_20190114_203208
俺のイチオシ。トッピングされた多種多様な野菜で、味わいの幅がかなり広がって楽しめるのが印象的。生で食べる野菜、素揚げの野菜、漬物の野菜… など、カレーとの相性を考えてひとつひとつをあしらえる細やかな工夫は感動ものである。そしてフォトジェニックに喜ぶ人も多いだろう。

ルゥは普通(中辛)で程よく旨辛い。味覚的には辛い物が好きだけど体質的に辛すぎるとダメ(お腹壊す)という愛のままにわがままな俺にちょうどいいくらい。そしてとにかく味が濃厚なので、野菜と一緒に食べても全然負けない。そんな凝縮ルゥをお好みでうべる(薄くする)ためのチキンスープも付いてくるのだが、これを全部混ぜても全然旨い。「むしろかさ増しできてラッキー♪」みたいな! 

ちなみに鶏皮トッピングは無料(余っていれば)。豪快に盛り付けてくれるので、これも嬉しいサービスだ。

タコカレー 1,100円(税込)

IMG_20190114_145406
こちらは妻のイチオシ。タコライス風のカレー。これも美味しかった! オススメは「辛口+玄米」で頂くこと。チーズとひき肉、キャペツ、そして雑味のある玄米をごった混ぜして食べるからか、不思議と辛口くらいがちょうどよい味わいでスプーンが止まらない!!

----- ✂ -----

後は定番・カツカレー(1,200円)も食べたことあるけど、俺ら的には上の二つのカレーの方がオススメかな! チキンカレーと日替わりカレーは俺らが行く時間帯(14時~15時)にはいつも品切れになってるから、狙うならはよ行った方がよさそう(開店は11時45分)

店舗情報(食べログへリンク)

IMG_20190114_141754

関連ランキング:カレーライス | 中野駅高円寺駅東高円寺駅

食べログ グルメブログランキング
うし江「『カレーは飲み物』、ここは例外だと思う
by 食べログ うしぺいミシュラン!

「2010年、冬、愛媛旅行」で食べた「一六タルト」。先日ブログで振り返って以来、あの時のあの味…追いかけてばかりの毎日……だったので、東京に居ながら購入することにした。

日本橋三越・菓遊庵(かゆうあん)

IMG_20190113_133124
菓遊庵は、三越独自の味覚と感性で厳選した、全国の銘菓を集めたお菓子のセレクトショップです。老舗の逸品、季節の味わい、愛され続ける地元の味など、バラエティーにとんだ、自慢のおいしさをご紹介しています。
※全国の銘菓 菓遊庵 | 三越 店舗情報
妻の大好きなスポットで、教えてもらった。例えば、東京「ごまたまご」のルーツと言われる岩手「かもめの玉子」が、ここ菓遊庵でバラ売りされてたりする。だからここなら、愛媛銘菓の「一六タルト」もあるのでは? と思って足を運ぶ。


IMG_20190113_133202
あった…!! だがしかし、

IMG_20190116_002608
写真付きで紹介されている「六時屋タルト」が混乱を誘う(笑) 「あれ、確かに俺が昔食べたのは一六タルトやったと思うけど、見た目はこの六時屋タルトも一緒だぞ…?」っと。一応ここで、昔の写真を確認↓

やっぱり形状はすごく似ているが、妻が右手に持っているパッケージからして「一六タルト」で間違いなさそうだった。まぎらわしいぞ(笑)

----- ✂ -----

バラ売りはなかったので、一本丸ごと購入。

IMG_20190113_173354
11切り入り 680円(税込)は安いと思う! 肝心なのは味だけど――

IMG_20190113_173525
箱にもそれなりに高級感がある。この時点で、どうやら旅先でよく見かける「とりあえずご当地っぽいお土産作っとけ!」的なモノとは一線を画すお土産である予感がする。期待値が上がる――

IMG_20190113_173558
これが最後の包装か――?

IMG_20190113_173811
と思いきや、更に薄いラップみたいなのに包まれていた。なかなか焦らしてくれる。俺の逸る心、高まる期待値にちゃんと応えてくれるのかい――?


IMG_20190113_174324

さて、準備が整ったところでBGMです。
こういう時の俺のテーマソング(もちろんB'z)を聴いて下さい。

『GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-』――

なぜだか期待外れ
前に食った時の方が美味い
って勝手にがっかりしてしまう
なんてよくある話
あの時のあの味
追いかけてばかりの毎日
誰もが嵌ってしまう
罠みたいなもんだろう
※歌詞引用:j-lyric.net

♪前に食った時の方がうめぇ~…

とはならなかった!
むしろ、こんなに美味しかったっけ!?笑 

キメの細かいスポンジはしっとりとして食べ心地がよく、ふんわり香る柚子の風味とこしあんの甘味が絶妙に交じりあう。その美味しさはまさしく銘菓の品格、これは記憶以上にウマいぞ!!!

IMG_20190113_174517
もういっかい言うけど、これで11切り入り 680円(税込)てめっちゃ安くない!?

見事に愛媛銘菓「一六タルト」が、俺たちの記憶の山脈(2010年)を越えていった。これはオススメ!!

食べログ グルメブログランキング

愛媛県「道後の街」―― 滞在時間が短かったこともあって、ここでの観光の記憶は薄め。。わずかな写真を頼りに当時のことを思い出す。


豆吉本舗 道後ハイカラ通り店

豆吉本舗
ここでお茶を頂きながら、色んな豆菓子を試食することができた。こういう風に惜しみなく試食させてくれるスタイルのお店は好きだなー。印象良いし食べて美味しかったら安心してちゃんと商品も買って行くし。


…しかし、せっかくの名所「道後ハイカラ通り」の記憶と写真が、ここしか残っていない(笑)

謎の人形たちとの記念撮影

坊っちゃんの世界
これはどの辺やったかな?笑 「道後温泉本館」で温泉に入った後に撮影したと思うんだけど。近くには同じテイストの「夏目漱石」の人形もおったはず!
→ 久しぶりに写真見返しながらこの人形たちの由来を調べたら、夏目漱石『坊っちゃん』に出てくる登場人物たちだったんだね! そしてこの場所のことを「道後坊っちゃん広場」と言うらしい。当時も調べてたような気がするんだが、すっかり忘れていたww 次に道後温泉へ行く前に、絶対『坊っちゃん』を読まないかんなー



妻が海鮮丼を食べたよ

IMG_20190110_233240
海鮮丼のタレに生卵をぶっこむスタイルがもの珍しかったのを覚えている。この写真は既に卵を溶かした後でよく分からないけど…(今ではこんな料理写真撮らないな~w) 妻が美味しそうに食べていたが、どこのお店だったかまでは思い出せない――


坊っちゃんカラクリ時計

坊っちゃんカラクリ時計
これ、せっかくカラクリ時計が動くところをムービーで記録してたのに、そのムービーが見つからない―― 


道後サイダーを飲んだよ

294
道後サイダーを飲んだ。でも味を思い出せないので、もう1回飲みたい!!


一六タルトを食べたよ

IMG_20190110_233511
会社へのお土産と、自分たちのオヤツとして購入。でも味を思い出せないので、もう1回食べたい!!笑

----- ✂ -----

総じて、何とかもう1回「道後温泉」に行きたいと思っている(笑) 次はちゃんと下調べして、『坊っちゃん』も読んで。

尻すぼみ感がいなめないけど、『2010年、冬、徳島~愛媛旅行』シリーズはこれにておわりっ!

食べログ グルメブログランキング

徳島県・祖谷から、愛媛県・松山へ移動。この日のホテルは雰囲気の良さと朝食重視でチョイス、温泉は必要ない。なぜなら愛媛観光のメインが「道後温泉」だったからである。神代から伝わるとされている日本最古の湯をじっくり味わってみたかった。


松山「道後温泉本館」

ホテルで貸し出してくれた浴衣に着替えて道後の街を散策。そして「道後温泉本館」へ

288
共同浴場はレトロと言うよりも厳か。確かに神さまが居そう(笑) 良い体験になった。

そして昼間にも「道後温泉本館」を記念撮影

297
「美術監督の武重洋二さんいわく、ジブリの社員旅行で行った四国の道後温泉は油屋の外装を描く際に参考になったとのこと。その他にも、日光東照宮や江戸東京たてもの園にある建築物なども参考にしたそうで、油屋は様々な建築様式やデザインが混在した不思議な建物として描かれています」(金曜ロードSHOWツイッターより引用)
※出典:ロケットニュース24より

ホテル「道後 やや」

写真を撮っていなかったのが残念… 冒頭述べた通り、「雰囲気の良さ」と「朝食」を重視してチョイスしたホテルが「道後 やや」だった。

綺麗でモダンな雰囲気の部屋が印象に残っている。今治タオルと浴衣の無料貸し出しも有難い。そして期待通り朝食バイキングを楽しんだことを何となく覚えている。以下は「道後 やや」HPより引用↓
自由な旅をお楽しみ下さい。道後の街をもっともっと満喫して頂きたい。そういった思いのもと、当館は温泉施設を備えず、徒歩3分の「椿の湯」や「飛鳥乃温泉」、そして、徒歩5分の「道後温泉本館」までの散策をご提案しております。その間には、道後商店街を中心に様々な心躍る景色が飛び込んできます。どこで御飯を食べようか、どこでお土産を買おうか、どこで写真を撮ろうか。ビジネスからファミリーまで様々なご利用に対応し、様々なご宿泊スタイルをご用意しております。
このコンセプトがまさしく俺のニーズに合致! …しかし、どうも松山旅行の記憶は先述の「道後温泉本館」以外いまいちパッとしていないのが正直な話でw  夕暮れ時に到着して1泊(翌朝すぐ帰る)と言うスケジュールが、道後温泉を満喫するにはちょっとタイト過ぎたかな。。なんとなくだけど、他にも楽しみや見るべきものがあったような気がしてならなくて、未練が残っている旅行地のひとつ。いつかまた訪れたいし、また「道後 やや」に泊まりたい

IMG_20190113_125746

ただしめっちゃ並んだけど!

IMG_20190113_105643
午前10時30分頃に到着して既に長蛇の列。妻が先頭から「にー、しー、ろー、は…」とてきとうに数えてくれたところ、ざっと90人越え!!  そうして天丼にありついたのが午後1時頃なので、並んだ時間は2時間半。過去最高記録かも(笑)


天丼 金子半之助 980円(税込)

IMG_20190113_125811
みそ汁は一杯120円で追加。
天ぷらは特に「穴子」と「イカと小柱のかき揚げ」がウマい。TVで見たんだが、穴子は皮の面の衣を薄く、身の面の衣をぶ厚くするように揚げ方にもこだわりがあるらしい。肝心のなぜそうしているのか?については、何て言ってたか忘れてしまったのだが… とにかくウマいw

「玉子」の天ぷらは黄身が半熟でとろとろ、ご飯の上で潰してそこにお好みで追いタレをかけるのも良い。タレは甘口、そして味に敏感な妻はごま油ならではの衣の味わいも感じ取れたと言う。

ただしご飯の仕上がりはごく普通でむしろタレを受けて少しベタッ…となっていたのが、率直に言って惜しいと思った。

IMG_20190113_125607
それと、セルフサービスで食べれる「いぶりたくあん」(左)と「がりごぼう」(右)もやたら旨い。これが楽しめるのも、金子半之助の魅力だと知る。ご飯大盛り(100円)にすればよかったかも!

IMG_20190113_125540_1
サービスの黒豆茶もイイね~料理に合うわ~

・・・・・

食べ終わってみて、このお店で特筆すべきはやはり安さだと思う。正直、天ぷらやお米がここよりも美味しいお店はたくさんありそう。でも、あれほど具材のバラエティに富んだ天丼を980円という破格で頂けるのは、他にはなさそうだ。お値段以上のクオリティなのは疑う余地がなく、食後の満足感は高い。これは東京に居るならば一食の価値アリだ


とはいえ、またあの行列に並ぶことを考えると、俺たちが「金子半之助」をリピートすることはもうなさそうだな~苦笑) 特に今回のように、寒空の下で長時間待つのはめっちゃキツい! もし俺たちのように冬に「金子半之助」に行こうとしている人たちがいらっしゃるなら、以下のアドバイスを贈りたい↓
  • 冷えはマジで足先から来る。防寒用の靴を履くか、靴用のホッカイロを仕込もう
  • 午前中並んでいる間はずっと日陰。どんどん冷えていくので、いつも以上に暖かくして行こう
  • コートに油の匂いがめっちゃつくので、どうでもよくて暖かいコートがオススメ
  • 手袋もあった方がいい。もしくはホッカイロを準備していこう

いやほんと、風邪ひきそう。お気をつけて!


江戸前天丼弁当(980円) もイイかも!?

内容は「玉子」の天ぷらが「ししとう 2本」に変わるらしいが、電話予約で「江戸前天丼弁当」を購入することもできるらしい。これなら待ち時間は0だ。「金子半之助」の天丼は衣がふわふわ・サックサクというワケでもなかったので、弁当にしてもそこまでクオリティが落ちるということはなさそう。


店舗情報(食べログへリンク)

食べログ グルメブログランキング

↑このページのトップヘ