元々、「エックスサーバー&ワードプレス」という王道でブログを書いていた俺。しかし、ちょっとそのブログとは毛色が異なるような、というか単なる日記的な文章も書いてみたくなり、はっきりと区別するためにライブドアブログを活用してみることにした。そして、ワードプレスの方で使用している独自ドメイン(guchiyama.com)に対してサブドメインを追加し、そちらをライブドアブログの方で使用するという形にしてみたいと思った。心機一転… しかしそれが結構厄介で。エンジニアでもなんでもない販売職ひとすじの俺がトライするには、ちとレベルが高い作業だったのである。


なぜ難しいのか? まず「ワードプレス(エックスサーバー)に独自ドメインを設定する方法」については、非常に多くのブロガー達がこぞって懇切丁寧にその手順を記事にまとめて公開している。「我こそは分かりやすく!」と検索流入を競い合っているようで、内容はほとんどみんな同じなのだが本当にご苦労なことだ。

とはいえ俺もワードプレスブログの立上げ当初は、どなたかの解説記事に大変お世話になりました。これらは、ワードプレス単独でブログを運営する場合においては、確かに役に立つ。しかしここで問題となるのが、ネット上に氾濫している「ワードプレス(エックスサーバー)の独自ドメイン設定方法」だと、その後の「ライブドアブログに独自ドメイン(サブドメイン)を設定する方法」とは相容れなくなってしまうということだった。


非常に厄介な、ブロガー達による類似記事の乱立問題

エックスサーバーで独自ドメインを使用するためには、ドメインのネームサーバーをエックスサーバー指定のものに変更していただく必要があります。
※出典:エックスサーバーマニュアル|ネームサーバー設定

グーグル検索結果に五月雨で表示されてくるブロガー達のどの記事を読んでも、上記引用の「ネームサーバー設定をやれば大丈夫!」みたいなノリである。標準的な方法なのでそれは仕方がないのだが... しかし、この方法をとってしまうと、独自ドメインはエックスサーバー(ワードプレス)での使用に限定されてしまう。この状態でライブドアブログに独自ドメイン(サブドメイン)を設定してみても、待てど暮らせどその設定は反映されない。その上厄介なのが、ネット検索でこの事実について触れている記事が全然見つからないことである。

つまり、ワードプレスで使用中の独自ドメインを、サブドメインを使ってライブドアブログやはてなブログでも使用(併用)する方法が解説された記事も全然見つからないのだ。色んなキーワードで検索試したけど、タイトルは違えどだいたい以下の3パターンのブロガー記事ばかりが検索上位に…

  1. ワードプレス(エックスサーバー)で独自ドメイン設定 
  2. ライブドアブログで独自ドメイン設定 
  3. ライブドアブログからワードプレスへ引っ越し(あるいはその逆)

まじ邪魔!! 

繰り返しになるけど、1の記事はワードプレスの単独運用を想定して書かれているから、今回のケースでは役に立たない。そもそも、俺みたいなことをしたがる奴が少数派なのだろうが…

しかし、多くのブロガーにとって「ブログで独自ドメインを使用する」というのはブログ界に新規参入しようとする人々のアクセスを集める格好のネタであり、それ関連のノウハウを語る類似記事が無駄に大量生産されている現況はいただけない。結局彼らは専門家ではなくて、人に「教えたい」よりも「稼ぎたい」みたいな思惑が先行する輩が多いから、その内容は限定的な二次情報、三次情報…に過ぎない(しかもみんなやたらと断定的)。それを全員で一斉発射!ネット検索ページに数うちゃ当たる的でハタ迷惑な弾幕を張るのである。その結果俺は、クリックしては外れ、クリックしては外れ… と、まともにネット検索で調べものしたいユーザーが損をしているのだ。これはブロガービジネス界隈の隆盛がもたらした構造的な欠陥だと思う。「ブロガーが次世代の出版社」とか言って煽った奴誰や!! ※高知の山奥の某プロブロガーインフルエンサー(笑)


…さて、話が逸れたけど、この独自ドメイン(サブドメイン)設定の問題を解決し、このたび晴れてライブドアブログデビューができました。当ライブドアブログは「diary.guchiyama.com」。元々のドメイン「guchiyama.com」を使用しているワードプレスブログもちゃんと生きています。問題解決方法については、そっちの方で記事にして解説しようと思う↓

このブログ『まだやだ僕は眠らない』は、本当に気楽に日記を書くような使い方をしたい。「今日は○○を食べました!(゚Д゚)ウマー!! (おわり)」みたいな!
別の記事を検索する↓

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット