俺が初めて行ったB'zのライブは B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION" で、その時いちばん感動した曲が『光芒』だったことを思い出す。アルバム「ACTION」で初めて聴いた時から圧倒的に存在感のある曲だと思っていたが、生で演奏を聴くと本当に鳥肌モノ。アンコール前のラストソングという特別な雰囲気も相まって、歌う直前の稲葉さんのMC(歌詞とリンクしていた)もすごくよかった。当時の自分の心境(むなしい大学生活を何とかしようとする気持ちw)とも重なって、その日の記憶のど真ん中に焼きついた1曲となった。 …このライブを機に俺は増々B'zに傾倒するようになり、以降は毎日の中に素敵なB'zが常にあふれている10年間だった(音楽だけに限らず稲葉さん的な動きの練習とか、結婚式でB'zモノマネ芸人の中村素也さんに余興やってもらったりとかww)

そしてそんな10年を経て、時は2018年。B'zの30周年ライブ B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- にて、再び『光芒』が登場した!!

光芒

<前回記事>

6曲目 光芒

光芒
B'z
ロック

みずみずしい未来が ひからびていく
どこかで狂う 夢の時計の歯車
おしよせる日々の流れ
生きるのは苦痛? 
そういうものだろうか
ひたすらにがんばるほど
行きづまる感情が 破裂しそう
※歌詞引用:j-lyric.net
繰り返しになるが、『光芒』は2008年リリースのアルバム「ACTION」に収録されていて、ライブでは同年のツアー "ACTION" で登場。それ以降ライブには登場していない(と思う)が、B'zファン(通称ブラザー)からは屈指の人気を誇り、ファンクラブ会員限定の「ライブで聴きたい曲」投票では何と2位にランクイン! 1枚のアルバムと1度のライブツアーだけでそれほどまでに鮮烈な印象を多くの人に与えた、やっぱり凄い歌。

光芒2
イントロ(分かりやすい)で会場がザワつく。歌詞の情景とリンクしてスクリーンはモノクロ。8/5の日産スタジアムでは10年前と変わらない圧巻の歌声で、演奏はサビへの展開がめちゃくちゃかっこいい!
むなしいBlue 僕を包み込んで
行く道を閉ざそうとする
自分を救う それは自分なのか?
今さら答えはいらない
消えないTruth すべて請けおって
半歩でも 進めるなら
景色は少しずつ変わってゆく
※歌詞引用:j-lyric.net

光芒3
最後のCメロ。ライブVer. にアレンジされたサビ⇒Cメロへのつなぎのギターと、モノクロだったスクリーンが色付いていく演出がすごく良かった。
光を求め 歩きつづける
君の情熱がいつの日か
誰かにとっての 光となるでしょう
誰かにとっての 兆しとなるでしょう
※歌詞引用:j-lyric.net

演奏後、周囲の席ではむせび泣く人が多数続出していた。

☞7曲目『月光』へ続く

あるいは、【B'z30周年ライブ「HINOTORI」を語りたい】全記事をまとめた『グチヤマ.com』の記事からご覧下さい↓


『光芒』が登場する過去ライブ