「消失したかつての王宮」の東塔門はくぐらずに通り抜けて、「ライ王のテラス」へ。そして「ライ王のテラス」は「象のテラス」へと繋がり、「象のテラス」は「バプーオン」の空中参道へと繋がっていく。それが歩いていてとても印象深かったのを思い出す。


ライ王のテラス(癩王のテラス)

ライ王のテラス
上から「ライ王のテラス」内部の迷路を撮影した。壁面の彫刻やレリーフが見どころ(ここでもちゃんと写真撮って無かったのが心残り…)
【創建者】ジャヤヴァルマン七世
【創建年代】12世紀末
三島由紀夫の戯曲『癩王のテラス』でよく知られるテラスだが、1996年にフランス極東学院によって本格的な修復が完成した。発掘調査の結果、現在のテラスが完成する前に一度崩壊したあと、再構築されたことが明らかになった。このことから12世紀末以前にすでにテラスの原型があり、それを後世に修復したことがわかった。そのため、新しいテラスによって隠されていたもともとの壁面も見学できるように、壁と壁の間に通路を設ける工夫を施して修復されている。
※『地球の歩き方2017~18 アンコール・ワットとカンボジア』より
三島由紀夫の『癩王のテラス』… 知らない!w 
読んでみようかな…そしたらまたカンボジアに行きたくなるんだろうな。




----- ✂ -----

そして「ライ王のテラス」から「象のテラス」へ向かう

象のテラス

ここでまさかの、
大スコール!

スコール
地面がものの数分で一気に水たまりに!!
『地球の歩き方』で7月(雨期)のカンボジアでは激しいスコールに出くわすことがあることは知っていたが、いざ体験してみると想像以上… 折り畳み傘レベルじゃ約にたたず。そして、この時あわてて大事な『地球の歩き方』を水たまりに落としてしまって、びしょびしょの泥まみれにしてしまった(笑)



おまけ この日のカンボジアんグルメ

この日の昼は、移動販売のアイスクリームを食べた。「ライ王のテラス」「象のテラス」の面する広場に車が停まっていた。


IMG_20170727_122435
スコールの中で(笑) パラソルの下の椅子に座れたのがラッキーだった。

食べログ グルメブログランキング