「袋田の滝」観光を存分に満喫した俺たち。東京へと帰ります、もちろんフラフラと寄り道を楽しみながら。

最初に寄ってみたのは、袋田の滝への行きがけでも何となく気になっていた「ゆば壱」。ここで見つけてしまったのが…

IMG_20190209_161756
「おからは商品ではありません」

…な、なんだってー!

つまり、おからはサービス品。なんと 無料で1人2袋まで 持ち帰ることができるのだ。ありがとうございます!!

IMG_20190209_162015
こんな感じでザクザクおからを掘って、

IMG_20190209_162100
ドバドバとポリ袋に入れるのである。
楽しいぞ… おからを掘るなんて初めての経験w

試しに味見してみたんだけど、ほとんど無味でほんのり大豆の風味を感じる程度。雑味やえぐ味とかは全然ないが、これを美味しく食べるには家で調理が必要な模様。

----- ✂ -----

IMG_20190209_232709
で、妻が家でおからを煎っている様子。まずは水分を飛ばすものらしい。これで2袋分、超有難い!!

IMG_20190214_201638
そして完成品。美味しい!!
これで6分の1くらいで、冷凍保存もできるとのこと。

「ゆば壱」のおから無料お持ち帰りサービス、最高だよ…

----- ✂ -----

更に「ゆば壱」のすぐとなりには「こんにゃく関所」というのがあって、そこではさしみで食べる生とろこんにゃくや奥久慈伝統食材の凍みこんにゃくなどが買える。

IMG_20190209_161312
IMG_20190209_161501

こんにゃくの試食もあって嬉しい

IMG_20190209_161546

店舗情報

ゆば壱 (HPへリンク)
IMG_20190209_162300
(左隣りの建物がこんにゃく関所


いや~、これは今後も「袋田の滝」に行く度に寄ってしまうだろうな。この日おからは遠慮して1人分の2袋しか貰わなかったんだけど、次は2人分の4袋持ち帰りたいぞ。次はちゃんとお土産もたっぷり買うから!(←何も買ってないんかいww)
いやほんと、改めてちゃんと売上に貢献したいな~と思って調べたら、どうやら「ゆば壱」も「こんにゃく関所」も同じ会社が運営しているらしい。
袋田食品株式会社
茨城県久慈郡の味覚、こんにゃく・ゆば・甘味の製造、温泉・宿泊宿の運営。
袋田食品株式会社
こういう地場産業を手広く手厚くがんばってる企業好きなんだよね~ 就職したいw

「袋田の滝」は別名「四度の滝」。四季ごとに見に行かないと、風趣は極められないのだ(by 西行法師)なので、あと最低三回は絶対見に行くつもり。即ち、


2人×2袋×3回=おから12袋


やっほう!!
※次は絶対何か買いますし、温泉も行きたいと思います…