B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- に2回参戦して、運よく1回目と2回目で異なるセットリストを楽しむことができた上に、その2回のライブがそれぞれ全く違う意味で観る者を圧倒する大感動のステージだったため、振り返ってみればその両方を体験できた俺は大変得をした人だったんじゃないかと思う。

※1回目=8/5@日産スタジアム←圧巻の完成度
※2回目=9/1@福岡ヤフオクドーム←圧巻のドキュメンタリー


しかし1回目も2回目も、
会場で最も心震えたベストな曲と言えばどちらも同じで、

13曲目『HINOTORI』

だった。ツアータイトルでもあり、前もっての音源化はされずにライブで初めて披露されたこの曲

『Love Phantom Opus2 HINOTORI』

と言うべきだろうか?

B'zの名物曲『Love Phantom』の続編(Opus2)としての『HINOTORI』が、ツアーが始まる前に催されたB'z30周年記念ミュージアム B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018 のオーディオガイドにて予告されていたのだ。

<関連記事>

<前回記事>

13曲目『Love Phantom Opus2 HINOTORI』

ハジマリはいつもの『Love Phantom』である。目を引くのは、稲葉さんの衣装が15周年の渚園ライブ B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!" の復刻だということくらい。それはそれで大興奮モノで、その後に来る演出も当時の内容(伝説)をトレースするんじゃないだろうかと期待値で頭おかしくなりそうなくらいw

LOVE PHANTOM
LOVE PHANTOM
B'z
ロック



しかし、2番まで歌い終わったところで突然の転調である。これは本当に予想外の演出だった。『Love Phantom』のメロディの壮大さは引き継ぎつつ、より不穏で、暗く、ゆったりとうねりのある重厚なサウンドに身体がザワつく。この時点で「あ、これやべーの来るな」と予感してしまう、完璧な掴み――


HINOTORI

LOVE PHANTOM~HINOTORI
――からの、燃え盛る稲葉さんの圧巻のシャウト!!!!! (炎はもちろんスクリーン上の演出)感情を爆発させるようなとんでもない唸り声が鳴り響き、『Love Phantom Opus2』として幕を開ける歌の世界感とリンクする。この時点で俺は鳥肌がやばかったw
あなたに繋がれて
そこから逃げ出して
そしてこの身を包むのは
退屈な光

火の鳥よ 姿見せて
これ以上 こらえ切れない
HINOTORI2
HINOTORI3
『Love Phantom』の続編というのは、時系列ではなくて関係性の話らしい。壮大な雰囲気のあるメロディで世界観を引き継ぎつつ、『Love Phantom』が男性目線の歌詩で、『HINOTORI』は女性目線の歌詩。夢に向かい交差点を渡る人を見て「途中の人はいいね」と思う男と、(本当はいないはずの)交差点の真ん中で立ち尽くす女

HINOTORI4
残された時間を生きる
あなたも この私も
※HINOTORI 歌詞 ※ネタバレ注意 | be with!より


HINOTORI5
このカット撮った人、天才やろ!!


Love Phantom

ボルテージは最高潮のまま『HINOTORI』が終わり、演奏は止まらずそのままシームレスに『Love Phantom』の続きへと繋がっていく。この構成もめちゃくちゃ素晴らしかったと思う。

HINOTORI~LOVE PHANTOM
欲しい気持ちが成長しすぎて
愛することを忘れて
万能の君の幻を
僕の中に作ってた
※歌詞引用:j-lyric.net
だからよく、他サイトのライブレポとか見てるとこの13曲目は『LOVE PHANTOM~HINOTORI~LOVE PHANTOM』と紹介されていることが多い。

「続編」という関連性を活かして、こんな形でお披露目されるとは… いい意味で完全に期待を裏切られてしまった。更に『Love Phantom』の最後には15年前のライブで披露されたあの演出(衝撃映像)も復活して、普通にお約束の期待値にもばっちり応えてくれる。最高のパフォーマンスで、濃密な時間を堪能した


----- ✂ -----

その他の【B'z30周年ライブ「HINOTORI」を語りたい】シリーズ記事をご覧頂ける方は、是非とも別サイト『グチヤマ.com』の感想まとめからご覧下さい↓


B’z DVD & Blu-ray「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」2019年3月13日リリース決定!!

『HINOTORI』のCD同梱が嬉しい!!
今作オリジナルの新たな編集でお届けする、31年目に踏み出した9月22日ツアーファイナル・味の素スタジアム公演の全曲に加え、30周年を迎えた9月21日までを追う、日替わり曲フル6曲を含むツアードキュメンタリー、そして「LOVE PHANTOM」の続篇として書き下ろされた、本ツアーを象徴する新曲「HINOTORI」を初CD化で収録。 30年にわたりB’zと共に歩んできたオーディエンスとの繋がりから生まれる一体感、また、ベスト選曲を次々と繰り出すステージングとその裏のストーリーを一体化させた、満を持して発売する映像作品です。
※B'z Official Website|NEWSより