2018年3月31日

駒込橋
夫婦そろって初の駒込。10日前に『マツコの知らない世界』で登場した桜の名所「六義園」を見に行ったのだ。

駒込橋の欄干
駒込橋の欄干(らんかん=橋の手すり)には、桜のモチーフが!!

駅のポスター情報によると、駒込はソメイヨシノ発祥の地らしい。それはすごいぞ。その象徴として、サクラポストが設置されているのも見どころだ。

駒込の桜ポスト
さて、駒込駅から「六義園」は歩いてすぐ。ただ、この日のお目当ては『マツコの知らない世界』でも紹介されていた桜のライトアップ。駒込に到着したのが15時頃で、「六義園」に入園して日暮れを待つにはちと早すぎる。そこで、散歩がてら「六義園」の外側をぐるりと一周してみることにした。あわよくば、外から桜が見えるんじゃないかなーと期待しつつ・・・

六義園 外壁
全く見えなかった(笑)
高く堅牢そうな壁が四方全面にそびえたち、「タダでは桜の一辺たりとも見せない」という強い意志すら感じる鉄壁の守りに俺たちの淡い期待は打ち砕かれた。

――ので、外から「六義園」を覗き見するのはあきらめて、駒込駅周辺グルメを満喫して時間を過ごすことに。これについては、後日別記事でまとめて改めてご紹介する予定

----- ✂ -----

そして時がたち、いよいよ「六義園」の中へ…

六義園入口
写真の右横に「葉桜」って案内が出てるのが見えますでしょうか?「葉桜」ってどのレベルまでを「葉桜」って言うんでしょうね??俺は、桜の花と葉っぱが半々ぐらいまでが「葉桜」だと思っていましたよ…

さて門をくぐり、早速登場する「六義園」名物・樹齢70年の大しだれ桜――



六義園しだれ桜2
ほぼ、葉っぱだった
なるほど、「葉桜」ってこういうことなんだ(笑)

しだれ桜としては圧巻のサイズ。3本の桜を寄せ植えしたものらしい。「葉桜」でも見ごたえがある。…とはいえ、やっぱり満開の時期に見てみたいけど(苦笑。まぁ、せっかく来たんで庭園内を散歩する

六義園庭園
桜の花はあまり見れなかったけど庭園はきれいで、ところどころに茶屋もり、そこでのんびり時間を過ごすのもいいかもしれないな~ なんて考えながら順路を進んでいくと・・・

六義園第二のしだれ桜
第二のしだれ桜が存在するらしい!!!!
全然HPやパンフレットを見ていなかったので知らなかった(笑)

この発見にテンションが上がって、俺たちはなぜか「マジで!? こっちの桜は咲いてるんじゃね!!?」と過剰に期待してしまった。いやいや、冷静に考えれば最初のしだれ桜と開花状況は同じでしょうよww


だがしかし、

俺たちの眼前に現れた

第二のしだれ桜は——



六義園第二のしだれ桜2
ウオオォォーーー!!!
鮮やかに咲いてる!! うつくしー!!!!!!

現地でそう絶賛しようとした次の瞬間である。


六義園第二のしだれ桜3
おおぉう!?
一瞬にして、先程定義を学んだばかりのいわゆる「葉桜」が登場。混乱。ハレ??サクラサイテナイヨ・・・?

そしてまた、しばらくして——

六義園第二のしだれ桜4
もはや何の木なのかわからなくなってしまった(笑)

――そう。俺たちが最初に見た見事に桜色に染まるしだれ桜は、単なる光のマボロシだったのだ… まぁ、あらためて写真で見返すとすぐにわかるんだけどw 現地で最初に見た瞬間はその見事な桜色のライトアップにすっかり騙されてしまったww

さらに光のショウは続く。桜のライトアップとは——

六義園第二のしだれ桜5
六義園第二のしだれ桜6
六義園第二のしだれ桜7
六義園第二のしだれ桜8
もはや桜ではないということを学んだ(笑)
桜ではないというか、桜だろうが葉っぱだろうが違う木だろうが、ライトアップで人工的に如何様にでも美しくできてしまうだろうということだ。何色にでもなれる、桜にもなれる

…確かに光のショウとしては大変美しく見ごたえがあるのだが、しかし桜を見に来たのだと考えるとちょっと悲しくなってしまう(苦笑。やっぱり桜はお日様の下で眺めるのがいいなと心底思ってしまった

----- ✂ -----

そして完全に日は落ち、帰る前にもう一度、いちばん最初に登場した「六義園」名物・樹齢70年の大しだれ桜を見てみることに。こちらがどういう風にライトアップされているのか気になった


六義園しだれ桜3
六義園しだれ桜4
こっち側は意外と普通だった。なるほど、あっちの桜とは趣向を変えた方が面白いもんな

でもやっぱり、桜はお日様の下で眺める自然なあの桜色こそが美しいんだと再認識。たとえそれが散りゆく様であっても… それこそが日本のもののあはれ—— みたいな。どうやらこの時、「桜」としての存在意義に疑問を感じてしまうほどのライトアップ・ショウを目撃してしまった直後だったからこそ、もののあはれを感じる心もひとしおになっていたようだ(笑)

六義園 2つの桜
しだれ桜の隣には、元気に咲き誇っている桜もあった。このふたつが一緒に咲いていて、それを昼間の太陽の下で眺めることができたなら、さぞ美しいことだろう。これはまた「六義園」に行かなきゃいかんな!でも、ライトアップはもういいやww