※前回投稿はコチラ


さて、俺の知っている「意識高い系」な人の話をしようか

有名な月ン万円するオンラインサロンに入ってるのだから、その良し悪しの議論は抜きにして、まず彼が「意識が高そうな人」に見えるのは間違いないはず。大事なのはその「意識の高さ」の在り方で、それによって彼が敬愛すべき「意識高い」人なのか、それともただの「系」なのか、分かれ道となる・・・


まずは、そんな彼の自己紹介を僭越ながら私めがご紹介。大多数の人が知っている大手企業に新卒代表という枠で入社し、新卒の中でいちばんに仕事を受注したことを強調。さりげなく「仕事ができなかったわけじゃない」感をアピールしつつ、しかし会社の風土が合わない(業務中にSNS更新してたらバレて怒られたらしい)と、入社して1年も経たずに会社を自主退職したらしい。ウーン、とても香ばしいかおりがする意識の高さだ・・・ 


光栄なことに、近年そんな意識の高そうな彼と関わり合う機会が俺にあったワケだが、とにかくいつも言うことはデカい。だけど一方で、たいてい何事にも「遅刻する」「期限を守らない」「約束を守らない」といった有様である。それについて毎回謝りはするけれども、常態化していて直す気がない。果ては、なんか「自分は忙しくて特別だから」感をすごく出してきよる。で、周りの人々も「○○はどうせ遅れるから(笑)」みたいな空気感で笑って済ますように。。ハテ? 怒ればいいのに。で、たまに期限遅れでやってきたタスクは、誰かのコピペを恥ずかしげもなく出してきよる。だんだんコゲ臭くなってきた・・・


まぁ彼に限らず、そのグループ内においてそういう人は多かった。特に「期限を守らない」人たち。ので、俺は1回、そんな彼や周囲の状況に対して、グループチャットの中で苦言を呈したことがある。営業スキルについて勉強する会なのに、そもそも「遅刻する」とか「期限を守らない」とか「約束を守らない」とか営業スキル以前の問題やぞ、と。そんな現場感のない低い意識でわざわざ集まって勉強する意味ありますか?と。これを受けて、その直前でまさに遅刻をしていた意識の高そうな彼から「100%おっしゃる通りです。すみませんでした」みたいな、丁寧なメッセージが届いたのだった・・・ わかればいいよ


それからどうなったか。最後に俺が、まぁみなさん普段の仕事や生活で忙しいでしょうからどうしても期限内にできないこともあるでしょうし、でも営業の現場感覚で今後もやってていくんだったらせめて一言連絡するのが筋ですよね、みたいなことを言ったのに対して、そのグループのボス(営業マン育成のコンサルタント会社社長)もそれを支持したのを機に、、

その後は彼を筆頭としてめっちゃみなさんから「遅れます」「できませんでした」「今日は参加できなくなりました」のメッセージが吹き荒れることになった。…もうじゃあやるって言うなよ(笑) そういう姿勢が、自分の日々の営業も苦しくしとるんとちゃうか?

それにわざわざ断りを入れなくてもいいちょっとしたお遊びイベントのようなことにまで、そういうメッセージがグループチャット内に吹き荒れることになったので、グループのボスがみかねて「みなさんそこまでナイーブにならなくて大丈夫です(笑)」と発言。そしたらそこで、意識高い系の彼(もう「系」でいいよね)が、かつての俺の苦言に対してマウントをとるかのようにこう発言した。。

「そうですよ、こういう雰囲気よくないですよ!
 気の合う仲間同士で集まって楽しくやってるのに、
 もったいない!!!!!!!」



はぁ。

そうしてその「意識高い系(笑)」営業マンが集まるグループに再び平和が訪れたのであった。めでたしめでたし… じゃねーわ


この辺で俺もさすがに「自分が身を置くべき場所を間違えた」と悟り、この人たちとは一切合切縁を切った。東京での営業の仕事の足しになればと思って始めたことだったが、自分に優しく仲間にも甘い「意識高い系」たちの生温い環境は、何の役にも立たないと判断した。みんな本当に「意識が高い」んじゃなくて、居心地の良い場所に居たいだけ。どちらかと言えば、意識低い。そんなんだから、「意識高い系」と揶揄されるし、いつまで経っても褒め言葉には聞こえない。

特に、その中でもトップクラスの「意識高い系」だった彼に、俺は耐えきれなかった(この話、まだつづきます