この日、いつもクールに淡々とトレーニングを進めるAISHAさんが珍しく

「Are You Ready!!!!?」

と、煽りで俺たちにレスポンスを求めてきた。
しかも1回だけでは満足せず、

「No, No, More Ludly!! Are You Ready!!!!!?」

と、もう一発。
なので、腹から叫んでそれに応えた。
珍しい、というか、AISHAさんの「Are You Ready!?」を、俺は初めて聴いた気がする。






実際、言うの初めてだったらしい。

この次のプログラムを最後にb-monsterを辞めるNANAさんへ、AISHAさんなりのはなむけだったようだ(と俺は解釈した)。「Are You Ready!?」のレスポンスで異様な盛り上がりを見せるのが、NANAさんの醍醐味だったからな。トレーニング後、涙ながらにNANAさんとの別れを惜しみつつ「もうしばらく言いません(笑)」とのこと。

ドラマティックで貴重な現場に居合わせることができて嬉しい。もちろんこの日も己の筋肉はキレていた!! 最近調子がいいぞ!

----- ✂ -----

今回含め、7月は計2回AISHAさんのLGBTQ+へ。6月の前回レッスン以降、序盤から構成が若干変更になっていて面喰らいました

<前回投稿>


とはいえ、踊るようにビートを刻む楽しさは変わらず。前提として、AISHAさんにはセットリスト(音楽)への深い理解と愛着があるような気がする。気分で構成を変えても、迷いもなければ間違いもなさそうというか。vol.1の方もより強度を高めるよう内容変えてるらしい。それはぜひともトライしてみたい