先月、はじめて一眼カメラを手にしてしまってから(レンタルで)、カメラ欲しい欲求とお出かけしたい欲求が留まることを知らない俺です。まぁカメラを買うことはもう決まっていて、それを本格的に使えるのはゴールデン・ウィークになりそうだ。それまでは次の本でカメラ撮影の基礎知識をひととおり学んでおく予定。俺は何でも、使ったり組み立てたりする前に説明書を一読する派なのだ



ちなみに俺には兄がいるのだが、彼は俺からすると色々と破天荒で子供のころに説明書を読んでいる姿なんて見たことがない。対照的(笑) その結果、例えばガンプラを完成させる前から壊したり部品を失くたりしていて俺は弟ながら「我が兄、愚かなり…」なんて思ったりもしていたのだが、
一方で時々誰も真似できないような(本人も二度と再現できないようなw)とんでもなく早いミニ四駆を勘でこさえてきたりすることもあった。無計画、故にめっちゃパフォーマンス出すかぶっ壊すか… そんな兄なのである。


閑話休題。
さてそんなワケで、俺の欲求を大いに解放することになるであろうGWについて、そろそろ予定をちゃんと決めておこうと思うのだ。以下は、俺が考えていることのメモみたいなものです。


桜の後の風物詩って何?

20180505151208
去年はGWに「あしかがフラワーパーク」の大藤を見に行って、それはもう感動した!! 関東に居るなら一度は訪れておきたいスポットだと思う。桜の後の風物詩の1つは藤の花で間違いない。他にも黄色や白色といった珍しい藤の花も見ることができる。何度で行っても楽しめそうな場所!

<関連記事>

でも今年は違うところに行きたいよなーと思っているので、もうちょっと考えてみよう。


昨年のリベンジをするかどうか…

fuji shiba-sakura Fes
↑昨年(2018年)すごく行きたかったのに、行けなかったところ(@静岡)。朝イチとは言わないまでも、午前中に東京を出発して閉園5時までにたどり着けんて、そんなことあるかね!?笑

<関連記事>

なので残念ながら「芝桜」は拝めなかったんだけど、代わりに最高のロケーションでとんでもなく美しい富士山を堪能できる日だったので現地で柔軟にプランを変更。結果的には大満足の良い旅行となったことを思い出す

<関連記事>

しかし今年こそはリベンジで、「富士芝桜まつり」にちゃんとたどり着けるようにもう少し周到に計画を練ってみるか?

…しかしおそらくやけど、GWに日帰りでそこに行くのはやっぱり厳しいと思うんだよね。 高速道路を降りてから会場まで1車線しか走れない長い田舎道が続くため、構造的に人出が多い時期には渋滞が避けられないのである。夜中に車走らせて朝イチに到着するのを狙うとかなら大丈夫かもしれないけれど、負担がデカい。昨年の反省からいちばんいい手段だと思ったのは、現地でレンタサイクルを使って会場へアクセスすることなんだけれども、今はワケあって妻が自転車に乗れないという事情もある


さぁ、今年のGWはどうしようか??


「鯉のぼり」という閃き

こういうのって何となく考え続けていると、ある日突然閃きがやってくるものだ。桜の後の風物詩って「鯉のぼり」じゃね!? そう思って関東の「鯉のぼりスポット」を検索してみると、素晴らしい風景を拝める場所が結構ありそうだった。東京都内にもある!


希望としては、川の岸から反対側の岸にロープをかけてそこに大量の鯉のぼりを吊るして泳がせているような風景が見てみたい!! そういうところを探して、レンタカーで日帰り旅行のプランを組んでみるか…


やっぱり「芝桜」も見てみたい…

桜の後の風物詩の1つとして、やっぱり1度は体験しておきたいんだよな… どうにかうまいことアクセスする方法は… そんな風に悶々と考えていると、全く別の角度からの解決策が得られることもよくある話。

なんとか「富士芝桜まつり」にアクセスできる方法とスケジュールについて真剣に悩んでいたのだが、関東の別の場所にもっとアクセスしやすそうな「芝桜」の名所があるじゃないか!最近ハマっているカメラのブログを読み漁っていて、それを発見することができた。


今回はそっちに日帰りで行くことにしよう!!



そしてまさかの…(笑)

と、イイ感じでGWに桜の後の風物詩を楽しむプランが組めそうなのだが…

なんと今回のGW期間中に、冒頭触れた破天荒の兄が東京に来ることを宣言(関西在住)。そしてまさかの、日にちは未定!でもいつでもお迎えできるように、待機しとかないかん。昔も今も、兄は兄でお変わりないようだ… 俺のプランをぶっ壊して、更にカメラもぶっ壊されるかもしれん(笑)
別の記事を検索する↓

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット