俺たち夫婦の「中野で焼鳥」といえば、今や「鳥やす」一択である。いや、仮に新宿に居て焼鳥が食いたくなったとしても、俺たちはあえて中野に戻って「鳥やす」に行く(笑)

俺たちのグルメ全盛期だった大阪・西区靭本町在住時代を彷彿とさせる「旨い・安い・近い」を兼ね備えた素晴らしいお店なのだ。 ※近い=ウチの家から近いという個人的都合w

さて、いきなり余談となるが、せっかく大阪時代の話を持ちだしたので、そのころ俺たちが夜の外食で行きつけていたお店、即ち今回の本論となる中野「鳥やす」的な立ち位置(旨い・安い・近い)だった大阪のお店をここで軽く紹介させて頂きたい

その1
てんぐや2
てんぐ屋
うし江『好きです!!こぷちゃん。』
by 食べログ うしぺいミシュラン!
一言で言うと、ホルモン串の「こぷちゃん」が旨くて安い。あと、生ビールが安い!!!

----- ✂ -----

その2
おくまん
おくまん
うし江『素晴らしい!庶民の味方、おくマン!!』
by 食べログ うしぺいミシュラン!
一言で言うと魚の天ぷら、特に「穴子天」が旨くて安い。あと、生ビールが安い!!!!(てんぐ屋より安い) 

----- ✂ -----

肉と言えばてんぐや、魚と言えばおくまんと、 隙の無い布陣を大阪時代は構築できていた。他にもジャンル毎に「…と言えば~」を言い出すと、大阪時代は本当にキリがない…

一 方 で あ る

東京で一時期いちばん通っていた夜の外食と言えば、「餃子の王将」か「元祖寿司」だった。この2店はもちろん今でも大好きだけど、どっちもバリッバリのチェーン店やからね…「餃子の王将」に至っては元々関西のお店なのに(笑) 

レアリティを求める食べロガーとしては悲しい限りだった。しかし、この2店を凌駕するような満足感(コスパや美味しさの兼ね合いが大事)を実感させてくれるお店が全然現れてくれないのである!! 「東京は店は多いけど、高くてマズいのがスタンダードなのかい!?」と、日々募るフラストレーションと絶望感……


だから、

東京・中野で「鳥やす」というお店を見つけたことが俺たちにとっていかに喜ばしい出来事だったか!!!!

↑いちばん伝えたいことを感情のままに余談からの流れで先に書いてしまった。


それでは本論、そんな素晴らしい「鳥やす」での食事の様子をご紹介。まぁサラッと眺めて頂き最後の店舗情報をしっかりご確認頂ければ、俺としてはもう感無量…




中野焼鳥「鳥やす」

IMG_20190302_181339
酒飲みたちが血湧き立つ中野のこの路地裏通りに、いかにもおあつらえ向きな感じで店が構えてあるのだ…

IMG_20190302_181444

以下では、定番・鉄板のメニューを紹介していきます


お通し(席料込み)120円

IMG_20190302_182158
これは2人前、席料込みなのが嬉しい。焼鳥につける薬味的な大根おろしとうずらの玉子、なかなか渋いお通しである。


手羽先と根野菜の煮込み 350円

IMG_20190302_182455
「鳥やす」の焼き鳥と並ぶ看板メニュー。鳥と根野菜の旨味がスープにしっかりと溶けていて、気取らない美味しさ。何気ない一品だけど、掴みとしてはバッチリだと思う。これくらいの価格で、こういう味にもっと出会いたいものだ…


お摘み 利久和え 320円

IMG_20190302_182449
一転、お酒に抜群に合いそうな強い味わい!! 柔らかく茹でた鶏もも肉を、練ウニと胡麻・三つ葉で和えてある一品。これ本当に美味しい。おそらく瓶詰の練ウニのいちばん美味しい食べ方なんじゃ?w

…他にも「鳥やす」のお酒のお摘みメニューは逸品ぞろい!ぬたや南蛮漬けも非常にオススメである。俺たちはその日の気分で、1~2品くらいを注文する


そして次からは、メインの焼鳥ゾーン!

焼鳥 もつ 60円

IMG_20190402_193707
串の両端を砂肝で止めてある、独特なスタイル。得した気分になれる!

※串の注文は二人前から!


焼鳥 かも 150円

IMG_20190402_193724
カモネギ!! 歯ごたえと味わいが野性的でウマい!これはお通しの大根おろし使わない方がいいかな~ そのままの味を噛みしめよう。


焼鳥 ぼんちり 70円

IMG_20190402_194823
骨がついているが、あえて残すほどは気にならない。身から染みだす油がたまらない!


焼鳥 てばさき 90円

IMG_20190402_200504
毎回欠かさず食べる一品!開いて串焼きにしてあるので、普通の手羽先よりだいぶ食べやすい。ジューシーでお通しの大根おろしとの相性バツグンである。


(週替わり)漬け焼き 正肉 100円

IMG_20190402_193716
このシリーズも、毎回欠かさず1本は食べておきたい。週替わりで写真は塩麹漬け、間違いない!!
焼鳥では、「正肉」を「せいにく」と読んだ場合は特に鶏モモ肉を指します。焼鳥の歴史を見るとブタの内臓などを使っていた時代があったことから、鶏肉のモモ肉を「正肉(せいにく)」と呼んだものと思われます。
その他週替わりの内容は、西京漬け・酒粕漬け・味噌漬け。法則性は分かりません…

----- ✂ -----

上記メニューとその他2~3品追加しても、2人でお会計3,000円~4,000円くらい!!!!!! ちなみにドリンクは1杯ずつ。旨くて安い=大満足!


店舗詳細(食べログへ)

関連ランキング:中野駅

とん平『やっぱり旨い安い!!!』
by 食べログ うしぺいミシュラン!
食べログ グルメブログランキング