2019年、桜の季節の「六義園」に1年越しのリベンジ再訪である。

<関連記事>
今度こそは昼間、青空の下で満開の大しだれ桜を見てみたい!! そう思いつつ迎えた3月23日(土)、結論から言うと最高のシチュエーションだった。

そしてこの日は、よくネットの広告で見かける「Rentio(レンティオ)」でカメラをレンタル。同月の宮古島旅行では、「DMMいろいろレンタル」にてキャノンのミラーレス一眼カメラ(型落ち・エントリー機)を借りたので、比較のため今回は富士フィルムのミラーレス一眼カメラ(最新機種・エントリー機)を借りることにした。

<関連記事>
<今回撮影に使用したカメラ>

製品外観は富士フィルムの方が好きかなー


六義園 見頃の大しだれ桜!!



これが見たかった!昨年のリベンジ達成。空の青も素晴らしかったので、富士フィルム製カメラの専売特許である「フィルムシミュレーション>Velvia(ベルビア)」を使って撮影してみた。
フィルムシミュレーションとは?
フィルムを長年作ってきた当社ならではの、豊かな色再現性と階調表現をフィルム取り替える感覚で設定できる機能です。
・Velvia(ベルビア)/ビビッド
鮮やかな発色とメリハリのある階調。青空をより青く・夕焼けをより赤く、また、花の色を鮮やかに再現するなど、高彩度の表現に最適です。
(富士フィルムHPより)

しかし当然ながら桜の下にはたくさんの人が集まっていて、しかもあまり桜に近づきすぎると容赦なくパトロールの人たちが「桜には絶対触れないで下さい!」と声をかけに来てフレームに入って来るので、

DSCF0800
満足のいく構図で写真を撮るのは結構難しかった。三脚も仕様禁止。
…「六義園」圧巻の大しだれ桜の全体像については自身の目で見てこその景色かもしれないなと、早くもカメラマン脱落宣言(笑) ギリギリまで寄ってみて、如何にうまく撮れるかどうか。。





第2のしだれ桜は?

六義園第二のしだれ桜5
(↑昨年のスマホ写真)
昨年目にした景色が「桜」じゃなくて「光」だったことに面喰ったことを思い出す、第2のしだれ桜(笑) こちらも青空の下、見頃を迎えていた。


非常に背の高いしだれ桜で、その高さを構図で出せると面白かったかもしれないなと振り返る。それと、意外にも桜の花の付き方が寂しい?ので、主題が空のブルーに食われてしまったかも。。結局「光」には弱い第2のしだれ桜w




その他、見どころを求めて園内散歩


田舎の家の襖をイメージして撮影してたんだけど、左下のライトが写り込んでるのがちょっと…w


アーチ状の石組は「蓬莱島」と言うらしい。
更にこの写真の中に龍が伏せているように見えると言われる「臥龍石(がりょうせき)」があるのだが、どれだか分かりますでしょうか?w 望遠レンズが欲しい…


こんな出会いや、


こんな出会いもありました


庭園内の水面のリフレクションを撮るのも「六義園」の楽しみのひとつかも

IMG_20190324_150734
(↑これはスマホ撮影)
ここを上ると高い位置から庭園を眺めることができる。その写真はあまり良い画が取れなかったので割愛。


この「渡月橋」と言われるスポットの画が、「六義園」内では一番好きだったかな。光の当たり方が絶妙で、重厚感や質感、水面のリフレクションが最高。


こんなん撮れて「和製ウユニ湖や!!」とはしゃいでいたことを思い出す。水面に写り込む像を実際に目で見ている以上に鮮明に演出できるので、こういうところがカメラって面白いな~と思う。これは「見に行かないと見れない」じゃなくて、「撮りに行かないと見れない」よ!! 

----- ✂ -----

というわけで個人的に「六義園」での最高の一枚は、桜よりもさっきの「和製ウユニ湖」だったわけですけれども(笑)、帰り際にもう1度最初の大しだれ桜を撮影


逆光だけど、桜の色の写り方が結構好きな一枚

六義園付近で食事

恒例の、花より団子?笑

今回の行楽はグルメ的にも大満足の内容だった。次に駒込に行く機会があれば、是非また再訪したいと思う2店↓↓

※テーブルフォトは機動力重視で基本スマホ撮影

野田焼売店 駒込本店

野田焼売
団子じゃなくて焼売を(笑)
『マツコの知らない世界』に登場したお店らしい。「六義園」に入る前のランチで利用。焼売は人気店ならではの完成度の高さ!! いくらでもツマめそうです。それと、夫婦でそれぞれ種類の違う担担麺を食べました↓


Cafe&Deli COOK

Cafe&Deli COOK
花見が終わった後のスイーツ休憩。スイーツプレート650円とセットのコーヒー200円を注文して、選べるケークは「きび糖とくるみのケーク」をチョイス。ケークのずっしりしっとりとした生地が俺たち的には新機軸で、素材を活かした甘味がちょうどいい。妻は別のケークをチョイスしていて、そっちも美味しかった!

cook 外観
雰囲気のある外観。店内もオシャレで、カメラ女子が好きそうな感じ。ケークの種類も豊富で通いつめたくなるお店!!

関連ランキング:駒込駅巣鴨駅千石駅

うし江『美味しい手作りケークと癒しの空間』
by 食べログ うしぺいミシュラン!
食べログ グルメブログランキング