【会心の出来】働くパパママ川柳を吟じます!

働くパパママ川柳ということで、吟じさせて頂きませう

密になる
我が子との距離
テレワーク

これは時勢的にも入賞すること間違いなしだと思っていたんですが、はてなブログで吟じて競うわけじゃないんですね。残念です・・・  

 

----- ✂ -----

お題「仕事と子育て」

さて、コロナ禍により期せずして始まったテレワーク。コロナに感染されてしまった方や間接的に被害を受けた方が数多くいらっしゃるので複雑な心境ではありますが、世の会社が強制的に働き方の見直しを迫られる良いきっかけとなったのも事実であり、悪いことばかりではないと思っています。特に私の場合はテレワークのおかげで、あと数ヶ月で1歳になる息子の成長を近くで見守ることができて大変幸せな日々となりました。

なんか、男性は数ヶ月は育児に専念しないと「オキシトシン」という愛情ホルモンが分泌されないという研究結果があるそうですね。女性は出産時に自然に分泌されるそうです。

テレワーク=育児に専念ということではありませんが、休憩の時には子供の様子を見たりオムツを替えたり、妻がちょっと席をはずしたい時にはかわりに見張ってたり、ムダな通勤時間がなくなったおかげで夜ご飯を食べさせてあげることができたりで、テレワーク中育児に関わる時間がかなり増えたことは間違いありません。おかげで私の愛情ホルモンは過剰分泌(笑)

そして息子も私のオキシトシンに応えるかのように、テレワーク中に数々の成長の瞬間を見せつけてくれました!以下はその思い出写真です。 

 

f:id:ushi-pei:20200713223347j:plain

いつもこんな感じで昼寝してることすら知りませんでした。妻曰くだいたいいつもこの愉快なポーズで寝てるそうで、実際その通りでした(笑) 

そしていきなりテレワーク初日の驚き・・・

 

f:id:ushi-pei:20200713223338j:plain

おすわりができるようになってる!
妻が試しに座らせてみたら見事体勢をキープ。

 

f:id:ushi-pei:20200713223351j:plain

それからはご飯をおすわりで食べるのも余裕綽綽に。これだけでもだいぶ感動したもんですが、ここから半月ほどで更なる驚きを見せてくれるのです・・・

 

 

f:id:ushi-pei:20200713223404j:plain

ク、ク〇ラが立ったー!! 

これもテレワークのおかげで絶叫する妻の声を聞きつけて、立ち上がったその日にこの成長の瞬間に見ることができました。ついこの前までおすわりもできなかったのに!

 

f:id:ushi-pei:20200713223355j:plain

ちなみにこの時ハイハイはまだできてません。ハイハイの姿勢はできるのですが、本人はハイハイよりもほふく前進の方が快適そう。区別するために私たち夫婦はこれを「ヘイヘイ」と名付けました。

で、このヘイヘイでやたら私の職場(寝室)に侵入してこようとするんですよね

 

f:id:ushi-pei:20200413114518j:plain

ガラス越しでもなんと尊いシルエット…
しかしドアは開けれまいとたかを括っていたら、、

 

f:id:ushi-pei:20200413124545j:plain

半月くらいでこちらも突破!
この瞬間、私の方がめちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています。本人もどこか誇らしげ。

以降は毎日突破して遊びに来るようになりました。私よりもパソコンやらコードやらが目的のようで毎日泣きそうでしたが(笑)

 

f:id:ushi-pei:20200423161208j:plain

同じ頃に覚えたつかまり膝立ちとの合わせ技も披露してくれました。

 

----- ✂ -----

「仕事と子育て」の話に戻ります。

緊急事態宣言の解除後、残念ながらテレワークは終了となりました。業務的にはテレワークで何の問題もなく「意外とできる!」と社員全員が手応えを実感してテレワークの続行を希望していましたが、「人は見られていないと仕事ができない」という社長の一存です。

しかし本当にそんな考え方でよいのでしょうか?

コロナの流行を抜きにしても、テレワークが普及することは社会にとって良いことばかりだと思うのです。通勤(=満員電車)がなくなる、オフィスの家賃も縮小できる(その分社員の福利厚生に回すのはいかが?)、オフィス内の同調圧力によるつきあい残業もなくなる、ひいては「長時間働いている人が偉い」みたいな評価基準も変わる、マネジメントも進化する。。
特にうちの社長の主張って、主語を「人は」にすることで我々社員に責任を転嫁していますけれども裏を返せば「自分は見てないと社員を動かせない」と言っているのと同じで、自分のマネジメント能力の無さを白状してるようなものですからね?コロナ禍というきっかけがあってもなおそういう持論を展開しているのは若干恥ずかしいことだという意識も少しは持って欲しいものです。最近のサイボウズのCMはボディブローのように効いてるんじゃないでしょうか(笑)

そしてテレワークによってワークライフバランスの改善も見込める。特に乳幼児期の子育て面でもたらされる恩恵は大きいと思います。私と同じ新米パパの男性諸君、積極的にテレワークをやってオキシトシンを出そうじゃありませんか。

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ