自分の信じる価値が何なのか

f:id:ushi-pei:20210515094622j:plain

E-M5Ⅱ/SIGMA 60mm F2.8 DN Art

ある目的意識やテーマをぼんやり抱きながら

日々インプットに努めていると、

あるとき天啓かのように

 

「そうそう!コレコレ!!」

 

みたいな情報に偶然出くわしたり、

閃きが生まれたりすることがあると思う。

 

この限界突破的な感覚を高2くらいで知り、

大学3回生となり研究が始まってからは

ある程度意図的に計算して

利用できるようになった。

コツはアウトプットを焦らないことだと思う

 

とは言え研究でも仕事でも

期限までにアウトプットは必要なので、

それを意識し過ぎなくていいスケジュールで

焦らなくていい時期から

インプットを始めることが大事

 

f:id:ushi-pei:20210515094848j:plain

 

で、最近のテーマと言えば

前回投稿した内容で、

 

 

「自分の信じる価値が何なのか」

が分からないと言っていましたが、

 

こと従事している営業職に関して言えば

ちゃんと自分の信じる価値はありました。

行き詰り過ぎてちょっと見えなくなってただけで… 

 

  • 営業は再現性が大事、
    属人的な要素はできる限り排除して業務を体系化する
  • 人を引き上げる・輝かせる取り組み方をする

 

こういうことをある時期からずっと

信じて取り組んでいるんだった。

 

はてぶの人気エントリー入りしてた記事が

ちょうど良いタイミングで目に入ってきて

思い出しました、ありがとうございます。

 

<参考記事>

delete-all.hatenablog.com

 

ただし昨年までの自分がダメなのは

仕事を属人化するスーパー営業マンを嫌い

否定しながら仕事に臨んでたところだと思う

 

 

ただ今回扱う商材はそうもいかない。

今のところ属人化以外に

勝ち筋が見えなくて…

こんなのはじめてである

 

<関連投稿> 

 

でもそんな状況を憎んで嫌いになって

何もかも受け入れられなくなってしまうと

これまでから全然進歩がない

 

もっと視野を広げて

「自分が信じる価値が何なのか」を

更に突き詰めていきたいと思っている。