3曲目「WOLF」~B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- 感想

WOLF 
B'z
ロック

速いクルマが好きなのさ
疑いない性能
※歌詞引用:j-lyric.net
一本槍の真面目さ愚直さの中に、ハタから見ると申し訳ないけど少し滑稽な面白味を孕んでいておかしくなるような、、そう。まるで織田雄二さんのイメージぴったりの歌!w
※「WOLF」は織田雄二さん主演ドラマ『SUITS/スーツ』の主題歌
 
 

odayujiwolf

※ドラマ『SUITS/スーツ』より
まぁ当人は別に真面目なつもりはないかもしれないが…

 

最初にアルバムで聴いた「WOLF」は、ただただ陽気な「遊びのきいた歌」だとしか思わなかったんだけど… 聴けば聴くほど「いたって真面目な歌」に感じるようになってきた。何より稲葉さんの歌い方がシリアス。遊びをだす時は、もっとおどけたように遊んで歌える人なんだよな。

 

そしてそのシリアスさで「俺は荒野~♪」とか「ライク・ア・ローラーコースター~♪」とか歌われると、ちょっとクスッてなるやん。構えていても力が抜ける。しかもサビの最後には狼(WOLF)の真似して「アオーン!!」ってシャウトするし。ここでは間違いなく、遊んでるはず(笑) 一方で、自らがひたむきで滑稽なWOLFだということを受け入れて吠えているようにも思う。

 

 
つまり、真面目さの中の面白さを分かっていて、意図して演出しているんじゃないかと深読み。"シリアスな笑い"というやつ。B'z自体も、そういうところあるし。



そしてここで俺が言いたいのは、自分の真面目さや愚直さをその滑稽さと一緒くたに武器にできる男って「強い」んじゃないでしょうか?ということ。俺が目指している在り方のひとつ。「吹けば飛ぶような 同情がちらほら そんなのに振り回されない」…男の「おもしろさ」と「強さ」の有り方のひとつが、「WOLF」と織田雄二にあるっ!!!

 

<関連投稿>



そんな「WOLF」が、ライブの3曲目に登場。

 

「B'zのライブジムにようこそ~!」のMCの後、すぐに演奏が始まるかと思いきや少し間を置き、稲葉さんの「アオーン!!」のシャウト(煽り)から演奏がスタート。…これは、会場で「アオーン!」てレスポンスするの、めっちゃ楽しかっただろうな!(※俺はライブビューイング参戦)

 

サビの歌い終わりには稲葉さんが「アオアオアオアオアオーン!!!!」と吠えまくるし、生演奏の迫力と相まってますます陽気な印象が強かった。爽やかな心地のよいテンポで、自然と身体も揺れてしまう。

 

ただ、最後のサビの「教えてよ 愛があるなら」のところ、アルバムでは「お(教)」と「あ(愛)」のトーンを上げて詰まったような声で歌っているのがすごく好きなんだけど、ライブでは「お(教)」はいい感じだったが「あ(愛)」の伸びがもうちょっと欲しかった… 現地で聴いてれば、また聴こえ方が違ったかもだけど。これはDVDで、是非別会場の音源を収録して頂き補完したいところ。すみません、こういうことも書かずにはいられない性質で。。→WOLF 歌詞