4曲目「俺よカルマを生きろ」~B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- 感想

俺よカルマを生きろ 
B'z
ロック

どんなにヨレヨレ傷だらけでも
走り続ける
俺よカルマを生きろ
痺れる自業自得の道
戻るもんか
※歌詞引用:j-lyric.net
いつか稲葉さんが言った「B'zの野太いロック」は、こういう曲だと思っている。イントロから重厚に響くサウンドで男臭いニヒルな世界観。稲葉さんの声や歌い方もすごく合っていて、個人的にはいちばん好きな部類の曲。「どんなにヨレヨレ傷だらけでも」の「ヨレヨレ」の歌い方とか、めちゃくちゃ好き。

 

ライブで聴くとなおさら重厚感が増してカッコイイ! 稲葉さんのビブラートもライブならではで「お釈迦様も のたまう」のところとか最高だった。

 

それと各サビの最後のフレーズ「戻るもんか~♪」のところで、稲葉さんがポイポイマイクスタンドを放り投げて、取り替えて行くパフォーマンスも見どころ。投げられたマイクスタンドは綺麗に画面下へフレームアウトしていく。下でスタッフさんがキャッチしてるのかな?…ちなみに昔はもっと激しくブン投げている映像があるのだが、ある時期から特注のマイクスタンドに気を遣いだしたらしい(笑) 

 

<関連記事>

 

----- ✂ -----

 

最後に余計かもしれないけど、この曲に対するネガティブな感想。

 

「俺よカルマを生きろ」というタイトルとフレーズがあまり好きじゃない。曲の総合的な雰囲気は「デッドエンド」とか「black coffee」並みに好きなので、惜しく思う。

 

稲葉さんらしいと言えばらしい。フレーズが個性的なだけに印象に残るのだが、「俺よカルマを生きろ」は、俺の中では他の作品の「孤独のRUNAWAY」や「破れぬ夢をひきずって」や「止まらないで どうぞこのまま」みたいな名フレーズとはなり得なかった。→俺よカルマを生きろ 歌詞