忘れられない一泊「渓谷の隠れ宿 祖谷美人」~2010年、冬、徳島旅行

最近TVで徳島県の魅力度ランキングが46位(ワースト2位)であるということを目にした。そして、俺が妻と交際してから初めて一緒に行った旅行がまさしくその徳島県だったことを思い出す(笑) ちなみに当時俺は大阪、彼女は福岡に住んでいて、その真ん中あたりで旅行のプランを計画していたのだが、そこで現在ワースト2位の徳島県を選んだとはさすが俺だな~と、しみじみ振り返る。いや、いいとこだったよ!!


徳島県「祖谷渓(いやけい)」へ

269
ちなみに季節は冬。冬に渓谷を選ぶなんてめっちゃストイックやなーと、我ながら思う。でも、旅の目的ははっきりしていた。

  • 温泉露天風呂付き客室に泊まりたい
  • 囲炉裏(いろり)でご飯食べたい

温泉は俺の当時の趣味。そして、囲炉裏でご飯は当時それとなく聞き出した「彼女のやりたいこと」だった(渋いw)

「露天風呂付き客室で好きなだけ温泉につかり、そして彼女にサプライズで囲炉裏のおもてなしを提供する。」これを予算内で満たせる宿があったのが、たまたま徳島県の祖谷渓だったのだ。


渓谷の隠れ宿 祖谷美人

250
見切れてるのはウチの美人です(笑)
めっちゃいいところで、これ以後も俺たちはたくさんの旅行を重ねるんだけど、その中でも屈指の良宿だと思う。なんだかんだ一番印象に残っているかも。


祖谷美人 温泉露天風呂
この写真は「楽天トラベル」より。期待通りの温泉露天風呂付き客室で「お部屋で湯ったり」と。とても贅沢な時間を過ごすことができた。ただ、冬の祖谷渓谷は寒すぎて(苦笑) 温泉につかりさえすれば超気持ちいいんだけど、身体洗う時は凍えてぶるぶる震えて「アァーーッ!!!!」と彼女の悲鳴が漏れていた。なので風景を楽しむ余裕は全くなく、むしろ雨戸を閉めてなんとか外の冷気を遮断しようとしてた気がするw 

258
そして夕飯は、彼女のやりたいことだった囲炉裏でご飯を! 

261
ちなみにこの頃はまだブログや食べログとかやってなくて、写真も少なく料理がどうだったかはあんまり覚えてないのだが、美味しかった・楽しかったというのはなんとなく記憶に残っている。


…こんな非日常感が俺にとっての旅行の醍醐味なんだと、そしてそれを同じ目線で一緒に楽しめる人がいると旅行ってめちゃくちゃ楽しいんだなと、この時とても強く実感していた気がする。そして俺たちは、これ以後も色んなところへ旅行へ行くようになったのだ。