愛媛のお土産「一六タルト」を日本橋三越で購入(あの時のあの味は…)

「2010年、冬、愛媛旅行」で食べた「一六タルト」。先日ブログで振り返って以来、あの時のあの味…追いかけてばかりの毎日……だったので、東京に居ながら購入することにした。

 

日本橋三越・菓遊庵(かゆうあん)


IMG_20190113_133124

菓遊庵は、三越独自の味覚と感性で厳選した、全国の銘菓を集めたお菓子のセレクトショップです。老舗の逸品、季節の味わい、愛され続ける地元の味など、バラエティーにとんだ、自慢のおいしさをご紹介しています。
※全国の銘菓 菓遊庵 | 三越 店舗情報

妻の大好きなスポットで、教えてもらった。例えば、東京「ごまたまご」のルーツと言われる岩手「かもめの玉子」が、ここ菓遊庵でバラ売りされてたりする。だからここなら、愛媛銘菓の「一六タルト」もあるのでは? と思って足を運ぶ。


IMG_20190113_133202

あった…!! だがしかし、

 

IMG_20190116_002608
写真付きで紹介されている「六時屋タルト」が混乱を誘う(笑) 「あれ、確かに俺が昔食べたのは一六タルトやったと思うけど、見た目はこの六時屋タルトも一緒だぞ…?」っと。一応ここで、昔の写真を確認↓

 

やっぱり形状はすごく似ているが、妻が右手に持っているパッケージからして「一六タルト」で間違いなさそうだった。まぎらわしいぞ(笑)

 

----- ✂ -----

 

バラ売りはなかったので、一本丸ごと購入
 
IMG_20190113_173354
11切り入り 680円(税込)は安いと思う! 肝心なのは味だけど――

 

IMG_20190113_173525
箱にもそれなりに高級感がある。この時点で、どうやら旅先でよく見かける「とりあえずご当地っぽいお土産作っとけ!」的なモノとは一線を画すお土産である予感がする。期待値が上がる――

 

IMG_20190113_173558
これが最後の包装か――?

 

IMG_20190113_173811
と思いきや、更に薄いラップみたいなのに包まれていた。なかなか焦らしてくれる。俺の逸る心、高まる期待値にちゃんと応えてくれるのかい――?



IMG_20190113_174324

さて、準備が整ったところでBGMです。
こういう時の俺のテーマソング(もちろんB'z)を聴いて下さい。
 
『GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-』――


なぜだか期待外れ
前に食った時の方が美味い
って勝手にがっかりしてしまう
なんてよくある話
あの時のあの味
追いかけてばかりの毎日
誰もが嵌ってしまう
罠みたいなもんだろう
※歌詞引用:j-lyric.net

 

♪前に食った時の方がうめぇ~…

 

とはならなかった!
むしろ、こんなに美味しかったっけ!?笑 

 

キメの細かいスポンジはしっとりとして食べ心地がよく、ふんわり香る柚子の風味とこしあんの甘味が絶妙に交じりあう。その美味しさはまさしく銘菓の品格、これは記憶以上にウマいぞ!!!

 

IMG_20190113_174517
もういっかい言うけど、これで11切り入り 680円(税込)てめっちゃ安くない!?

 

見事に愛媛銘菓「一六タルト」が、俺たちの記憶の山脈(2010年)を越えていった。これはオススメ!!

 

----- ✂ -----

 

※久しぶりに「一六タルト」を思い出すキッカケになった2010年の四国旅行については、別ブログにまとめた以下の記事をご覧あれ↓

 

あるいは、ふりだしに戻って、時系列順にご覧あれ↓