今日のb-monster(新宿-SATSUKIさん-vol.3)中盤の長いコンビネーションとその後がヤバい…

最近リリースされた新プログラム・新宿-SATSUKIさん-vol.3!!! 俺は先週と今回(2019-10-1)で2回体験。vol.1とvol.2にも共通するSATSUKIさんらしい打ち込みやすさだけど、それでもボクシングパートの手数はだいぶ増えて複雑になった印象である。特に中盤の長いコンビネーションで迷うと、流れに戻れなくなって心拍数がかなり落ちてしまうから要注意!

satsukisan
==== その中盤の長いコンビネーションとは、

ジャブ・スリップ(前)・ジャブ・クロス・スリップ(後)・クロス・ジャブ・フック(右)・アッパー(左)・クロス・スリップ(後)・スリップ(前)・アッパー(左)・アッパー(右)・ロールバック・クロス

 

要注意なのは、最初の「ジャブ・スリップ・ジャブ・クロス・スリップ・クロス」のテンポだけがひときわ早い。のっけから遅れて流れに乗れなかったり、あるいはそこについていくのに必死でその後の手を忘れて迷う、ということが頻発する。要注意だ。ややこしい分、決まると気持ちいいはず!

しかし本当に鬼キツいのは、この後だよ…

 

いったんサーキットに戻ってリバースプッシュアップやプッシュアップなどで散々(たぶん1曲まるまる)腕をイジめたのち、残り2曲で再びボクシングパートに戻って怒涛のラッシュ。「腕キツいのみんな一緒――!!!!!!!」と、SATSUKIさんの怒号も。その後も要所要所でサーキットメニューが挟まってくるので、心拍数は上がりっぱなし。

そして迎える最後の曲はフリーパートメインだが、SATSUKIさんの煽りが怖くてとても休めない……



この日の終了後、俺はキツすぎて吐きそうでした(笑)

<関連投稿>