今日のb-monster(新宿-YUUHIさん-vol.2)~「俺の大っ嫌いな!」で構成されたプログラム

実はYUUHIさんのノーマルプログラムはvol.1、vol.2、vol.3と全て経験済み。割とb-monsterに通い始めた初期の頃から、コンスタントにYUUHIさんに当たり続けている。煽りがぶっきら棒でかっこいい!いい声で歌ウマイ!そしてドS(たぶんw) 今思い浮かぶのは「上げろ!上げろ!」とか「死なない!死なない!」とかだけど、もっと面白いのがあったはず(笑)

 

俺的なキツさレベルは、vol.1<vol.2<vol.3 と順当な感じ。しかし身体を鍛えれば鍛える程、YUUHIさんのプログラムに追いこまれていっているような気がする…
3~4ヶ月前くらいにvol.2やった時は、マジでしんどかった。YUUHIさん曰く、vol.2には自分が嫌いな動きをあえて結構入れているらしい。「YUUHIさんがそうならしょうがないか」という謎理論で、俺はその後何となくvol.2を避けるように。なお、vol.3に至っては、2ヶ月前くらいにやってちょっと吐いちゃった(もちろん何とか飲み込んだ)ww
yuuhi-san
Drive​ ​ in
このプログラムを受けて一発一発打ち込むパンチの爽快感を味わってほしい! 何より皆の活力になりますように!! 日々のストレスや想いを拳に込めて、最強のBodyを手に入れろ!!
しかしここ最近の俺は一味違う。マラソンの練習も並行してやっていて、10kmをそれなりのペースで走破できるようになった新しい俺だ。

 

 

中3日(その間の1日は10km以上走った)の2回連続でYUUHIさんvol.2に当たり、概ね克服できた感がある。嬉しい!

 

----- ✂ -----

 

vol.2のキツいポイントは、まずサーキットの前半。足に負荷が集中する時間が長い。スクワット・ランジ・クイックラン・ハイニーなど。その中で、2回登場するジャンピング・ランジの時間に注目。ここ最近連続でvol.2に行った俺のデータによるとYUUHIさんが、

 

「俺の大っ嫌いな!ジャンピング・ランジ!!」
「みんなの大好きな!ジャンピング・ランジ!!」
「みんなの大っ嫌いな!ジャンピング・ランジ!!」

 

と、いずれかの掛け声を言う。つまり間違いないのは、YUUHIさんはジャンピング・ランジが嫌いw まぁ1回目は大丈夫だけど、2回目のジャンピング・ランジの時間は結構キツい。しかもその後も足のトレーニングがまだ続いたはず。タッチダウンとか。以前の俺はそれを超えきれなくてヘロヘロになり、その後の動きもイマイチになって、vol.2に苦手意識が芽生えたのだと思われる。

 

足をイジめ抜いた後は、腹筋・プランク系・バービージャンプ… とかだったかな。おそらくYUUHIさんはクロスクライマーも嫌い。負荷が集中してコンスタントにキツいが、今の俺は耐え抜いた!!(得意気w)

 

シャドーやサンドバックパートは、一発一発しっかり打つ印象。ただし、リードハンドのダブル(左フック×2や左アッパー×2)やリードハンドのトリプル(ジャブ・フック・アッパー)が、多くのコンビネーションの基軸になっているところが特徴的。慣れないと結構打ちにくく、リードハンド(利き手じゃない方)に負荷が集中して耐えきれなくて強度が下がる。この辺りも苦手意識の要因か…

 

そしてサンドバックパートの後半には、グローブを外して再度筋トレパートへ。それなりに長い腹筋の時間と、長~いプッシュアップの時間がやってくる。YUUHIさんはプッシュアップも嫌いらしい。とにかく長いんで「最初から膝ついていいよ」とのことだったが、前半のスロープッシュアップは膝付かなくても耐えれたかな。その後のスピードアップでは、さすがに膝ついた。



…こんな感じで長い時間局所的に負荷を集めてある構成なので、翌日は身体のあちこちでイイ感じの筋肉痛が味わえる。苦手意識を乗り越えて、今はむしろ好みかも