今日のb-monster(新宿-TASUKUさん-Xmas)(2019-12-24)

IMG_20191225_120710
去年の今頃はまだb-monsterに通っていなかったので、Xmasの特別プログラムは初めて。新宿の担当はTASUKUさん。真っ赤なベルベットの背広着て待ち構えていらっしゃったので、思わず「暑いでしょ!」と話しかけてしまった。ステージにいるパフォーマーに話しかけたのはこれが初めてじゃないかな(笑) で、トレーニング始まったら脱ぐんだろうなと思っていたら、まさかの背広着たままでパフォーマンス! さすがTASUKUさん、クレイジー!!(誉めてる)

イベントだから、みんなで楽しむことメインで構成したプログラムらしい。「強度は高くない」とのことだが、同じように強度高くない言ってたvol.1は強度高いじゃん! と、誰かに突っ込まれたらしい。そうだね、確かにvol.1の強度は高いよね。まあそのvol.1をこなせる人なら、今回のXmasは問題ない、とも。

<関連記事>


で、いざ始まってみると、TASUKUさんじゃなくてTASUKUさんに乗り移ったKOYUKIさん(誰?ww)がでてきたらしい。言ってることわかるかな? 俺もよくわかんねーぜ。
更に他にも、語尾が「にゃ」の人格や、やたらハイニーを強要してくる人格が、TASUKUさんを支配。時々TASUKUさんが自分を取り戻していた(笑) イベントの「楽しむ」には、こういうベクトルも含まれてるのか。斬新!!

強度は高くない、とのことだったが、確かに心拍数があまり上がらないという意味では強度低め。でも最初のサーキットパートは、1曲をまるまる身体の同じ個所に負荷を集中させるような構成だったため、それはそれでかなりキツかった。展開についていくことよりも、同じことを続ける粘りが必要なプログラム。1曲目は足(いろんな種類のスクワット)、2曲目はお腹(いろんな種類の腹筋運動)、3曲目はハイニー(過去最高に長く続く)という具合。どれも続け切れなかったな…

シャドーパートはめっちゃ動きにくいリズムだったのであんまり覚えていない。まだTASUKUさんもつかみきれてないんだろうなという印象。始まったばかりのころのTASUKUさん担当プログラム「Chainsmoker」を思い出した(笑) 今でこそこなれてきて動きやすくなったけど、最初の頃はあれもわけわかんなかったんだよ。そのうち紹介しなきゃな。

ボクシングパートは問題ない。無理なく打ち込める。バウンスやステップが多いのが、賑やかさを演出してるのかな。みんなが知ってるクリスマス曲が流れるのも良かったよね。
あと今回限りの「クリスマスツリーパンチ」っていうのがあって、サンドバックをクリスマスツリーにみたてて、フックをハイ・ボディ・ロー・ボディ・ハイという順番で足腰使いながら上・中・下に散らして打っていくコンピネーション。フックのほかにも、アッパーやジャブ・クロスでもそれぞれ「クリスマスツリーパンチ」が登場。

…そう、実はクリスマスツリーが全然関係ないことにお気づきでしょうか?笑 でもこれは、クリスマスイブの夜に殺風景なサンドバックと向かい合う中で、普段あり得ないクリスマスのイメージを無理矢理にでも持ち込んで皆をハッピーにしてくれようとしているのが、俺は結構好きだったな。

----- ✂ -----

帰り際にフロントで、TASUKUさんからのクリスマスプレゼントを頂きました。いつ食べようかな…

IMG_20191224_211807