中野から日帰りで日本三名瀑「袋田の滝」に氷瀑を見に行く

2019年、平成最後の2月。東京から茨城へ日帰りで旅行。行き先は珍しく妻がリクエストしてくれた日本三名瀑の1つ「袋田の滝」。しかもこの時期は氷瀑(凍った滝)を拝めるかもしれないとのこと!

【冬だからこそ味わえる絶景】日本三名瀑「袋田の滝」の氷瀑とは?
冬の間に凍ってしまった袋田の滝では、他の季節で聞こえるような水の流れる音は聞こえません。澄みきった空気と静寂、そして美しい氷瀑。冬にしか味わえない袋田の滝を訪れてみてはいかがでしょうか?

しかし当日、よりにもよって今季の最強寒波とバッティングしてしまう… 関東全域で雪が降り、つくば辺りですでに吹雪と積雪を目撃していたので、その更に北方に位置する「袋田の滝」まで果たしてたどり着くことができるのだろうか――? 

いくら行きたいとは言え、ノーマルタイヤで無茶はできない。今回得た教訓のひとつは、今後この時期のレンタカーは無条件でスタッドレスタイヤ・オプションを付けて予約した方がよさそうだと言うことだ。 

 

「袋田の滝」へ日帰り旅行

東京・中野からノンストップで行けば2時間半くらい。土浦でマグロ食ってた頃(その(2)で後述)にはもう正直「袋田の滝」に行くのは諦めていたんだけど、意外と進めば進むほど雪がやんできて、滞りなく現地に到着することができた。

この日は断念する人が多かったためか、無料駐車場もガラガラでラッキー!

 

氷瀑は拝めるか・・・

入場料は1人300円。面白いのがトンネルをくぐって観瀑台へ行くこと

f:id:ushi-pei:20200410162146j:plain

時期によってはこの「袋田の滝トンネル」で相当見映えするイルミネーションが拝めるらしい。今季は1月末で終了、それは残念。。関東におるうちは今後もイベントを要チェックだな!

 

第一観瀑台から見上げる袋田の滝

f:id:ushi-pei:20190209141457j:plain
ちなみにこちらはペット連れOK

第二観瀑台から見下ろす袋田の滝

f:id:ushi-pei:20200410163456j:plain

こちらには、トンネル内のエレベーターでアクセスする

吊り橋から見る袋田の滝

f:id:ushi-pei:20190209144625j:plain

f:id:ushi-pei:20190209144657j:plain

・・・

完全な氷瀑じゃなかったけど、それでも十分堪能した。水と氷のコントラストが綺麗。以下、トンネル内の掲示より引用

この滝は別名「四度の滝」とも呼ばれています。西行法師がこの滝をみて感嘆し「これは四季に一度ずつ来て見なければ新の風趣は極められない」といって季節の移るたびに訪れたと伝えられています

確かに。水が勢いよく流れる滝も見たいし、桜や紅葉で彩られた滝も見てみたい!東京居るうちにまた行きたいと思う。

 

滝のお食事処「滝見屋」

f:id:ushi-pei:20190209151112j:plain

滝を見終わってちょうど小腹が空いたので。袋田の滝の入り口目前の「滝見屋」さんが雰囲気がよくてよかった。

 

ご当地名物けんちん汁でひと休み

f:id:ushi-pei:20190209151836j:plain

けんちん汁単品一杯300円で結構なボリューム。甘口でしょうゆ仕立ての暖かいけんちん汁が冷えた身体に超染みる。「寒かったでしょ?暖まっていって下さーい!」と、妻のそばにストーブを持ってきてくれた店員さんの神対応も嬉しい。

ご当地名物軍鶏テールを食べ歩き

f:id:ushi-pei:20190209153106j:plain

更に「滝見屋」さんで、食べ歩き用に軍鶏テールも頂きました。軍鶏は奥久慈(おくくじ:袋田の滝周辺の地域名)の名産品らしい。塩にするかタレにするか迷ってたらハーフ&ハーフにしてくれた。ここでも神対応が光る!

表面の焼き目はパリっと、食感は鶏皮に似てる。しかしより肉厚で食べ応えがあり、噛むとぼんじり並みの旨味脂がジュワっと広がる。美味。これはここにまた来たらマストで食べておきたい一品だな

 

----- ✂ -----

是非また訪れたい北関東の名所
袋田の滝・生瀬滝(国名勝) | 大子町公式ホームページ

と、次の投稿で「袋田の滝」への道中に頂いたグルメや寄り道したところについて紹介したい。

続きを読む