3/6の「Mステ」で唐津出身の篠笛奏者「佐藤和哉」さんが登場!結婚披露宴で曲を使用させて頂きました


いやぁ、地元の人が全国放送で活躍していると誇らしいよね!鬼塚の鷲尾さんしかり(E-girls解散しちゃうけど…)

これに乗っかって、俺が2016年に自分の結婚披露宴で篠笛奏者「佐藤和哉」さんの曲を2曲使用させて頂きましたことを、ここに報告したいと思います。イメージにぴったりと合う素晴らしい曲だったし、それをチョイスした俺も我ながら素晴らしかったと今でも思う(笑)


「蒼風」~入場曲にて~

蒼風 
篠笛奏者 佐藤和哉
ニューエイジ



静かな立ち上がりから始まって、期待感を煽るように盛り上がっていく… そんな和楽器の曲を入場曲で探していたんです。理由は和装で入場だったのと、曲に合わせたオープニングムービーで披露宴の半年ほど前に行った神前式の写真を使いたかったから。

0078
蒼風は、それに本当にぴったりの曲だった!唐津出身で和服入場のすべての人たちにオススメしたい曲。

自画自賛ばかりで恐縮だが、我ながら本当に素晴らしいオープニングムービーを作ってしまったので母親から「佐藤和哉さんにむーびー送れ! 送れ!!」と当時めっちゃ言われてたことを思い出す。今更だけど…送ろうかな……笑

ちょっとだけ、冒頭10秒だけを見せたいんだ(自己顕示欲)。興味ある人は以下のURLをクリックしてみて下さい。動画置きました、16.5MBくらい
https://guchiyama.com/openning_movie/



「光射す海へ」~プロフィール紹介にて~

光射す海へ 
篠笛奏者 佐藤和哉
ニューエイジ



入場で創った「和」の雰囲気を壊さずに、しかし音楽が主張しすぎずプロフィール紹介の空気感になじんで皆が話に集中できるような曲を… それがまさしく「光射す海へだった。

ちなみに司会者さんが考えたプロフィール紹介の原稿が全然よくなかったので、俺がネチっと全部書き直した。こんな男、嫌ですかね?笑 ちなみに書き直した原稿で「今流れている曲は、お二人の地元・唐津出身のアーティスト佐藤和哉さんが作曲されたものです」的なのも付け足していた。

----- ✂ -----

当時、佐藤和哉さんのアルバム『かなでの旅路』と『ふうちそう』をめっちゃ聴き込んだ。唐津出身者にとって篠笛の音色はソウルそのものなんだと、噛みしめていたことを思い出す。そしてその中で自分が求めたイメージにぴったりな「蒼風」と「光射す海へ」の2曲に出会えたことが本当に嬉しかったその時の感情も呼び起こされて、今胸が熱い